【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

読書

ぶ厚い本は「なじみ」をつくる。「じっくり1回」より、「さらっと3回」読んでみよう。

投稿日:2016/10/06 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「これは自分の人生を変えてくれる本かもしれない。よし!じっくり読もう!」

・・・と思った本ほど、積ん読になることってありませんか?

はい、私の事例です(笑)。

今回は、その課題を克服した経験を記事にしました。

img_3075

 

スポンサーリンク

 

重厚なコーチング本を即決購入したものの・・・

以前読んだ本に、コーチングに関するおすすめ本のご紹介がありました。

コーチングスクールを設立して、日本にコーチングを普及させた方がおすすめしていたコーチング本。

その名も「コーチングのすべて」でした。

「どれほどすごい本なのだろうか、、、というかすごい本に違いない!」ということで直感で即決、ノーポチで本を購入しました。

あまり意識せずにポチッたのですが、届いてみてその重厚感にたじろぎました。

330ページ以上の翻訳本です。。。(^_^;)

いくら私がコーチングを専門的に扱っているからといっても、ほいほいと簡単に読めるボリュームではありません。

「さて、どうしたものか・・・」

もちろんコーチングは興味関心の対象ですし、好きな活動ですから読みたくないわけではありません。

むしろ読みたい心理のほうが勝っています。

それなのに、、、不思議です。

言い訳の天才である人間は、どんどんもっともらしい言葉が自然に出てくるのです。

・時間がないから・・・
・すごい本だろうから、あとでじっくり読もう・・・
・緊急かつ重要というわけでもないし・・・

こうなると、やってくるのは先のばしですよね。

ただ、それでは購入を決意した当初の目的をはたせません。

しかも3,000円以上もした本なので、正直なところサンクコスト意識もはたらきます(笑)。

そこで私は、一計を案じました。

 

15分でポイントが抽出できるマインドマップ読書のテクニック

今回の状況で私が実践したのは、マインドマップ読書です。

1冊50分で「自分にとって」大事なポイントを網羅する読書術。

メモも残るし、アイデア発想にもつながる画期的な読書方法です。

以前、記事でもご紹介しましたね。

1冊50分で読めて効率的にポイントをつかめる!マインドマップ読書術。 | 【良習慣の力!】ブログ

 

それでも、最近は50分でもおしい状況(最近、予定を詰め込みすぎました・・・)。

そこで、15分だけ時間をとることにしました。

どれほど予定が詰まっていても、1日15分の時間がとれない方はなかなかいないでしょう。

私も同様です。

今回は以下のような手順で実践しました。

(1)タイマーを15分セットする
(2)本の表紙、帯、プロフィール、はじめに、おわりに、といった部分を読む
(3)目次を読む
(4)章立てで太いブランチをつくる
(5)「この本の中で、ここだけは読みたい!」という項目を3つ選ぶ
(6)3つの章から、キーワードや自分が知りたいことが書いてある部分を読む

ブロガーのホラノコウスケさんがブラッシュアップを重ね続けてたどり着いたマインドマップ読書術。

その手法をさらに極限まで削りました。

さて、実行した結果はどうなったでしょうか。

上記のプロセスを経た15分後は、かなり本に「なじみ」が出てきました。

当然すべては読めません。

しかし、ポイントをしぼるために本を何度かパラパラと読みました。

じっくり1回読むのではなく、ざっと3回くらい全体を眺めたのです。

そのため、そのぶ厚い本への抵抗感が非常に減少しました。

その後に読み進めたところ、なんと3日間で読み終えることができたのです。(^_^)

 

分厚い本は「なじみ」をつくることからスタートする

あれほど難敵と思われた本は、

・目次を読む
・全体を通して何度かさらっと読む
・マインドマップをかく

というプロセスを経ることで、「なじみやすく扱いやすそうなイメージ」に変化したのですね。

たしかに、購入した瞬間は「WANT」で、「読みたい本」でした。

しかし、到着した実物を目にしたとたんに「読まなければならない本」となり、「MUST」に変化。

そうして、「プロコーチとして活動していくなら、この本くらいの知識は知っておくべきだ」という「SHOULD」となりました。

すると、とたんに「読みたいんだけど、なんとなく手に取らない」という状況がやってきます。

読みたくなければ読まなければ良いのですが、それも自分の気持ちが許さないという面倒な状態。(^_^;)

ただ、そのような困った状態も、上記のようなステップをふむことによって意外とするっと読める本がある、ということがわかりました。

あなたにも同じような状況があるとしたら、ぜひ今回のやり方を試してみてはいかがでしょうか。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は先輩コーチと相互セッション。

経験もスキルもまったくかなわず撃沈しました・・・。

しかし、これもコーチング上達のプロセス。

むしろ、格上に挑戦した自分をほめることにします(笑)。

気負わずに、成長のルートを走っていきます!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-読書

執筆者:

関連記事

未完了になっていた1,000ページを超える長編小説「騎士団長殺し」を再開して、読了した3つの工夫。

1,000ページを超えるような長編小説を読むとなると、ちょっとひるんでしまいますよね。 時間が十分にないときはなおさらです。 それでも、ちょっとコツを組み合わせることで、タスクは前進するのです。 &n …

ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断。惰性で生きるのをやめて、決断を積み重ねよう。

人生には二通りのコースしかない。 「ヒツジのコース」と「ライオンのコース」だ。 千田琢哉さんの「ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断: 自分にイノベーションを起こそう!」の冒頭に書かれているこの言 …

名著を再読しよう。「マイベスト本」の再読は思いのほかメリットが大きい。

あなたは、過去の自分にインパクトを与えてくれた本を読み返すことはありますか? 自分にとっての名著を再読するメリットは、思いのほか多いものです。   スポンサーリンク   目次1 自 …

はずれ本をひかないためにどうしていますか?私が選書で実践している5つのステップ。

ここのところ、「はずれ本」をひくことが減りました。 その分、「当たり本」にめぐりあう確率は高まっています。 それは、私が購入前におこなっている本のチェックが上達したからだと考えています。 はずれ本をひ …

「ひとりビジネスの教科書: 自宅起業のススメ」に学ぶ。悩む「値づけ」は、「松竹梅」で考えよう。

「ひとりビジネス習慣の専門家」佐藤伝さんの新刊を読みました。 ひとりビジネスの教科書: 自宅起業のススメ posted with ヨメレバ 佐藤 伝 学研マーケティング 2015-09-23 Amaz …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728