【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づき

「デザイン」という設計図の効用とは?

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

————————————————————
当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(私の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。
私が「良習慣」を獲得していくプロセスで、成功体験や目標達成に貢献できるような経験談(もしくは失敗談 汗)をシェアすることによって、読んで下さった方にわずかでも「プラスの痕跡」を残せるようなブログになることを目指しております!
「良習慣」という言葉が辞書に載る日を夢見て、小さな良い習慣を収集しております!
————————————————————
当ブログにお越しくださり誠にありがとうございます!
■先日、鮒谷周史さん3日間セミナー道場生OBの方たちが開催している定期勉強会に参加いたしました。
講師の方はグラフィックデザイナーのプロフェッショナルであるMさんでした。
Mさんのお話で興味深かったのは、
【「デザイン」とは、問題解決をするためのツールである】
という主張です。
私は、デザインという言葉からイメージするのは、恥ずかしながら「ある対象物の見栄えを良くする」くらいの感覚だったので(汗)、
新たな視点を学ぶことができて、非常に貴重な学びとなりました。
■例えば、缶ビールのパッケージを見た場合、商品名のフォントや缶の色使いなどに目がいってしまいがちですが、
・なぜ、商品をそのようなイメージにしているのか?
・デザイナーさんは、そのデザインという設計図を使ってどのような問題を解決しようとしているのか?
そのように捉え直してみて見ると、いろいろな気づきが生まれるんですよね。
今まで素通りしてきてしまったものごとの多さに冷や汗ものです(汗)。
■少し話が飛びますが、
「デザイン」が、「設計」であるとするならば、
自分の人生や、自分の1日を「デザイン」することも可能になるのでしょう。
早起きや、勉強などは、自分の人生が「全体最適」になるように、
「デザイン」して、設計して行くための手段という見方ができますね。
思わず、ミス・ユニバース・ジャパンのナショナル・ディレクターだったイネス・リグロンさんの
【一本の映画を撮るように、人生をプロデュースしなさい】
という私の好きな名言を思い出しました。
これも、人生というドラマに対して、
どのようにミッションややりたいことを設計し、つくり上げていくのか
というデザイン的なニュアンスがこめられている言葉という見方もできるのではないでしょうか?
あなたの大切な人生を素晴らしいものにするために、人生を「デザイン」してみましょう。
そして、「人生をデザインする」という視点から捉え直し、「デザインで問題を解決」して、
トータルとして幸せな人生になるように設計し直してみてはいかがでしょうか?
【今回の気づき】
・自分が好きだと感じている「デザイン」に対して、「このデザインはどのような問題解決を意図しているのか」という視点で捉え直してみる。
・ライフプランをデザインという視点で見直してみる。
————————————————————
最後までお読みくださり誠にありがとうございます!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!
いつも本当にありがとうございます!

-気づき

執筆者:

関連記事

隅田川花火大会の穴場スポットを探しながら得た、私の2つの気づき

先の見えない未来に挑戦する人のことをどう思いますか? 家族で隅田川の花火大会を観ながら、思わぬ気づきを2つ得ました。   スポンサーリンク   目次1 隅田川花火大会の穴場スポット …

最近、相手の話をきいていますか?「良い聞き手」になるためのシンプルな方法。

「あー、自分ばっかり話しすぎちゃったな・・・」と後悔したことはありますか? 私は、あります・・・(笑)。 でも、不思議なことに、「あー、相手の話を聞きすぎちゃったな〜」と反省することはありませんよね。 …

嫉妬心は必ずしも悪ではない。嫉妬心をエネルギーに変えていこう。

あなたは最近、「嫉妬」を感じたことはあるでしょうか? 私は、あります・・・というか、ありまくりです(笑)。 最近の体験から「嫉妬心」について考えたことを記事にします。   スポンサーリンク …

どんな達人も壁にぶつかっていることを知ってつらい時期を乗り越える

何かの習慣化を目指すとき、または何かの上達を目指すとき、気持が入り過ぎてつい忘れてしまいがちな思考があります。 早起きセミナー再開にあたり、改めて考える機会となりましたので記事にしようと思います! & …

「ひとり社長」と「会社員」。不安が大きいのはどちらか?

前回と前々回に引き続き、ひとり社長のイベントから学んだことを記事にいたします。 ※ご参考 8/2イベント「雇われない生き方、雇わない生き方」。「ひとりビジネス」という生き方の選択 前々回の記事では井ノ …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728