【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

やりたいこと・天職・才能・強み 良習慣

ストレスに負けずにエネルギーを高める方法は、行動を止めずに動き続けること。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

行動すればするほど元気になり、休めば休むほどエネルギー量が低下する。

人のエネルギーというのは、そのような循環が起きているように考えています。

 

スポンサーリンク

 

エネルギーにあふれている人こそエネルギーを使っている

「あの人は、一体どこにそんな時間があるんだろう?」

そのように思わせられる人たちが、私の周囲にいます。

仕事できっちり成果を出しながら、自己投資の時間は欠かさない。

短期的な収益に結びつかない先を見越したアウトプットも継続し、同時に趣味の時間を生み出して好きなことをやる。

もちろん、家族との時間もしっかりと確保している。

そのように、アクティブに活動している人たちは、アイデアも豊富でフットワークが軽いです。

物腰柔らかで謙虚、それでいて自信も持っています。

一方で、のんびりしていて何も行動を起こしていない人ほど、どことなく覇気が無いように見えます。

休んでいる分だけ充電はしっかりしていて、エネルギーがあってもよさそうなものなのにもかかわらず・・・です。

 

生きる達人たちが感じているのはストレスではなく充実感

以前、習慣化コンサルタントの古川さんの「習慣化の智慧」という音声コンテンツでテーマになっていた話題があります。

それは、「偉大な経営者と言われている人ほど長生きしている人が多い」ということです。

松下幸之助さん、本田宗一郎さん、稲盛和夫さんなど、名経営者と言われれる方々は長寿の傾向にあるのですよね。

あれくらいのレベルになると背負っているものは半端じゃなく大きいものでしょうから、プレッシャーなどは当然あるでしょう。

ですから、ストレスがかかり、労働時間が長くなる等して、寿命が短くなるのではないかと想像してしまいがち。

しかし、現実は少し違うようなのです。

日野原重明さんも長生きでしたし、昨日見たテレビで「世界最高齢のアイアンマン」稲田弘さんがインタビューに答えていましたが、85歳でトライアスロンをやっています。

彼らが70歳や80歳になっても精力的に活動できるのは、「自分を動かすことで、充実した時間をすごしている」からなのではないかと思います。

さらに、「志」や「ビジョン」といったような、大きなところを目指して生きているのではないでしょうか。

私もそうありたいと考えていますし、あなたも目指してみてはどうでしょうかと、提案してみたいのですね。

 

無駄に休みすぎるとかえって行動力は落ちる

具体的には、「やりたいことは全部やる」精神で、興味関心があることは首をつっこんでいきましょう。

そうして「自分を動かすことで、充実した時間をすごしている」状態をつくる。

そこがスタートになるのではないかと思います。

適度に体を動かしていたほうが、悩みすぎたり、立ち止まったりすることが減るもの。

悩んでいても何も解決しないので、考えすぎずに突っ走ってしまったほうがいいことも多いからです。

また、複数の活動をしていると、期限が複数出てきますから行動も加速しますし、動いているうちにアイデアが出てくることもあるのです。

正直なところ、複数のことを同時並行で進めるのは、私も決して効率はよくないと思っています。

ただ、「これだ!」という目指す対象が決まっていないのだとすれば、複数の活動を同時並行で進めるフェーズも必要なのだと思うのです。

その分だけ時間はかかりますが、波にのってくれば、複数の達成感を同時に得ることができます。

複数の場所からフィードバックがやってくるので前進するエネルギーが高まり、自己肯定感も高まります。

それがさらに行動するためのパワーになり、行動力が高まり、不安や恐怖といったネガティブな感情も消えていくのです。

怖いのは、行動する前だけです。

もちろん、過労になって体調を崩したりするようなことがあれば問題ですが、無駄に休みすぎると人生の質は高まりません。

 

エンジンを完全にOFFにすると「休み疲れ」が起きる

私の話で言えば10年前は、複業もやらず、運動もやっていない時期です。

土日になると、「休みだからのんびりしよう」と思って自宅でダラダラしていました。

さて、外出を控えて自宅にいたから休息が十分になり、月曜日の朝からフルパワーで出社できたかというと・・・それは違いました。

エネルギーを充電するどころではなかったのです。

むしろ、なんとなくモチベーションが上がらず、勤労意欲のようなものも湧いてきませんでした。

当時は肩こりもあり、コンディションは良くなかったのですね。

「休み疲れ」という言葉がありますが、そのような状態だったのでしょう。

どうしてそのような状態になってしまったのか。

今なら答えはわかっていて、「スイッチを完全にOFFにしてしまったから」です。

平日、仕事で稼働させていたエンジンを完全にストップさせてしまったということですね。

体を流れていたエネルギーが止まり、停滞してしまっていたのです。

「アクティブレスト」という言葉がありますが、本来、疲れをとりたいのなら、適度な運動をしてリフレッシュしたほうがいい。

そういった知識もなかったので、私は「休む=何もしないでダラダラすること」という意識だったのです。

 

エネルギーはためこまずに放出して、次の活動につなげる

このような経験があるので、私はなるべく「常に稼働している」という状態を意識するようにしています。

週末の時間を有効活用するために。オフの2日間も「稼働している状態」をつくろう。

ですから、この3連休も毎日コーチングセッションを入れていましたし、ブログも書きました。

休みなのですから、コーチングの約束を入れずに、お昼まで寝る日があっても大丈夫かもしれません。

しかし、それをやってしまうと、平常運転に戻すことが大変になるのですね。

ですから、休みの日も午前中にコーチングセッションを入れるようにしているのです。

その方針を考えたときは、私も「せっかくの休みを楽しめないし、仕事が中途半端になるのではないか?」と思ったことがあります。

たとえば、3日で3セッションするなら、1日にまとめて3セッション入れて、残りの2日をOFFにした方がいいのではないかと。

それも1つの考え方でしょうし、私もそうすることはあります。

ただ、基本的には平均して取り組んだ方がトレーニングになると思っているので、このようにしています。

質問力を高める方法。アプリ「ミタイム」を活用して毎日質問に答える習慣をつける。

また、休みの日であっても、自分の未来につながる第2領域の大事な活動に朝から取り組めるというのは、私にとっては快感なのですね。

朝一番に重要な活動を終えておくことで、その後の家族との時間にも没頭することができます。

目の前のことに集中できることで、時間あたりの集中度が高まり、楽しさも増すわけです。

もちろん、先も述べたように、体が悲鳴をあげるほど働き続けようとは思いませんし、言いません。

しかし、エネルギーを無駄にため込んではもったいないです。

好きな仕事をして、行動して、運動して、遊ぶこと。

そのエネルギーをさらに発電して、次の活動につなげていくようにしていきましょう。

そのサイクルを繰り返すことで、あなたの力強いパワーと自信が積み上がっていくはずです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、午前中にコーチングセッションを1件。

経営者の方からのご相談でした。

午後は家族と過ごしつつ、夕方に妻から時間をもらって執筆のプロジェクトに集中。

自宅だと誘惑が多く、集中しづらいときがあるので、ありがたかったです。(^_^)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-やりたいこと・天職・才能・強み, 良習慣

執筆者:

関連記事

手っ取り早い自分軸のつくり方

■自由になるためにビジネスをしよう!(本田直行さんのサンプリング 笑)   カジケンさんの「カジケンブログ」にあった西原理恵子さんの記事が面白かった!   ※参考 「男も女も一生稼 …

「行動の先送り」を防ぐコツ

■ロードバイクのスタンドが届きました 8月末にロードバイクを購入してから時間がたってしまいましたが、ようやくバイクスタンドを購入しました! 室内の縦置き型です。 (こんな感じです)

ミスのダメージはひきずらないほうがいい。私が取り組んでいる3つの方法。

日常生活を送っていたり、仕事をしていれば、ミスはつきものです。 たまにダメージの大きいミスをしてしまうときもありますので、自分なりに対策を考えておきましょう。   スポンサーリンク &nbs …

習慣化に需要なのはどっち?ロジカル・シンキングか、それともインスピレーションか。

習慣化したい行動がたくさん出てくると、 ・理詰めで考えた習慣 か、 ・直感で考えた習慣 か、どちらを優先したほうが良いのか迷うときがあります。 そのようなとき、私は「直感」で選んだ習慣を選択するように …

「一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?」に学ぶ!セルフコーチングに役立つ10の質問。

「積ん読本を30冊以下にするまで新刊は買わない!」 年始にたてた私の誓いが、またも破られました(笑)。 友人が読んでいた本に興味を持ち、すぐに購入してしまったのです。(^_^;) それが、本書「一流の …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031