【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起き

日中の眠気対策に。早起きを続けるための先取り仮眠作戦。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

日中の眠気対策、どうしていますか?

かんたんに対策できる眠気対策を記事にしました。

 

スポンサーリンク

 

日中の眠気をなんとかしたい

寝不足やイレギュラーな日が続くと、睡眠不足になるのですよね。

睡眠負債がたまっているため、昼間に眠気がおそってきます。

すると、仕事でミスをしたり、注意力が散漫になって効率が低下します。

私も、セミナー準備やコーチングセッションが重なって毎日の習慣化が崩れてくると、つい睡眠不足になってしまいます。

やりたいことがたくさんあるのに、寝るまでの時間が惜しい。

でも、早く寝ないと早起きができない。

悩みどころなのですよね。(^_^;)

 

気持よく仮眠をとる3つのポイント

このようなとき、たまった睡眠負債をうまく返済する方法が、仮眠です。

仮眠をとると、効率よく睡眠物質を分解することができます。

その結果、頭をすっきりさせることができるのです。

私の仮眠のやり方をご紹介しますね。

 

1:15分のタイマーをかけて仮眠をとる

iPhoneのタイマーアプリで、15分のタイマーをセットします。

これで、よけいな気をつかわずに、仮眠に集中できます。

周囲に人がいるでしょうから、音量には注意しましょうね。

大音量だと自分以外の人も驚くと思いますので。(笑)

 

2:眠くなる前に仮眠をとる

眠くなってから仮眠をとるよりも、眠気が来る前に仮眠をとりましょう。

眠くなる前に目を閉じれば、覚醒リズムがよくなります。

目を開けたときから、睡眠から覚醒リズムにそって、脳の活動を高めることができます。

 

3:椅子に座ったまま頭をたてて仮眠をとる

理由は、脳が垂直になっていると、深い睡眠に入らないからです。

机に突っ伏して寝ると頭が地面に対して平行になってしまいます。

すると、深い眠りを誘発する脳波が出てしまうそうです。

学生時代、退屈な授業中によく見ていた光景(私もやっていましたが・笑)は、この姿勢だったから深く寝てしまったのですね。(笑)

仮眠の際は、地面に対して頭をまっすぐにした状態をつくるのがおすすめです。

 

本当の眠気が来る前に仮眠をとる

先に書いたとおり、私がさまざまな本や研究記事から学んだところによると、10〜15分程度の仮眠がもっとも睡眠負債を減らし、仕事の効率があがるとの研究結果が出ています。

これが30分以上になってしまうと仮眠ではなく睡眠になってしまいます。

すると今度は夜の睡眠に影響してしまい、寝つきが悪くなってしまうので注意したいところです。

仮眠をとるタイミングでおすすめなのは、ランチのあとです。

お腹も満たしてからタイマーをかけて、15分を目安に目を閉じてみるのです。

仕事の関係でどうしても仮眠ができない場合は、1分でもいいので、トイレや会議室など、ちょっとした時間に目を閉じる習慣をつけてみましょう。

α波は1分閉じるだけでも少しは出るということなのですね。

また、視覚は常に膨大な情報量をキャッチしているので、その分疲れています。

ですから、目を閉じて視覚をシャットアウトするだけでもリラックス効果があるのです。

人間の脳は、視覚からとびこんできた情報を片っぱしから分析してしまう習性があります

これは、ボーッとしていても、人混みの中を歩いているときも同じだ走です。

ですから、目を開けていると、休憩になりません、

そのような時間に、こまめに目を閉じることで情報を遮断し、脳を休ませて、頭をすっきりさせましょう。

大事なことは、本当の眠気が来る前に仮眠をとっておく習慣です。

午後の眠気をふせぐためにも、事前に仮眠をとってみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、仕事終わりでコーチングセッション。

ブログをスタートするというテーマでした。

自分の考えを表現すること、知識や情報を外部に伝えることで、ご自身の殻を破っていきたいとのことでした。

そのようなトレーニングには、ブログはとてもいいツールですよね。(^_^)

【募集中】
2017年10月6日開催:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起き

執筆者:

関連記事

ぼくが共感した「ダイエットと早起き」に共通する3つのこと

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 昨日受講した習慣化コンサルタント・古川武士さんの月例の習慣化セミナーは「ダイエット」がテーマ。 【ご参考】 …

池田知恵さんの名言。“早起きを続ける最大のコツは「何のために早起きをするのか」という目的意識を明確にすることです。”

早起きを続ける最大のコツは「何のために早起きをするのか」という目的意識を明確にすることです。 早起きのつらさを上回るメリットが自分の中で明確になっていれば、結構長続きするものです。 (池田千恵さん) …

早起きしたい欲求と早起きした結果。その間に存在する2つの要素とは?

早起きは、早起きしたいという「欲求」と早起きしたあとに訪れる「結果」だけで判断してしまいがちです。 ただ、その2つの要素だけでうまくいく人は少数です。 欲求と結果のあいだにどのような要素を加えることが …

「またお昼まで寝てしまった・・・(T_T)」と後悔しないために。休日を充実させるための2つのポイント。

「休日を充実させたい」と思うのは誰でも同じではないでしょうか? そのためのポイントを記事にしてみました。   スポンサーリンク   目次1 「やリ100」セミナーのアンケートに感動 …

入眠時間へのプライオリティーをあげて早起きを習慣化させる!1日のはじまりを入眠時間から考えてみよう。【早起きの習慣】

  こんにちは、伊藤です。 本日、早起き習慣定着プログラムをご受講中のクライアントさんから、ぼくの早起きに対する新たな考え方を教えていただきました。 それは、 「1日のはじまりを入眠からスタ …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031