【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣

予定調和の会話を捨てて、ピリッとするような「いま、この瞬間」の対話を味わう。

投稿日:

Pocket

中長期視点でみた場合、計画というのはとても重要なものです。

ただし、対話やコーチングセッションのような場では計画よりも、「いま、この瞬間」を大事にしています。

 

スポンサーリンク


 

対話に台本は使えるのか

4年前に、コーチングスクールで「セッションの組み立て方」を学んだときのことです。

テキストには、「コーチングセッションというのは、基本的にはこのような型があり、この流れでやりましょうね」という教えがありました。

「なるほど、こうやればいいのか!」と。

その流れを頭にいれて、コーチングセッションをおこなうわけですね。

しかし、もちろん「型」はあくまで「型」。

台本のようなものではありますが、そこは演技と同様、本番が「スタート!」とはじまってしまえば、どうなるかは誰にもわかりません。

当時、コーチングスクールでは、クラスの段階ごとに講師であるプロコーチからコーチングセッションを受ける機会がありました。

テキストの雰囲気を知るために、セッションの型を意識しながら進める予定にはなっていたのですが、開始早々からセッションのストラクチャーどおりには進みませんでした。(笑)

結果、その場の雰囲気で対話を終えました。

私は講師の方に「ストラクチャーどおりにはやらないものなのですね」と言ったところ、実際のセッションではストラクチャー通りに進むことというのはほとんどないから、と言われ、驚きました。(^_^;)

講師から、「だって、機械みたいなセッションしても、おもしろくないでしょう?」と。

たしかに、私はクライアントとしてセッションを受けてみて、満足度は高かったのですよね。

 

いい質問とは相手のための質問になっていること

コーチとは、クライアントの本音を引き出すパートナーのような側面もあります。

よい質問ができるコーチは、「いま目の前の人から何を引き出すことができればクライアントのためになるか?」を意識して、アドリブで対応していきます。

もちろん手ぶらではなく、あらかじめクライアントの背景を教えてもらい、どのような人柄なのかを知り、今回のテーマにそってどのようにセッションを展開していくのか、イメージや想定をします。

そのような想定をしておくのは、セッションをよい時間にするために必要なステップだと思っています。

しかし、いざセッション本番がはじまれば、「いま、この瞬間」を大事にすることにフォーカスを変化させます。

想定していたことはいい意味で手放して、目の前の大事なものに焦点をあてるようにするのです。

反対に、無理にストラクチャーのとおりに進めたり、あらかじめ用意していた質問を使おうとすると、的をはずした質問になることが多いのですよね。
(これはコーチが1度は通る道です・笑)

コーチングを習いたての頃は、想定問答集がないと不安でセッションができませんでした。

でも、当然のことながら相手は自分の予定していた答えではありません。

それどころか、まず間違いなく自分の想定とは異なる方向の答えが出てくるものです。

その恐怖から、経験が少ないときは、相手の答えを誘導したくなることもあります。

ただ、それでは、相手の本当の想いを引き出すことはできないのですね。

 

計画どおりにいかない対話を楽しむ

よい質問ができる人というのは、答える「相手のための質問」ができる人です。

ですから、その場で「いま、この瞬間」に質問をくり出していくことが大事なのですね。

セッションの「型」どおりに進むことはないというのは先述のとおりなのですが、想定や準備をしておくことは大事です。

私も「今日はどんなテーマになりそうかな」と考えておくこともありますし、事前にテーマがわかっていたらクライアントさんに教えてもらうこともあります。

この準備はとても大事で、欠かせないプロセスです。

ただし、それにとらわれすぎずに、「いま、この瞬間」に集中することが大事なのだと思っています。

セッションのストラクチャーをはずれるからこそ、思いがけない本音や気づきが出てきたりして、充実したセッション時間になるものだからです。

たとえば、旅行のツアーパックのように、綿密な計画どおりにいけば安心感はあるでしょう。

コーチングでいえば、ストラクチャーの順番どおりに質問していけばいいのかもしれません。

でも、それでは思いがけない体験もなく、インパクトある気づきも起きない可能性が高いと思います。

計画しすぎると、計画以上のことが起こらないという側面もあります。

それよりも、「いま、この瞬間」を大事にして、その場の空気感や直感を選択すること。

それによって、いい意味で予定調和を崩せるのです。

ですから、2人以上での会話や対話では、計画や必要以上の想定を手放してみることです。

そのようにして、「いま、この瞬間」を大事にしていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりでコーチング練習会に参加。

クライアント役では思わぬ気づきがあり、ちょっとウルッとしてしまいました。(^_^;)

コーチ役はもちろんのこと、アセッサー役もけっこううまくなってきたなぁ、自画自賛していました。(笑)

でも、アセッサーとして、セッションを評価・査定できるようになるということは、コーチングの上達に確実につながっていくはずだと思っています。

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

プロコーチは受験生にどのように接するのか?私が活用している言葉がけ3選。

会社や組織だけでなく、家庭でもコーチングのアプローチは機能します。 私が活用しているのは、一方的に責めたてる叱りかたや押しつけではなく、前向きに一歩を踏み出せるような姿勢をつくりだすことです。 そのよ …

コーチングの依頼をおことわりするという苦渋の決断。「おまかせします」思考ではコーチングの成果は出ない。

コーチとクライアントは、言うまでもなく、双方向のコミュニケーションをとることが重要です。 よく、誤解されている方が多いのですが、コーチとクライアントの関係は、先生と生徒のような上下関係ではありません。 …

目標設定がうまくいくコツ。「Have→Do→Be」ではなく、「Be→Do→Have」の順番で考える。

「目標を立てたけれど、ブレーキがかかって動けない」ということはありませんか? そのようなときは、「Have・Do・Be」の視点から目標をとらえ直してみましょう。   スポンサーリンク &nb …

「ノルマ」と「目標」は違うもの。成果を上げる人がゴールの先に見ているものは何か?

目標達成とは、「苦しみながら挑戦するもの」だととらえる人がいます。 もちろん、まったく努力なしに目標達成をすることは難しいかもしれません。 では、自分の基準を上げながら目標をどんどん達成していく人は、 …

相手の行動をうながしたいなら、細かいテクニックではなく「信じる」マインドが大事。

部下や子どもに対して「こんな風に動いて欲しい」と思ったことがある人はいますか? 相手の行動をうながすためには、実はあまり細かいテクニックは通じません。 実際には、相手以上に相手の能力を信じ切るマインド …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら