【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

家族

ワークライフマネジメントを意識する。家族関係を良好にして人生を最適化。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

気がつくと複業やコーチングのクライアントさんのことを考えている自分がいます。

家族でいるときも考えてしまうことがあり、戒めの記事を書きました。(^_^;)

 

スポンサーリンク

 

父親友だちとプライベートを語る

先日、娘の保育園時代に仲良くなった父親同士3人で飲み会に行きました。

私以上に2人は家庭に協力的で、感心してしまいました。(^_^;)

特に、男性で育児休暇を取得した方の話は興味深いものでした。

また、2人は朝ごはん担当で、毎朝朝食をつくっているそうです。

考えてみると、以前は男性が集まると、仕事の話が多く、家庭の話はほとんどなかったような気がします。

このように、自分と似たような環境の父親の話を聞くのはいい刺激になりますね。

一方で、奥さまとすごす時間がとれていない人の話を聞くと「だ、大丈夫なのか、、、それで。。。」と心配になることもあったような。(笑)

そのような体験をしつつ、自分のライフバランスを調整していくものなのかもしれませんね。

 

家族との時間は意識的に確保する

過去、私は、「人生を後悔しないように」というモードに入り、セミナーや予定を入れまくった時期があります。

ただ、まずかったのは、妻には、「すべて事後報告」だったこと。。。

その際は、2人でかなり話し合うことになりました。(笑)

また、ここ数年で複業をするようになり、たまに事後報告が出てくるようになりました。

それどころか、家族の笑顔を見たくて活動しているのに、複業のおかげで家族との時間が少なくなってきたのです。

休日も朝から夜までセミナーに参加する日が続いたことがあります。

3連休、まるまる終日セミナーに参加したことも何度かあります。。。

その状態に気づいた私は、「これは、、、まずい。」と思ったのです。

そのような危機感を抱いたので、私は多少強引にでも家族との用事をつくるように意識しました。

たとえば、朝からセミナーに行くときは、帰り時間に待ち合わせて外で食事をし、妻が平日休みのときはランチの時間を合わせて食事をすることもあります。

また、週末の午後はコーチングの仕事を入れないようにしています。

早朝や午前中にセッションを入れる分、午後は家族と楽しむことに集中します。

先日のようにラグビー観戦に行くことも家族で新しい体験をすることですし、家族の記念日があれば平日の夜でも都合をつけて外食に行くようにしているのです。

ラグビー観戦のすすめ。間近で選手たちの激突を感じられる迫力のスポーツ。

最初は、ノルマ(表現は良くないですが・・・)のような感じも若干ありましたが、次第に家族のクレームも減ってきましたし、実際に家族の仲が良くなることも実感しました。

そのようにして、家族との時間を重要視するようになったのです。

おかげで、家族との関係は良好です。

 

ワークライフマネジメントを意識しよう

「仕事とプライベートの調和」というと、ワークライフバランスという言葉が思い出されます。

ただ、この表現には違和感を持つ人も多く、私もその1人です。

仕事も、プライベートも、あわせて「ライフ」のはずですものね。

それに変わる概念で私が好んでいるのは、ワークライフマネジメントという言葉です。

仕事も、プライベートも、そして複業にも関わることで、生活自体が好循環になるイメージです。

それこそ、まだまだ「仕事がたいへんすぎる」という人も多いかもしれません。

「残業している人=がんばっている人」という図式をえがく人もいるでしょう。

それでも、死ぬ間際になって、「もっとたくさん仕事をすれば良かった」と思う人はいないのではないでしょうか。

そういう私も、仕事、家族、ひとり時間、複業などがうまく回りはじめたのは40歳を過ぎてからです。

20代の頃(特に中盤から後半)は、生活の9割は仕事でした。

連日残業をして、会社に泊まり込んでいました。

30代になっても8割は仕事。

終電をすぎて始発で帰ったこともあります。

家に帰ると、子どもたちの寝顔しか見られない日が続いたときは、涙がこぼれそうになったものです。。。

そのような状態になってようやく、「このままではいけない」という危機感が生まれたのです。

危機感がないと、人間はなかなか変わろうとしません。

世の中を見渡すと、いろいろなことに気づきました。

実際、会社は私のことを一生面倒見てくれるわけではありません。

働きすぎて体を壊したらリストラの対象になってしまうかもしれませんし。

ですから、会社にどっぷりと浸かるのではなく、40代くらいからプライベートの充実もはかりましょう。

自分自身が元気に働き続けるためにも、家族の応援は欠かせないものです。

その点を忘れないようにしています。

気づいたときが、修正のタイミングです。

私のように、多少ノルマ的にでもいいので、家族との時間(と自分の趣味の時間も・笑)を意識して増やしていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、継続クライアントさんとのコーチングセッション。

早起き習慣化の安定期、目標のハードルをあげるのはこの時期です。

といいつつ、1週間のはじめに、あらかじめ例外ルールを決めておくと挫折感なくメリハリがでるのです。

ここでハードルをあげるのはひとりだとなかなか難しいところなので、私のような役割が必要なのです。

ということで、ちょっと強引に目標を上げさせていただきました。(^_^;)

【募集中】
2017年9月21日開催:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

2017年10月6日開催:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-家族

執筆者:

関連記事

夫婦の愛情(炎)を絶やさないためにできること。自分から先に感謝する習慣。

心理学を学んでいると、男女の考えかたの違いに驚くことが多く、興味深いです(いろいろと・・・笑)。 仲の良い夫婦関係をキープするためには、感謝の気持が欠かせません。   スポンサーリンク &n …

「結婚はオワコン」に思う、結婚がつくり出す「人の可能性を広げる」きっかけの側面について。

「結婚はオワコン」という話題があるということ知りました。 そういう一面もあることも理解できますが、人の責任感を育て、人の可能性を広げるできごとでもあると思い、私は結婚をすすめる立場です。   …

朝食の短い時間でも、家族でコミュニケーションをとる儀式にできる。

先日参加した忘年会で、家族一緒に朝食を食べていない人が多いことを知りました。 私にはちょっとした驚きがありました。 ・奥さんとの出勤時間が合わない ・子どもの時間に合わせていると会社に間に合わない ・ …

調子が悪いときでも笑いたい。外側の自分がつくり出す自分の内面を考える。

明石家さんまさんとIMALUさん親子の、あるエピソードから、「心の中はどうあっても、ポジティブな姿勢でいられるように務めることの大切さ」を学びました。 それは、父親から娘への教えと愛情を考えることにも …

「朝、子どもが自力で起きない」問題に、親はどのように対処すればいいのでしょうか?

親の悩みに、「朝、子どもが自力で起きない」ということがあるそうです。 その問題に対する私の意見を記事にしました。   スポンサーリンク   目次1 朝、子どもは自力で起きているか2 …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30