【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

習慣化に挫折する人の共通ポイントを1つだけあげるとしたら何か?

投稿日:2016/11/21 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

たくさんの習慣化にトライした経私自身の経験と、サポートしている人たちをみていて「習慣化に挫折する共通ポイント」があることがわかります。

今回は習慣化に取り組むさいに、ぜひ参考にしていただきたい点を記事にしました。

tic-tac-toe-1777815_640

 

スポンサーリンク

 

習慣化のスタートは「やりたい!」からスタートして欲しい

私の周囲には、習慣化によって自分の人生をより良く変化させていこう、という人たちがあふれています。

しかし、そのような状況にいるからこそ、ちょっとだけ疑問を感じることがあります。

それは、「やらなくてはいけないから、やっている」というパターンが多いことです。

たとえば、以前の私が、英語を3年間学習し続けたときに、まさに「やるべき」というモチベーションで取り組んでいたので苦しかった、という事例ですね。(^_^;)

あらためて言うまでもないことですが、良習慣とは「自分欲求が発動している行動を続けること」にほかなりません。

先日の記事にも記しましたが、私の習慣化の定義は、「自分欲求を満たす感情とともに、自らのありたい姿に向かって行動し続けること」です。

「あなたにとって○○とは?」を問う。重要テーマを3ステップで深化・進化させよう。 | 【良習慣の力!】ブログ

つまり、「やりたいからやる!」という感情がスタートなのです。

ビジネスでも、学校でも、

・やるべきことだから、仕方なくやる
・やりたいことだから、主体的にやる

という違いが、成果の差を生んでいるのですよね。

 

「やるべきこと」を「やりたいこと」に変える方法はあるけれど

習慣化するためのアプローチを変えれば(少し専門的にはなりますが)、「やらなくてはいけないこと」を、「やりたいこと」に変えていくことは十分可能です。

シンプルなアプローチであれば、やりたくない行動を実行した際に、自分やほかの人からプラスの評価や承認を得られる仕組みをつくっておく方法があります。

ただ、それ以前に考えて欲しいことは、あなたが取り組もうとしていることは、「本当にいまの自分がやらなければいけないことだろうか?」ということです。

さらにいうと、「その習慣があなたにとって本当に必要なものなのかどうか?」という視点が必要なのです。

あなたが本来やるべきではないことに、あなたの大切にしている時間やお金をかけて取り組む、というのはいかがなものでしょうか。

もちろん、新しい習慣化に取り組もうとするその姿勢自体は賞賛されるべきものです。

しかし、やりたくないことにばかり投資しているとするのであれば、、、率直にいって、時間とお金とエネルギーの「浪費」です。。。

どうしてもやってみたいことや「これをやってみたらどうなるかな?」という習慣であれば、期間限定などの条件をつけて少しだけ手をつけてみることです。

実行してみた結果、「この習慣はいまの自分には不要だな」と感じた場合は、無理に続ける必要はありません。

そのときは、そのタイミングではなかったのだと思って、さっさとやめてしまいましょう。(^_^)

 

いま取り組もうとしている習慣は、いまの自分にとって本当に必要なものですか?

本当はやりたくないことを習慣化することに関して、私が「もっとも避けてほしいな」と思うことがあります。

それは、やりたくないことをやり続けてしまい、自分のリソースを使った結果、その習慣化に失敗することです。

さらに、挫折したことによって「やっぱり自分はだめなんだ・・・」と思ってしまうことなのですよね。

本来はやる必要がないことだったのに、それを実行する。

当然、楽しくありません。

楽しくないから続かなくて挫折感を味わう。

・・・という図式は、本当にもったいないことだと思うのです。

まとめると、上述のように、「やりたくないことを、やりたくなるように変える」のはテクニックである程度までは可能です。

しかし、「本来やる必要のないことを、やりたくなるように変える」というのは至難の技なのです。

そこで、「いま本当に必要なのか?」ということを考えていただきたいのですね。

もし、あなたが何度やってもうまくいかない習慣があったら、ぜひ一度「いま取り組もうとしている習慣は、いまの自分にとって本当に必要なものなのかどうか?」という視点から考え直してみてはいかがでしょうか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日はビリーフのグループコンサルティングの第3回目でした。

自分が見たくなくてふたをしていた過去の感情やコンプレックス(汗)をだいぶ解放できるようになってきました。

少なくとも、習慣化専門学校の仲間には公開することができて、以前よりも自分らしくいられる感覚です。

自然体の人というのは、ずっとこういう感覚でいられる人なんでしょうね、きっと。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣

執筆者:

関連記事

no image

「お勧め本はその場で買う!」という習慣(1)

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(僕の造語です)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく …

目標は「話す ・読む ・眺める ・書く」、多方面からリマインドして強く意識するべし。

目標に向かって進んでいる人たちのサポートをしていると、目標達成には「目標を意識し続けること」が、基本かつ大事なことだと痛感しています。 そのためには、「目標をリマインドし続ける仕組み」が欠かせません。 …

「・・・そういえば最近、道を尋ねられたことがないかも」と思ったあなたに読んで欲しい記事

先日、お客さまのオフィスを訪問した後の帰路で、着物を着た初老の女性に道を尋ねられました。 このとき、 「そういえば、以前ほど道を聞かれなくなったな・・・。」 と思いました。 もしかして、何か怖いオーラ …

「苦手はぜんぶ、伸びしろだ。」苦手分野を「成長の余地」に変える方法。

「苦手はぜんぶ、伸びしろだ。」 私も共感しますし、いいコピーですよね。 ただ、伸びしろを埋めていくためには、挫折しないようなやり方で進めていくことが重要です。   スポンサーリンク &nbs …

お金に対して間違った考えをしていては永遠にプロフェッショナルになれない

目次1 たまにはお金について2 お金をいただくのは悪いこと?3 そのお金が投資になるか、浪費になるか4 お金の有効な使い方4.0.1 【今日の良習慣】 講師業、コーチ業、コンサルタント業などは、受講者 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31