【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

読書

はずれ本をひかないためにどうしていますか?私が選書で実践している5つのステップ。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ここのところ、「はずれ本」をひくことが減りました。

その分、「当たり本」にめぐりあう確率は高まっています。

それは、私が購入前におこなっている本のチェックが上達したからだと考えています。

はずれ本をひかないために私が実践している方法を記事にします。

b9db3b3b9d847bb5ec406b78ed927280_s

 

スポンサーリンク

 

自分が必要としている本にめぐり合う確率があがる

私は、年間でだいたい150冊くらいの本を読んでいます。

1年間で500冊以上を読んでいる師匠や300冊以上を読むという周囲の読書家の方にはかないませんが、一般的なビジネスパーソンよりは少しは読んでいる、という程度でしょうか。

その量の本を買っていると、最初の10ページくらいを読んだ時点で、「ああ、、、この本は買わなくてもよかったな・・・。」という本に出会うこともあります。

とくに、10年前にビジネス書なんてほぼ読んだことがない頃は、「釣りタイトル」にはまったり、売れているというだけで買ってしまって、いわゆる「はずれ本」を買うことが多かったものです。

ただ、先日書店にぶらりと入ったときに、ふと「そういえば、最近はあきらかなはずれ本を買うことが減ったなぁ。」ということに気づきました。

「ぜんぶ当たり!」ということはもちろんないのですが、「そのときの自分が必要としている本に当たる確率は高まっているよね。」という感覚です。

 

本を買う前に実践している5つのステップ

そこで、リアル書店で本を買うときに私がおこなっている選書の方法をリストにしてみました。

行動を分解してみたところ、5つのステップに分類することができました。

 

ステップ1:本のタイトルや帯を読んで、カバーを見る

言うまでもなく、本のタイトルはもっとも重要ですよね。

帯がまいてあれば、そこも読みます。

帯には重要な情報が載っているケースがほとんどです。

また、表紙がハードカバーの場合は本自体にお金がかかっているので、出版社が力を入れている場合が多いです。

ちょっと専門的な話ですが、表紙の紙質も見ています。

 

ステップ2:著者のプロフィールを読む

「何を言っているのかよりも、誰が言っているかが重要」という言葉もあるように、どのような著者が書いているのかをチェックしています。

「このテーマの本を書くに値している人なのかな?」という視点で略歴やプロフィールを読みます。

 

ステップ3:カバーのそでの部分を読む

本のカバーをめくった裏面にキャッチコピーなメインの内容紹介が書いてある場合が多いです。

また、その本の内容をひとことで表しているようなキラーフレーズが書いてあるパターンもあり、ここも見逃せません。

 

ステップ4:目次を読む

目次は、非常に重要です。

ここは力を入れて読んでいます。

本をつくるときは目次からつくる人もあると聞いたことがあります。

それだけに、本の内容を端的に知ることができる目次のチェックは欠かせません。

熟読していると、たまにそれだけで「読まなくて良いか・・・」となる本もあります(笑)。

 

ステップ5:まえがき、あとがきを読む

まえがきは、本の内容に入る大事な導入部分です。

ここは、著者の方も出版社の方も、かなり力を入れていますので、ここもサッと読みます。

あと、個人的に重要だと考えているのはあとがきです。

聞いた話ですが、まえがきや本の内容に比べて、あとがきは著者が自由に書いてよい唯一のパートなのだそうです。

最後に著者の本音がぽろっと書かれているケースを見たこともあり、見落としなくない場所です。

 

選書眼を上げるトレーニングのコツは多読すること

5つのステップは、時間をかけずに2〜3分くらいですませたいところですね。

あとは、はずれ本をひかないコツは、「結局は多読を習慣化する」ということにつきるとも考えています。

たくさんの本を読んでいると、直感がはたらくようになってくるからです。

私もはずれ本にあたる確率が減ったのは、1,000冊以上読んだ経験が間違いなくあると思うのです。

最終的に、質をあげるためにはどうしても量が必要ということなのでしょう。

それでも、先にあげた5つのステップをふめば、はずれ本にあたる確率は減るはずです。

「なんだか、はずれ本を買うことが多いんですね・・・。」という方は、ぜひ一度トライしてみていただければ。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、コーチングセッションのあと、「習慣化の智慧」というWebサービスの更新をおこないました。

習慣化コンサルティング事務局のチームメンバーが海外に出張しているため、私が代わりに更新を担当したのです。

WordPressとメルマガをいじることを、昨日ほど「やっておいて良かった・・・!」と思ったことはありませんでした。(^_^;)

師匠に感謝です!(いつもありがとうございます!)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-読書

執筆者:

関連記事

「語彙力こそが教養である」に共感!ボキャブラリーを増やすためにすぐにできる2つの学習方法。

「語彙とは、教養そのものである。」 非常に共感する言葉に出会いました。 語彙力こそが教養である (角川新書) posted with ヨメレバ 齋藤 孝 KADOKAWA/角川書店 2015-12-1 …

その本から本当に得たいものは何?読書の前に自問して目的設定をしよう。

レバレッジリーディングでも、フォトリーディングでも、本を読む前に「その本を読む目的を設定する」ことを推奨されています。 ただ、意外と忘れがちなので、本を読む前に自問することがおすすめです。 &nbsp …

ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断。惰性で生きるのをやめて、決断を積み重ねよう。

人生には二通りのコースしかない。 「ヒツジのコース」と「ライオンのコース」だ。 千田琢哉さんの「ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断: 自分にイノベーションを起こそう!」の冒頭に書かれているこの言 …

ぶ厚い本は「なじみ」をつくる。「じっくり1回」より、「さらっと3回」読んでみよう。

「これは自分の人生を変えてくれる本かもしれない。よし!じっくり読もう!」 ・・・と思った本ほど、積ん読になることってありませんか? はい、私の事例です(笑)。 今回は、その課題を克服した経験を記事にし …

課題解決のためのエッセンスをスピーディーに吸収する「ワンテーマ集中読書法」。

書店に足を運ぶと、あらゆる課題解決の方法が書籍になっていることに気づきます。 自分が抱えるテーマの解決として、「読書」という手段を活用しています。   スポンサーリンク   目次1 …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30