【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣を身につける習慣

「内的モチベーション」と「外部の強制力」は強力タッグ!

投稿日:

Pocket

■先日、初めてFacebookグループを開設してみました。

「初めての試み」という意味で、

「いつか開設してみよう」という思いは以前からあったものの、

「いつやるか」を明確にしていなかった自分の甘えがありました。

その「いつか」は、思いがけず突然やってきました。(笑)

■先日のエントリーでも記した通り、「早起き習慣化」というテーマで勉強会を開きました。

終了後、有志でお茶を飲んでいるところです。

勉強会の資料の後半に、わたしの今後の活動として、

『「早起き」Facebookグループ立ち上げ』

と書いてあったことに話題がうつりました。

勉強会に参加されていたOさんから、

「あのグループっていつつくるんですか?」

という質問がありました。

私が、思わず「いつか、と思ってしまって、まだつくってないんですよね〜」

と回答したところ、、、

さらに、

「いつやるんですか?」

と追求がありました。

「え〜と。。。」

と即答できないわたし。(汗)

この時点で、完全に

「取調室の刑事と被疑者」

のような構図です。(笑)

■取り調べに負けて(笑)、

さっそくiPhoneアプリでグループを作成したところ、ちょっと驚くくらい簡単にグループがつくれてしまったのです。

自分でグループを作成した経験がなかったわたしとしては、グループのメンバー構成や、コミュニティ色をどのように出して行くかなど、

頭だけでいろいろと考えすぎていたようです。

これって、人間が先送りしてしまういつものパターンなのですが、(汗)

ケツの蹴り上げをしてもらうと、意外なくらいあっさりと行動が促されてしまうものです。

やはり仲間の強制力というのは、非常に強力ですね

今回の成功体験は、

わたしに「内的なモチベーション」が存在したものの、発火していなかったものが、

仲間という「外部の強制力」によるたき付けにより、

【あっという間に火がついた!】

という状況と言えるでしょう。

■この構造は、習慣化でも非常に大切なことなのです。

つまり、

ものごとが上手くまわっていくときというのは、

・内的なモチベーション

と、

・外部の強制力

がバランスよく組み合わさった状態だといえます。

内部のモチベーションだけでは、短期的な成功に終始してしまいがちです。

習慣化を三日坊主で終わらせてしまうパターンですね。

反対に、外部の強制力だけでは、精神的に厳しくなります。

親に強制された受験勉強のようなもので、これも長続きしません。

そのような意味で、内部と外部のバランスが大切なのです。

■あなたが何か新しい習慣化を始めようと思っているならば、

あなたの心にわき上がった気持ちを忘れず、

そして、他の人を巻き込んで、上手く外部の強制力を利用できないか考えてみましょう。

内部と外部、二つのボールを上手に天秤にのせることができたならば、

習慣化の成功確率は、グッと上がってくるはずです!

【今回の良習慣】
習慣化したいことができたときは、外部で利用できる強制力を考える

-良習慣を身につける習慣

執筆者:

関連記事

自分の墓碑銘に刻む一文を考えてみました!

目次1 自分の価値観を知る2 価値観を知るための質問:その13 価値観を知るための質問:その24 墓碑銘に刻む一文を考える 自分の価値観を知る 8つ目の成功習慣は、 「自分の価値観・求めているものを知 …

「捨てる勇気」「手放す勇気」が早起き習慣化に必要な理由とは?

  こんにちは、伊藤です。 井ノ上さんのセミナーの振り返りを行なっている最中ですが、週末なので早起きについて書きますね。     目次1 早起きするためのシンプルな要因2 …

「習慣のループ」を意識する

■子どもを歯医者に連れていったときに大変さを味わいました(汗)   今日は4歳の娘を歯医者に連れて行ったのですが、椅子にも座らず、結局治療しませんでした。。。 週末で混み合っている医院で、困 …

「ポジティブになる・楽観的になる」とどんな良いことがあるのか?そして、その理由は何?

目次1 2つ目の成功習慣について2 どんな効果がある?3 その理由は何?4 思考習慣を変えるためには?4.0.1 【今日の良習慣】 一見、自分に不都合なことに見える出来事があっても「良かった!」や「あ …

余分なものを減らさなければ、いつまでたっても満足できない

目次1 「減らす習慣」第3ステージ2 時間泥棒を突き止める3 減らす対策6つの視点3.1 1.制限を設ける3.2 2.やめる3.3 3.断る3.4 4.境界線を引く3.5 5.効率化する3.6 6.任 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら