【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣

目標設定がうまくいくコツ。「Have→Do→Be」ではなく、「Be→Do→Have」の順番で考える。

投稿日:

Pocket

「目標を立てたけれど、ブレーキがかかって動けない」ということはありませんか?

そのようなときは、「Have・Do・Be」の視点から目標をとらえ直してみましょう。

 

スポンサーリンク


 

行動ができなくなる3つのブレーキ

「今までの自分を変えて、充実した毎日を送りたい!」と考え、きちんと言葉にして、私に伝えてくださる方々の話をきいてきました。

ただ、やはり目標を達成できる人と、目標を達成できない人がいらっしゃるのですね。

そのような方々と、よく観察していると、行動にうつせない人の傾向は、次の3つのブレーキがあります。

 

1:心にブレーキがかかっているタイプ

やりたいことや目標があっても、「失敗したらどうしよう」という不安や心配が先行してしまう人です。

「自分には無理かも・・・」と自信がないことも多く、誰かに背中を押してもらわないと進めないのですね。

完璧主義の傾向が多いのもこのタイプで、準備が整うまでなかなか行動にうつせないケースがあります。

 

2:頭にブレーキがかかっているタイプ

とにかく頭の中でいろいろと考えてしまうタイプです。

分析ができたり、知識は多いのですが、その分いろいろと考えてしまうのですね。

ですから、優先順位がつけられず、マルチタスクになりすぎて、望む成果をあげられません。

 

3:体にブレーキがかかっているタイプ

「まとまった時間がとれたらやろう」と思いながら、先のばししてしまうタイプです。

もっと言うと、時間の使い方を変えないので自分の行動が変わらず、結果として成果も変わらないのです。

今までと同じ「やらなければならないこと」を優先してしまうので、やりたいことや目標に対して投資できる時間がなくなってしまいます。

 

目標にブレーキがかかる理由

せっかく目標をつくったのに、ブレーキがかかっていては、あまり意味がありませんよね。

この原因は、

・自分の心の声から出ている目標ではないから

です。

代表的なものは、「世の中基準の目標」です。

・タワーマンションに住みたい
・ロレックスを買う
・英語をペラペラに話す

といったものですね。

それと、「ノルマ的な目標」もあります。

・会社から出された売上目標
・残業代を削減する目標
・新規セールスの数値目標

など、これらもなかなかモチベーションがあがらない人は多いです。

あとは、「簡単すぎる目標」もありますね。

・今のままでも達成できる目標
・小さすぎる目標
・現状維持の目標

このような目標だと、自分の巡航速度を変えなくてもいいので、成長やより好ましい変化が起きづらいわけです。

これらの要素が入っていると、いまいち力が入らない目標になるケースが多いのです。

もちろん、悪いと言っているわけではなく、習慣化に挫折するようなケースでは、このように外側に指標が向いている可能性が高いということなのです。

 

「Be」から目標を考えよう

では、どのように目標を設定すればいいのでしょうか。

私のおすすめは、

・「Be」から目標を考えること

です。

目標設定で活用されている「Have・Do・Be」という分類があります。

「Have・Do・Be」とは、簡単にいえば、

・Have:欲しいこと
・Do:やりたいこと
・Be:ありたい姿

です。

このうち、もっとも大事なのは「Be」です。

「Be」は、存在を表す動詞ですよね。

つまり、「Be」を軸にして、自分の「ありたい姿」から目標を考える、ということです。

ただ、たいていの人は「Have」、「何が欲しいか」から考えてしまうわけです。

すると、モノや目に見えるものから目標を設定することとなります。

それは、お金や不動産といったように形があるものなのでわかりやすいのですが、それを目標にしてしまうと、バランスがとれた状態からは離れてしまうのです。

わかりやすいのは、お金のために人を裏切る、というようなことにつながってしまうわけです。

そうではなくて、「どんな自分でありたいか」ということを最初にイメージしたり、書き出してみる。

その「ありたい自分」から、「では、そのためにはどのような行動を起こせばいいのかとうDoを考えられますし、そのような自分にふさわしいHaveは何だろうか?」と考えることができるようになります。

「Be」につながっている目標というは、自分の中から出てきているので、世の中の基準やノルマとは関係がなくなっているのですね。

ですから、アンマッチ感がなく、自分にフィットする主体的な目標となるわけです。

先日の目標設定セミナーでおこなったワークの1つでは、まさにこの方法で目標を考えていただきました。

ご受講者さんの感想で、「Haveから考えていたときとは、違ったHaveが出てきました」というものがあり、まさに狙いはそこなのですね。

もしも、あなたが「いま考えている目標、なんかフィットしない」と感じていたら、「Have」から考えてしまっているからかもしれません。

ぜひ、一般的な、

・Have→Do→Be

ではなく、

・Be→Do→Have

の順番であなたの目標を考えてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、「習慣化の学校」の週報に返信していました。

また、クライアントさんの体調不良でコーチングセッションが延期になったので、早めに帰宅。

お風呂上がりの娘の髪を乾かしたり、寝る前の歯磨きをして、妻とも少し晩酌を楽しめました。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

ポジション・チェンジはNLPの基本スキル。位置を変えるだけで感じる世界が変わる。

3連休は、NLPの3日間集中セミナーに参加。 誰でも簡単にできるテクニックや私自身の気づきを記事にしていきます。   スポンサーリンク   目次1 「NLP」とはどのようなものか2 …

未来のトラブルを未然に防ぐために。フィードフォワードを活用しよう。

目標達成のためには、信頼できる人から自分の行動に対するフィードバックが有効です。 それと同様に、未来を考えるように導く「フィードフォワード」も重要だと考えています。   スポンサーリンク & …

人生を変える決断をするときの代償は何か?「自分史上最高の自分」の選択を尊重する。

先日、コーチングのクライアントさんから聞かれたのは、「転職して、後悔しないでしょうか?」という質問。 人生を変えるかもしれない決断にはどう向き合えばいいのでしょうか?   スポンサーリンク …

初対面の会話が続かない場合の特効薬。「ユー・クエスチョン」の活用。

「初対面の会話が盛り上がらない、、、」という悩みをよく聞きます。 その対処法を記事にしました。   目次1 初対面の会話をスムーズにする「ユー・クエスチョン」2 「ユー・クエスチョン」を意識 …

セルフコーチングの方法を知っていますか?ネタ出しから実行までの5つのステップ。

ときには師匠たちやマイコーチの助けを借りることがあっても、基本的には自分で考え、自分が成長していくことが不可欠です。 そのためにセルフコーチングの手法を知っておくのは、有効な方法の1つです。 &nbs …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら