【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動習慣

「1日に4回のタスク」をどう扱うか?小さなタスクをリマインドする工夫。

投稿日:2017/04/20 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

イレギュラーで飛び込んできた小さなタスク、忘れがちではないでしょうか。

今回の私にふってきたのは「一定の間隔で目薬をさす」というもの。

ちょっとした工夫で思いのほかうまくいったので、記事にしてみました。

 

スポンサーリンク


 

突然やっていたものもらい

先日、目に「ものもらい」ができてしまいました。(T_T)

手洗いには気を使っているつもりだったので、何が原因かはわからないのですが。。。

当初、まぶたにあった違和感を2日ほど放っておいてしまいました。

私の得意な自然治癒か、もしくはビール等で体内からアルコール消毒できないか試してみましたが、、、もちろんだめでした。(笑)

3日目にして腫れがひどくなってきたので眼科にいくことに。

眼科の先生に教えてもらったことですが、ものもらい(まぶたの腫れ)には2種類あるそうです。

症状が軽ければ1週間程度で落ち着くそうですが、ひどい腫れだと治るまでに3ヶ月かかるケースもあるのだとか。

私が診察してもらった結果では、「ひとまず大きな異常は見られない」ということだったのでひと安心。

目薬だけ処方してもらうこととなりました。

ただ、帰り際に先生から「もし1週間たっても腫れがひかないようなら、もう1度きてくださいね。」ということを言われました。

そんなコメントがちょっと気になりつつ、薬局へ向かいます。

薬局で薬剤師さんから目薬を渡され、「こちらの目薬を1日に4回、朝・昼・晩・寝る前という感じでさしてください。」と言われました。

「1日に4回、、、けっこうささないといけないんだなぁ・・・。」という感じです。

ただ、「もし1週間で治らなかったら、3ヵ月もこの状態(まぶたがかなり腫れている)か。。。」と考えると「早く直さないとまずいよね、絶対。」という気持になりました。

すでに次回の早起き習慣化セミナーにはお申込みを頂いていますし、ものもらいになっている人からセミナーを受けるのは、受講生としてはあまり気持のいいものではありませんものね。(^_^;)

 

小さなタスクを忘れないための3つのリマインド

そこで、「1日4回、忘れずに目薬をさす習慣」という個人プロジェクトを発足させました。(笑)

実践したのは、以下の3つの方法です。

 

1:リマインダーアプリを使う

まず最初に、iPhoneにデフォルトで入っている「リマインダー」というアプリを使うことにしました。

「目薬をさす」という項目を4つ設定し、朝6時、昼12時、夕方18時、寝る前22時という項目を設定するのです。

その際に、「くり返し」かつ「毎日」で登録しました。

こうすることで、1日に4回、目薬をさすことをリマインドしてくれます。

 

2:Googleカレンダーに登録する

ただ、リマインダーの設定くらいで忘れないのであれば、なんの苦労もいりません。

iPhoneにリマインダーを設定していても、忘れてしまうのが私なのです・・・(苦笑)

そこで、2重の防止策として、「Googleカレンダー」にもリマインドを登録しました。

「リマインダー」アプリと同じ時間ではなく、30分遅らせて設定しました。

もちろん、カレンダー側にもリピートを設定します。

これで、iPhoneのリマインドをスルーしてしまっても、メールチェックをする際に、「目薬をさす」というタスクが自動的にふってきます。

「目薬をさす」というタスクが終わるまでは、メールを消さないようにするマイルールも設定しました。

 

3:常に目につくところに置いておく

タスクが漏れてしまうのは、つき詰めると「忘れてしまうから」でしょう。

それであれば、もっとも簡単な防止策は、「対象物を目に見える場所に置いておく」ということです。

自宅ではリビングのテーブルに置いておきました。

食事の際に必ず目につきますし、もっとも長くいる場所だからです。

職場では、デスクの上に置いておきました。

外出時には、バッグの中の財布を入れるポケットと一緒に入れましたので、目薬の存在が嫌でも目にはいります。
(いま書いていて気づきましたが、目薬が目に入るという表現は目がかさなっていますね・笑)。

このように目薬の存在をリマインドすることによって、目薬をさすというタスクを忘れない環境をととのえたのです。

 

リソースが少なくても工夫を考えるのも習慣

1日に4回、忘れずに目薬をさす。

こんなに大げさなことをしなくても、簡単にできる方もいらっしゃいますよね、、、きっと。

「それくらいのこと、忘れるわけないじゃないか」と。

ただ、私に言わせていただくと、「それくらいのこと」だから忘れてしまうのです。(^_^;)

1日のうちに、ほかにやるべき重要なタスクはたくさんあるからです。

「目薬をさす」という行為は、自宅や会社など使う場所も変わりますし、行動する時間帯も異なります。

つまりは、パターンもタイミングも変わるのですね。

パターン化できない、タイミングを一定にできない、というのは習慣化にとってはハードルです。

普段なら、このようなケースでは、私は「2つ以上同じものを持っておく」という工夫を考えます。

移動中やランの際にオーディオを聞けるように同じイヤホンを4本持っていますし、どこでも時間の制限を忘れないように同じタイマーも3つ持っていますので。

ただ、薬局で処方してもらった目薬は1本でした。

あえて目薬を追加で購入して、増やすこともやりませんでした。

でも、早く治すにこしたことはありませんから、できるだけ忘れないように点眼する工夫を考えてみた、というのが今回の実践です。

実際、今回の方法で試したところ、ほとんど目薬をさし忘れることはありませんでした。

おかげで、1週間もたたずに目の腫れは治まり、いまでは普段通りに戻っています。

今回のような工夫は、とても小さなことかもしれません。

でも、小さなタスクだからこそ、リマインドして忘れないような工夫を考えたいものです。

このような小さな仕組みづくりをトレーニングしておくことが、ビジネスやプライベートでの重要なタスクをクリアするために、意外と効いてくるものなのだと考えています。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

トライアスロンのレースに、6月の「第31回 NISSAN CUP トライアスロン大会」を選びました。

友人たちがロングや楽しそうな場所でさくさくエントリーを決めている中で、ようやくですが。。。

しかし、(また)タイミングが悪く、、、1人でのレースになりそうです。

昨年は最下位だったので(汗)、なんとか抜け出したいものです。

そのためにも、スイムを定期的に習いに行こうかと考えています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
■2017年10月6日(金) 19:30〜21:45:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

■2017年10月19日(木) 19:30〜21:30:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

■2017年10月26日(木) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-行動習慣

執筆者:

関連記事

「面倒くさい」を乗り越えるパワーを得るために、ゴールイメージを描く。

「習慣化」というゴールを達成しようとすると、ついプロセスばかりに意識がとんでしまいます。 ただ、より重要なのは、ゴールの状態をイメージすることです。   スポンサーリンク   目次 …


満員電車の苦痛を避けて、通勤時間を自己投資のゴールデンタイムに変える。

私にとって電車での通勤時間は、自己投資のゴールデンタイムです。 10年前は大混雑の電車に乗ることが苦痛でしたが、工夫をしながら自己投資のゴールデンタイムに変えてきました。   スポンサーリン …


テレビやYouTubeを観ることはあなたの将来にどう役立つのか?優先順位をシンプルにすることのすすめ。

いつも考えていることなのですが、「早起きしたいけど、できません」という人があれば、おそらく、心の底では早起きしたくないのではないでしょうか? 勉強が続かないとか、ダイエットしたいけれどやせられない人も …


新しい習慣化をスタートする際に取り入れて欲しい「自分を子どもに見立てる」視点。

新しい習慣をうまく定着させるためには、いろいろなコツがあります。 そのうちの大事なポイントの1つは、「新しい習慣化にトライする自分を子どものように見立てる」ということです。   スポンサーリ …


チームとして習慣化に取りくむメリット。笑顔が増える、応援される、我慢がきく。

チーム一丸となって共通の目的達成を目指す。 これは習慣化においても通用する有効的な考えです。 そこで「チームとして習慣化するメリット」を記事にしました。   スポンサーリンク   …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031