【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

時間を大事にする習慣

時間の使い方を向上させる思考。常に「変化を受け入れる」意識を持つトレーニング。

投稿日:2018/11/22

Pocket

時間の使い方は、常に最適化をはかっていきましょう。

そのためには、「変化を受け入れる」思考が重要です。

 

スポンサーリンク


 

24時間営業の歯科医院を目にして感じたこと

先日、私の住んでいる地域に、「年中無休・24時間営業」の歯科医院があることに気づきました。

差別化のためだと思いますが、驚きました。

それと同時に、うらやましい、とも感じました。

私も、24時間営業できれば、もっとコーチングができるのに、と。

でも、うらやましがっていても仕方がありません。

さらに時間の使い方を考えていく時期なのでしょう。

 

単発コーチングの募集もストップする苦渋の決断

時間の使い方を変えていくために必要なことがあります。

それは、「変化を受け入れる」ということです。

私自身、最近タイムマネジメントを見直して、コーチングの新規クライアントさんの募集を一旦ストップすることにしました。

今までも、継続クライアントさんはストップしていたのですが、今回は単発コーチングもお断りする状況となってしまったのですね。

これは、とてもとても心苦しいことです。

今の生活の中で、かなりの豊かさや充実度につながるコーチング。

その新規の入口を自分でせき止めるというのは、非常につらいことなのです。

しかし、今は新しいプロジェクトを優先させなければならない状態になってきたので、決断しました。

「断腸の思い」というのは、このようなことか、と。(^_^;)

短期的にはつらいことなのですが、長期的には良い判断だったと思えるようにしなければなりません。

これが、時間管理を「変化を受け入れる」ということだと考えています。

24時間歯科医院のようにはできません。

 

「変化を受け入れる」ことができない分野に執着がある

あなたが「変化を受け入れる」ことかできるどうか、どのような部分に執着があるのか、簡単に判断できることがあります。

それは、「モノを捨てられるかどうか」です。

私の例をいうと、洋服はどんどん捨てられます。

それは、「ほかの人に嫌悪感をあたないレベルのファッションであればOK」という程度の基準であり、洋服に執着がないからですね。

一方で、捨てられないのは書籍です。

読んだ本の中で響いたフレーズを思い出したりすると、とたんに捨てられなくなります。

思い切って捨てても、また本が増えていくのですぐにたまってしまうのですね。

これは、私が知識や情報に執着があるということです。

特に、コーチングをしたり、ブログを書いていると「知識や情報を得るのは仕事」という意識があるからです。

「捨てない」という判断は、判断を先のばしするという側面を持っています。

ただ、ためこむだけでは、新しいものが入ってこなくなるのですね。

変化は、本能的には恐怖をともなうものですが、決しておそろしいことでも、面倒なことでもありませんよね。

ある意味では、自分をリセットするような感覚でもあるのだと思います。

 

常に「変化を受け入れる」勇気をトレーニングする

仕事をしていると、

・これまでのやり方と違う
・昨日聞いたことと反対のことを言っている
・最初の計画からずれている

といったことがありますし、ついそういった言葉を発してしまうことがあります。(^_^;)

ただ、ビジネスの現場では、状況や前提条件はどんどん変化しているのですよね。

そのスピード感に対して「変化を受け入れる」ことも重要。

ほかの人が不平や不満を言っている間に、次の一手を考えて、アクションを起こしていくことです。

私がサポートしているコーチングのクライアントさんでも、成果を上げる人は「変化を受け入れる」ことができる人たちです。

それは持って生まれた天性というよりも、日々の思考トレーニングや一歩踏み出してみる、とったスタンスから磨かれていきます。

たとえば、コーチとクライアントしてセッションをしていると、お互いの考えが異なることがあります。

ただ、そこでお互いの意見を率直にぶつけあうようなことがありますが、どちらの意見が選ばれる、というよりは、お互いの意見をぶつけあって第3の案が生まれるイメージ。

クライアントさんその意見を採用することで、現実に変化が起きていきます。

これが、より良い「変化を受け入れる」ということなのですね。

このような感じで、私は時間に対する執着が強いわけです。

つまり、最適化をはかってきた自分のスケジュールに、変化を起こすことを先のばししてしまう傾向があります。

タイムマネジメントを成功させるためには、単に時間管理のテクニックを習得すればいいわけではないと思っています。

時間を効果的に使うためには、このように「変化を受け入れる」思考や発想が大事なのですね。

現実の「変化を受け入れる」ために、時間の使い方を変化させることが基本。

ぜひとも日々、普段の時間の使い方に「変化を受け入れる」ことを意識してみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりで社外の友人たちと少し早めの忘年会。

友人たちの変化率がすばらしく、刺激を受けました。

置いていかれないようにしないと!(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-時間を大事にする習慣

執筆者:

関連記事

カフェで集中して仕事をするために。おすすめの3つのアイテムと動画・BGM。

カフェで仕事をすることは一般的になりましたよね。 ただ、意外と集できていない人を見ることもありますし、中には参考書を開いたまま寝ている人も・・・。 そうならないためにも、集中できる環境を整えましょう。 …

時間は長さよりも質を追求。理想の状態につながる時間の使い方をしているか。

誰にとっても平等かつ貴重なものといえば「時間」。 私も、なるべく有効に使いたいものだと思っています。 そのためのヒントは、「時間の質」を考えることにあると思っています。   ■スポンサーリン …

「週末」のとらえ方を変えて、「週末」の自由な時間を増やしてみよう。

「週末」の時間を増やしたいと思ったことはありませんか? とらえ方次第では、あなたの週末の時間が増える考え方があります。   スポンサーリンク   目次1 「時間」甘く見ていたしっぺ …

夏休みあけの仕事スタートを乗り切る名言。「その日の計画を終える前に、その日を始めてはいけない」

長期休暇あけ、仕事はじめの1日を効率的にすごすために必要なのは、 ・計画 ・フィーリング どちらだと思いますか?   スポンサーリンク   目次1 夏休みあけの自分のファインプレー …

「人、物、お金、情報、時間」を「ワンソース・マルチユース思考」で磨き上げる。

経営で重要なリソース(資源)は「人、物、お金、情報、時間」と言われることがあります。 「やりたいことがあるのにできていない」と感じる人は、その5つの要素をマルチユースできないか考えてみましょう。 &n …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら