【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

書く習慣

愚痴や陰口を言いたくなったら、口に出さずに文字にして解決する。

投稿日:

Pocket

愚痴や陰口、つい言ってしまいたくなるとき、ありませんか?

口に出してしまうとデメリットが多いので、代わりにその環状を書き出してみることをおすすめします。

 

スポンサーリンク


 

愚痴がないコミュニティーは安心感がある

今日は、コーチングスクールの同期の友人たちとの定期同窓会でした。

同じスクールでコーチの認定をとってから丸4年。

残念ながら、脱落してしまったコーチの友人もいます。

しかし、残っている友人たちは、商業出版を果たして見事に重版がかかったり、複業家としてコーチングフィーを何倍にもアップさせて自宅を購入したり、「週刊東洋経済」に取材されたりと、活躍の場を拡げており、会うたびに気が引き締まります。

そのようなチャレンジしている友人たちですから、トラブルもあるのだということでした。

それはそうですよね、新しいチャレンジをしていれば、うまくいかないことがあるのは当然。

ただ、不思議と出てこないのは「愚痴・陰口」です。

・なぜ思い通りにならないんだろう?

・あの人はだめだ、終わってる

みたいな言葉を聞いたことはありません。

ですから、一緒にいても安心ですし、心地よさを感じるのです。

 

愚痴を言う人は自分で自分を被害者にしている

それで話していたのは、愚痴・陰口を言う人たちというのは、

・自分を被害者という立場に置く

という共通認識でした。

愚痴や陰口を言うことで、「悩まされている自分」になることができるのだと。

「自分は悪くない。相手が悪い。」

そのような立場に立つと、一見弱さをアピールできるような気がします。

また、愚痴・陰口を言っていると、自分が相手よりも上になった気がするし、楽なのですよね。

でも、そうなると、とたんに人生の主導権が離れていってしまいます。

映画でいえば、自分が主人公の映画のはずが、愚痴を言うことによって脇役にはずされてしまうようなことになってしまいうということです。

もし、あなたが「愚痴・陰口」を言ってしまう傾向があるなら、早めに手放してしまいましょう。

愚痴や陰口は、話している瞬間はストレスがなくなったように感じます。

しかし、その効果の何倍もデメリットがあります。

たとえば、心理学では、「予言の自己成就」という言葉があり、たとえ嘘のように話していたことが、実現に起こるという考え方があります。

それは、マイナスのイメージにもやってくるので、「愚痴を言っている自分」にふさわしい環境を自分でつくり上げていくことになります。

「愚痴を言っている自分」を自分が認識してしまうと、さらに愚痴を引き寄せるようなイメージをつくってしまうということです。

また、ほかの人の前で愚痴を言えば、周囲の人は、あなたを「愚痴を言う人」とみなすでしょう。

すると、愚痴が大好きな人たちがあなたを仲間だと思い、あなたに近寄ってきてきます。

結果、さらに愚痴を言う環境にはまってしまいます。

うまくいっている人は、そのような集団には近づきませんから、あなたはますます「愚痴を言っている自分」にはまり込んでいくこととなります。

そうなると、愚痴のデフレスパイラルの完成です。(^_^;)

 

愚痴は口に出さずに言語化して書き出そう

作家トルストイの名言に、

“すべての人は世界を変えたいと思っているが、
自分を変えようとは思っていない”

という言葉があります。

そうなのです。

世界を変えることはもちろんのこと、ほかの人を変えることさえできないのが人間です。

そこに労力を使うのであれば、自分を変えてしまったほうが手っとり早いですし、よっぽど楽です。

つまり、「被害者の自分」を助けられるのは、あなた自身なのですね。

では、どのようにすればいいのでしょうか?

まず、愚痴・陰口を言葉として口から発するのはやめましょう。

その代わりに、書き出すことをおすすめします。

口に出してしまうと言葉が空気にふれてしまうことになります。

すると、世界に対して自分の考えを表出させてしまったことになってしまうのです。

言葉は「言霊」ですから、意識も空気に愚痴や陰口の影響に寄せられていくようになってしまうのですね。

ですから、愚痴や陰口は口にするのではなく、書き出すのです。

言葉を文字にすることで何が変わるのか、と思われるかもしれません。

しかし、頭の中で考えていたり、口にするのではなく、文字にすると、視点が客観的になるのです。

感情というのはなかなかつかみづらいものですが、書き出して言語化して、読んで客観視すると、扱えるようになるものなのです。

そうなれば、「愚痴を言って終わり」「陰口を言って終了」ではなく、自分の感情やできごとと向き合えるようになっていくわけです。

ぜひトライしてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、朝スイムで優雅に1,500メートル。

・・・すみません、嘘をつきました。(笑)

周回遅れになって必死になりながらの朝スイムでした。(^_^;)

会社終わりは友人と丸の内バイク&ランで待ち合わせて、皇居ラン&コーチングセッション。

友人のこれまでの活動に共通する目的を質問したら、まっすぐに貫く言葉が出てきて、思わず感動。

走りながら少し涙が出てしまいました。。。

帰宅後に娘の寝顔しか見れなかった以外は、理想的な1日でした。

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-書く習慣

執筆者:

関連記事

毎日の「慌ただしい」「忙しい」を抜け出す!文字をていねいに書く習慣を試してみよう。

内面のありかたが、自分の外側の世界をつくり出します。 いつも何かに追われていると、自分が見えている世界まで雑然としてくるものです。 私は、心を落ち着けるために、「文字をていねいに書く」という習慣を試し …

伸びる人と伸び悩む人の差を分けるものは何?「仮説と検証」を繰り返す習慣を持とう!

上期が終わったこともあり、会社で下期に向けた面談がありました。 私は無事に予算をクリアしたので雑談で終わったのですが(笑)、入社時期が1年しか違わない後輩は、上司にかなりしぼられた状態で会議室から出て …

ひとり戦略会議で「鳥の目」と「虫の目」で自分の未来・現在・過去をとらえてみよう。

自分の立ち位置をとらえるために、「鳥の目」と「虫の目」を考えるようにしています。 その時間をとるために、時間を確保して「ひとり戦略会議」をやっています。   スポンサーリンク   …

夢実現や願望成就をビジュアル化。ビジョンマップのつくり方。

「やりたいことが見つかる」3日間集中セミナーで、久しぶりにビジョンマップをつくりました。 やりたいことが見つかる習慣 | 習慣化コンサルティング 東京 港区 「ビジョンマップ」とは、目標や願望を1枚に …

1日5分の感情日記を書く習慣。自分の無意識の思い込みを探求するために。

「感情日記」という自分の感情に焦点をあてる日記を書き始めて1ヶ月ほどたちました。 以前に比べて、自分の感情に向き合う習慣が身についてきているのですよね。 本日は、その「感情日記」の書き方を記事にいたし …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら