【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

「今この瞬間」を感じるためにおすすめの3つの行動習慣。

投稿日:2016/12/20 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今年、習慣化専門学校の仲間が、会社をやめて独立をはたしました。

彼に現状の感想をきいたところ「自力で生きている感じがしている」ということでした。

彼のモットーは、「今、この瞬間を楽しむ」ということで、非常に納得したのです。

 

スポンサーリンク

 

ピュアな欲求には「今、ここ」しかない

よく「物心がつく」と言いますが、それよりもずっと前、記憶もないような頃の赤ちゃんのときが誰にでもありますよね。

その頃は、自分の欲求が100%。

親をはじめ、ほかの人の欲求に応えようとか、「〜するべき」などという考えは一切ありません。

だからこそ、何にもとらわれていません。

それは、全能感を持ち、「今、ここ」に生きているのです。

この状態が、ピュアな自分欲求で生きているということなのですね。

 

過去・未来、内部・外部、プレッシャーで「今」に集中できない

以前聞いたことがあるのですが、アマゾンの奥地には、「過去」や「未来」という概念を持っていない民族の存在が確認されているそうです。

これってすごいことですよね。

過去や未来という概念そのものが存在していなければ、そこにとらわれることがないのですから。

もちろん、現代の日本で同じことをやるのはかなり困難でしょう。

ただ、意識だけであれば「今、ここ」に集中することはできるはずです。

以前の私もまさにそうだったのですが、不安をよけいに抱えすぎている状態というのは、

・他人欲求が評価の軸になっている
・仕事で成功しなくてはいけない
・こうあらねばならない

といった外部要因や、

・悩み
・課題
・恐怖

というような内部要因などを握りしめている状態なのです。

外部からも内部からも「〜するべき」「〜ねばならい」というプレッシャーが続いている状態というのは、健康的ではないでしょう。

 

自分の内面につながるための3つのおすすめ行動

そのような大小さまざまなタスクを抱えすぎてどうしようもないときは、自分の内面とつながることが重要です。

そのためにおすすめの行動は3つです。

1:瞑想

15分間、瞑想します。

私は、習慣化のセミナーで学んだ「COACHステート」という方法を実践しています。

短い時間でも効果があります。

 

2:ひとり会議

ノートに手書きで頭の中を書き出します。

もやもやをすっきりさせることで、頭の中をクリアリングしていきます。

マインドマップもおすすめです。

 

3:ウォーキング

体を動かすことも、自分の欲求に気づく習慣です。

ぼんやり歩くのではなく、質問を思い浮かべながら15分歩きます。

私の場合は、駅から自宅までのルートを変えることによって15分を稼いでいます。

 

行動は何でも良いのですが、外部のノイズから離れて、自分の内面を感じる、自分の中心とつながる感覚です。

ほかの人の期待に応えるのではなく、自分に期待すること。

そして、自分の想いに沿うことによって、内面を良い状態にしていく。

まずは内面をととのえてから、外面の世界を変えていくのです。

たとえば、ひとり会議や運動の時間に、

「自分は、本当は何をしたいのか?」
「何の制約もなかったら、何をしたい?」

といったような質問を自分になげかけてみましょう。

そのようにして、心から「フッ」とわきあがる言葉に耳をすませる。

その言葉からつながる行動があるはずです。

直感からわきあがった答えから、10秒でも良いので行動をしてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、習慣化専門学校の週1チャレンジシートへの返信メール。

この1年で、独立起業、転職、ライフワークの発見など、さまざまなドラマがありました。

長いトンネルで迷っていた人もいたり、まだこれから坂を登る人もいるのは確かです。

でも、自分欲求やビリーフ探求により、今はよりナチュラルで人間的な魅力が明らかにあがっているのですよね。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣

執筆者:

関連記事

悩みの源泉はほかの人との比較。幸福を感じる基準は自分で決められる。

日々生きていると、うまくいくことばかりではありません。 というか、うまくいくことのほうが少ないような感じさえあります。(^_^;) ただ、そのような状況であっても、幸福を感じることはできるはずです。 …

「嫌われたくない」と思いすぎてしまう人へ。妥協が増えて優柔不断になっていませんか?

「嫌われたくない」という感情は、私たち誰もが持っている自然な感情です。 ただ、それを重視しすぎてしまうと、何も選べなくなってしまいます。 「自分で選ぶ」という選択を意識的にトレーニングしてきましょう。 …

「自分はだめな人間だ」思考におちいりそうになったらどうするか。過去の成功体験に焦点をあてること。

自分のことを「この程度の人間だから」と思っていると、それ以上の人間になることは難しいと思っています。 「自分はだめな人間だ」という思考におちいりそうになったときは、自分ができていることに焦点をあてるこ …

「すごい人」との比較を手放そう。誰かの基準より、自分の内的なものさしを持つ。

あなたには、「あの人はすごい!」と思う人がいますか? さらに自分と共通点があると、その比較のダメージは大きくなるもの。 そのようなときは、視点を変えることがおすすめです。   スポンサーリン …

自己否定ばかりでなく「今の自分ができることはやっている」という視点もあっていい。

「自分はまだまだこんなものじゃないのに、、、なぜできないんだろう?」という気持になることはありますか? ふり返りをして改善することは大切ですが、「今の自分の実力でやることはやった」という視点も持つこと …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031