【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

質問

「あなたにとって○○とは?」を問う。重要テーマを3ステップで深化・進化させよう。

投稿日:2016/11/18 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「あなたにとって、習慣化とは何か?」

じつにシンプルな質問です。

先日、友人からその問いをたてられたとき、、、私はとまどいました。

シンプルなものには深みがありますが、質問も同じなのですよね。

シンプルな質問を使って、あなたの重要な価値観を深める方法を記事にいたします。

beach-1362944_640

 

スポンサーリンク

 

自分にとって重要なテーマを言語化するのは難しい

「あなたにとって、習慣化とは何か?」

その質問に対して、私がパッと思い浮かんだのは、

「習慣化とは、人生のタペストリーである」

という言葉でした。

タペストリーとは織物。

細かい色彩があり、それらが編み上がって1つの大きなタペストリーになる。

習慣とは、まさに小さなことの積み重ねでもあり、完成したとき(人生を終えるとき)に、1つの完成品になっているようなイメージです。

次に、もう1つ思い浮かんだのは、

「習慣化とは、絵画である」

という表現です。

生まれたころの私たちは、頭も心もすべて真っ白です。

白いキャンバスなのです。

生きていくうちに、そのキャンバスはさまざまな絵の具がのっていきます。

イメージとしては油絵です。

最初に塗った色も、上塗りすることで隠すことができる。

ただ、それは表面的には隠れているけれども、キャンバスにはしっかり残っている。

それが、自分でも知らないうちに忘れてしまったり、あえて見ないようになっていくような感じですね。

我ながら「なかなか良いたとえだなぁ」と思ってしまいました(笑)。

 

テーマにおける自分のバイブルを読み解く

その後、私にとっての習慣化のバイブル本を読みました。

一度、「私にとって習慣化とは?」という問いを考えたあと、その問いをもってさらに「習慣化」というテーマでの自分の教科書とも言えるを読み解いてみたのです。

すると、読書に求めるレイヤーがあきらかに一段階深まりました。

そのようにしてバイブルを読み終えた結果、あらためて「私にとって習慣化とは?」を考えてみました。

やがて出てきた表現は、以下のとおりです。

私にとって習慣化とは、自分欲求を満たす感情とともに、自らのありたい姿に向かって行動し続けることである

という表現に変わりました。

いかがでしょうか。

最初に思い浮かんだ、

習慣化とは、人生のタペストリーである

習慣化とは、絵画である

とはかなり異なる表現となりましたよね。

また、私の想いがつまった単語が散りばめられた文章となりました。

 

「問う→バイブル(教科書)→あらためて問う」の3つのプロセスで問いを考える

これから私は、コーチングやセミナーで、

習慣化とは、自分欲求を満たす感情とともに、自らのありたい姿に向かって行動し続けること

という言葉を持って習慣化を語ることとなります。

想いの伝わる、オリジナルの表現を生み出すことができたのは嬉しいです。

あなたも、自分の言葉で重要なテーマをひと言で表現してみることにトライしてみてはいかがでしょうか?

やりかたはシンプルで、以下の3ステップです。

(1)「私にとって○○とは?」という問いをたてて、その時点で考えた言葉を考える
(2)そのあとに、その問いを持ってテーマに関する本をさらっと読んでみる
(3)読後に、あらためて「私にとって○○とは?」という問いを考える

あなたにとっても、大切にしている言葉や価値観があるはずです。

たとえば、

・私にとって幸せとは?
・私にとって仕事とは?
・私にとって家庭とは?

などですね。

そのような要素について、上記の3ステップを実行して、あなたの考えを深化・進化させてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

今回の「あなたにとって、習慣化とは何か?」という問いから、私の習慣化の師匠のデビュー作を読みました。

私の習慣化のバイブルであり、教科書です。

習慣化を体系的に学びたいかたにはおすすめです。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-質問

執筆者:

関連記事

視点を変えて問題解決!問題をリフレーミングするための9つのユニークな質問

「問題」は、問題をトラブルと捉えるから問題になるのですよね。 問題ととらえなければ「課題」や「タスク」です。 問題を問題にしないためには、視点をとらえ直す質問が有効です。     …

「もっと強い敵と戦いたい!」と思う自分に向けたメッセージ。

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 寒い冬の朝に早起きしたら、5歳の娘がぼくのふとんに寝ぼけながら転がり込んできました。 なんの警戒心もなく安 …

あなたは、いつ「準備中」の看板を下ろすのか?

目次1 あなたは準備中ですか?2 自信がついたらやる?3 自信がつくのはいつ?4 自信を持てるようになるには?4.0.1 【今日の質問】 自信がないからといって「準備中」にしていることは何ですか? あ …

週末起業家に読んで欲しい。私たちが家族の理解を得るために考えるべき2つの質問

あなたは、自分のビジネスを始めたいと思いたったとき、「どのようにして世界を変えるの?」と言われたら、どんなふうに答えますか? もう1つ、「どうやってお金を稼ぐの?」と言われたら、どのように答えるでしょ …

「なぜ、自分はできないのか?」ではなく、「どうしたら今よりもっとうまくいのか?」と考える思考習慣を身につけましょう!

  こんにちは、伊藤です。 ぼくは、成果を出している人に共通している点として、 「どうしたら今より良くなるのか?」 という、 「どうしたら〜」という改善思考を持っていると考えています。 &n …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30