【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

先のばしを減らす習慣

先のばし王がセミナー準備を1週間前に完了できた5つのステップと3つの理由

投稿日:2020/05/13

Pocket

先のばしに悩む人(私)は、締め切りギリギリまで終わらない状態です。

しかし、今回はセミナーを準備を1週間前に終わらせることができました。

そのプロセスを

・先のばし王がセミナー準備を1週間前に完了できた5つのステップと3つの理由

として記事にしてみました。




 

「セミナー準備に時間をかけすぎてしまう」という私の悩み

セミナーを準備する。

これは骨太のタスクです(私にとっては)。

とくに新しいコンテンツは大変なことが多いです。

ですから、

・内容を考えはじめるまでに時間がかかる

・構成づくりにあれこれ悩んではじめられない

・スライドの写真選びに時間をかけてしまう

・なかなかリハーサルができない

・結果、本番直前ギリギリまでスライドをつくりこむ

という状況になってしまいます。。。

そのため、セミナー開催に対して腰が重くなっていました。

この姿こそ、まさに「先のばし王」。

「そうはなりたくないのに、なぜか同じパターンをくり返してしまう」という状態です。

抜け出すためには、どうすればいいのか。

いつも頭を抱えていました。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





セミナー準備を1週間前に完了できた5つのステップ

そんな「先のばし王」の私が、ある変化を起こしました。

それは、

・セミナー開催の1週間前に準備が終わっている

という状態をつくれたのです。

自分のことながら信じられませんでした(笑)。

では、「先のばし王」のこの変化は、どのように進んだのか。

ふり返ると、5つのステップで構成されていました。

それは、

1:ゴールを決める

2:宣言する

3:とにかくスタートをきる

4:スモールゴールをつくる

5:ほかの人と約束する

です。

 

1:ゴールを決める

まずはゴールを決める。

これがないとはじまりませんよね。

「やってみたい」という状態だとただの「夢」のままで終わってしまいます。

ぜひ日づけを入れて「ゴール」にしましょう。

「夢」と「ゴール」の違いは「日づけ」が入っているかどうかです。

 

2:宣言する

ゴールが決まりました。

2020年5月14日の木曜日、21時スタートです。

開催はズームを使用したオンライン。

そこまで決まったら、あとは「えいや」です。

共同開催するパートナーのMさんからは習慣化研究所コミュニティーのメンバーに宣言していただき、私は「習慣化の学校」メンバーに宣言しました。

これでスイッチが入ります。

 

3:とにかくスタートをきる

先のばしする人(私)は、ここが重要です。

とにかくスタートして「仕掛り」にする。

「0→1」じゃなくていいのです。

先のばしグセがついている人には「1」は大きすぎます。

「0→0.1」・・・いや、「0→0.01」にすることが大事なのですね。

今回はMさんとセミナーの3週間前に30分の時間をとりました。

この時間は対話や打合せではありません。

Zoomをつないだまま、カメラをオンにしてもくもくとひとりでセミナー準備をすすめるのです。

パートナーの方はアイデア出しをして、私はセミナー構成のマインドマップを描きました。

 

4:スモールゴールとサブゴールをつくる

ゴールから逆算することも重要ですね。

今回はスモールゴールとサブゴールを2つつくりました。

スモールゴールは先述のスタートきっかけのミーティング。

サブゴールは「お互いにリハーサルをする」というミーティングです。

リハーサルの日は本番1週間前に設定しました。

 

5:ほかの人と約束する

先のばしする人が動けなくなるポイントは大きく分けると以下の3つです。

(1)決断しないであいまいにする(=公言を先のばしする)

(2)はじめるタイミングを逃す(=スタートを先のばしする)

(3)サブゴールをつくらないのでギリギリになる(=実行を先のばしする)

先のばしグセがある人にとっては「あるある」ではないでしょうか(笑)。

今回、この3つのポイントにMさんとのミーティングを設定しました。

そして、リハーサルを1週間前に終えたのです。

この5つのプロセスを踏んだ結果、セミナー準備を1週間前に終わらせることができました。

 


■スポンサーリンク




1週間の前倒しに成功した3つの理由

正直に告白すると、私はセミナーの自主開催に対して感じていたことがあります。

それは、先述のとおり

・セミナーをやることは楽しいけれど、準備するのは気が重たい

ということです。

しかし、今日のいまの時間は違います。

明日のセミナー開催が楽しみなのです。

「前倒ししている人はいつもこういう感情なのかな?」と想像すると、自分が「先のばし王」だったことを強く後悔しています、

でも今は「先のばし王」を少し抜け出した感覚さえあります(まあ、気のせいだと思いますが・笑)

それでも、開催の1週間前にセミナー準備を終わらせたのは事実。

そこで今回成功したポイントを3つにまとめてみました。

 

【1】完璧主義を手放す

今回は「あとで、ちゃんとやる」より「とにかく今、サッとやる」と言い続けました。

じつは先のばしする人に多いのは、完璧主義のタイプ。

完璧思考だと、「あとで、ちゃんとやる」と考えてしまうのです。

「ちゃんとやる」のは悪くはありませんが幻想です。

そう考えることが先のばしのはじまり。

大事なのは「とにかく今、サッとやる」感覚です。

 

【2】「ツァイガルニク効果」を発動させる

「とにかくはじめる」ことを重視しました。

「0→1」をやろうとするのではなく、「0→0.01」にする。

スタートはいつだって不完全なのですよね。

完全もまた幻想ですので。

「とにかくはじめる」ことで、セミナー準備が「仕掛り」状態となります。

すると、意識の中でセミナーが気になるのです。

これがキモ。

「人間は完了させたことより未完了のことが気になる」からです。

これを「ツァイガルニク効果」といいます。

モチベーションは鮮度。「いつか」という言葉があなたを「変われない人」にしてしまうかも。 | 【良習慣の力!】ブログ

 

【3】サブゴールは余裕を持って設定する

今回のミニセミナーと前回のミニセミナーが違ったのはここです。

最大のポイントは、

・お互いのリハーサルを本番の1週間前に設定した

わけです。

リハーサルするためには8割でもいいので完成させなければなりません。

いくら共同開催のパートナーとはいえ、リハーサルがぼろぼろなのはかっこ悪い。

相手に「この人、本当にだめだな」とは思われたくないので、必死に前倒しでがんばりました。

オンラインでのやりとりで私がフッと気づいたのですが、我ながらいいアイデアでした(笑)。

 

以上、

・先のばし王がセミナー準備を1週間前に完了できた5つのステップと3つの理由

でした。

あなたが先のばしに悩んでいる場合は、ぜひ参考にしていただけるとうれしいです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、コーチングセッションを1件。

ゴールデンウィーク中に100キロのランニングを達成したクライアントさん。

マストゴールに向けたすばらしい行動力に感動しました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/早起きコンサルタント/ビジネス書作家/「良習慣の力!」ブログ管理人/「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者 /セミナー講師/習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/「習慣化の智慧」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員(営業)など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。さらに詳しいプロフィールはこちら

-先のばしを減らす習慣

執筆者:

関連記事

行動できない人は「どうしよう?」と考え、行動できる人は「どうすれば?」と考える

ネガティブなことを考えすぎて不安になると行動できなくなります。 短期的にはマイナスに見える状況も、「どうすればできるか?」と考えて乗りきっていきましょう。   目次1 「ずっと悩んでいて行動 …

「決断疲れ」を減らす仕組み化。ジョブズ、ザッカーバーグ、オバマ、アインシュタインに共通する習慣とは?

突然ですがクイズです。 ・スティーブ・ジョブズ氏(アップルの共同設立者) ・マーク・ザッカーバーグ氏(フェイスブックの共同創業者) ・バラク・オバマ氏(アメリカの前大統領) そして、 ・アルベルト・ア …

先のばしを撃退するための「逆算ピリオド設定法」

セミナーや勉強会といった中期的なプロジェクトの準備、先のばしにしがちではないでしょうか。 本日の記事ではそんな先のばしを撃退するための「逆算ピリオド設定法」という手法をご紹介いたします。   …

集中力をうまく活用するための3つのテクニック

これからの時代は「集中力」がとても重要なリソース(資源)になってくると言われています。 できるだけ集中力を高めるためにはどうすればいいのでしょうか。 本記事では集中力をうまく活用するための3つのテクニ …

1日単位よりも1週間単位での行動管理をおすすめする理由

1日でできないことがあっても、1週間あればできることは増えます。 「1日単位」でとらえて挫折してしまう人は、「1週間単位」で行動を管理してみましょう。   目次1 1日ごとの目標設定よりも1 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。