【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

やりたいこと・天職・才能・強み

仕事とプライベートを区切らない。両方に全力で立ち向かって好循環を起こそう。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

仕事とプライベートのバランスをどうとるか。

私は、バランスをとるよりも、どちらにも全力で立ち向かって、活力源にしていくことをおすすめしたいです。

 

スポンサーリンク

 

「やりたいこと」は仕事か、プライベートか

10月に掲げた「やりたいことリスト」は10個。

「大量行動実践会」のテーマ、「未完了を完了する」に合わせたものでした。

「やりたいこと」リストを1年で100個にしたのは、「3日に1個くらいやりたいことができれば、人生の充実感が高まる」という、私の経験からです。

また、これは偶然だったのですが、「大量行動実践会」で1ヶ月に10個のアクションに焦点をあてます。

すると、1ヶ月に10個くらいのアクションリストは、3日に1個くらいの「やりたいこと」を達成する感覚と同じだったのです。

やはり、これくらいのボリュームがちょうどいいのでしょう。

これは、私の仮説を裏づけてくれるものでした。

さて、そのようにして「やりたいこと」をやっているときに、ふと思ったことがあります。

それは、

・「やりたいこと」をやっているのは自分欲求を満たすため

・ただ、「やりたいことをやりましょう!」と言っている人が「やりたいこと」をやらないのはおかしい

・「やりたいこと」セミナーやコーチングで「やりたいこと」をおすすめしている身としては、ある意味で仕事でもある

ということです。

要は、

・「やりたいこと」をやるというプライベートなアクションが、同時に仕事にもつながっている

ということだと思ったのですね。

また、同時に感じていることは、「仕事とプライベートをきっちり区切っていた時代よりも、いまの方が楽しい」ということです。

 

公私混同しながら全力を出す

仕事とプライベートの区切りとは、

・職場でプライベートな話はしない
・仕事は家庭に持ち込まない
・就業後は会社の人たちとはつき合わない

といったことですよね。

そのようなスタイルを好ましいと思ったこともあります。

しかし、40歳をすぎて現実を見ると、仕事でもプライベートでも、充実したライフスタイルをつくり上げている人は、仕事とプライベートに区切りを持たない人たちです。

それは、「公私の区切りがあいまい」ということではありません。

どちらかといえば、仕事もプライベートも、全力で立ち向かっているということです。

仕事もプライベートも全力で楽しんでいるからこそ、プライベートでの経験が仕事に活きたり、逆に仕事の経験がプライベートに活きる、というスタイルなのですよね。

たとえば、経営者や起業家にはトライアスロンをやっている人が多いです。

それは、トライアスロンのレースやトレーニングにおいて欠かせない、

・タイムマネジメントの重要性
・健康維持や体力増進
・成長を目指し、トレーニングを実行する

といった要素が、仕事にも活きてくるからでしょう。

 

仕事とプライベートに相乗効果を引き起こす

仕事とプライベートをきっちり分けるというのは、どこかでブレーキをかけるようなイメージがあります。

ブレーキをかけるということは、いったん力を抜くということですよね。

つまりブレーキがかかれば、全力を出しきっていないということになります。

そうなると、公私に渡るエネルギーも区切ることになり、せっかくのいいエネルギーが遮断されてしまうのだと思うのです。

もちろん、リラックスタイムやぼんやりする時間は大切です。

休憩がなければ、いいパフォーマンスを発揮することは難しいので。

でも、人生のあるタイミングでは、思いきって仕事やプライベートの線引きをせずに、両方とも思いっきりアクセルを踏む時期があっていいはずです。

もし、思いっきりアクセルを踏むタイミングがないというのであれば、それはそれで少しさびしいことかもしれません。

全力を出すという行為が非日常であれば、勢いあまってバランスを崩すこともあるでしょう。

ワークライフバランスという言葉がありますが、それよりも、ライフ全体に好循環が生まれる「ワークライフマネジメント」という発想を好んでいます。

ですから、仕事とプライベートできっちり区切るより、「メリハリをつける」という考え方の方が、私にはしっくりきます。

トライアスロンのバイクのように、フラットな道では1番重いギアで負荷をかけてこぐように、行動を積み重ねる。

坂道があれば、ギアを軽くして、アクションをとめないようにする。

そのような実績が、今後の人生を充実させてくれるように思うのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、予定していたコーチングセッションがクライアントさん都合で延期に。。。

そこで「習慣化の学校」のメルマガを執筆して記事の貯金をつくりました。

時間が無駄にならずにすみました。(^_^)

【募集中】
■2017年10月19日(木) 19:30〜21:30:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

■2017年10月26日(木) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年11月2日(木) 19:30〜21:30:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-やりたいこと・天職・才能・強み

執筆者:

関連記事

やりたいことに蓋をしてはいけない。ちりが積もらないように見える化しておこう。

「やりたいこと」は常に意識しておかないと、「ちり」がつもってしまいます。 ちりがたまらないように、欲求の輝きが見えるようにしておきましょう。   スポンサーリンク   目次1 やる …

あなたが没頭する対象は何か?「やりたいこと」のヒントは過去にある。

夏休みの帰省中、両親に直接ききたかったことがあります。 それは、 「私が子どもの頃に、没頭していたことは何だったのか?」 という質問です。 これは「自分が何をやりたいのか?」ということを明確にするため …

「やりたいこと」は自分本位で。ほかの人の評価よりもマイペースがいい。

自分が「やりたいこと」には、本来ほかの人からの評価は必要ないものです。 「やりたいこと」は、自分本位で考えましょう。   スポンサーリンク   目次1 「やりたいこと」に時間を投資 …

自分の才能や強みに気づく方法。「ほかの人から感謝される」ことに変態性が潜んでいる。

自分が持っている才能や強みをどのように知るか。 それは、「ほかの人に感謝されること」に眠っています。   スポンサーリンク   目次1 誰もが持っている「変態性」2 自然にできる「 …

知らない世界に出会う贅沢。「新しい何か」は何もしない非日常に勝る。

「アイデアは移動距離に比例する」という高城剛さんの名言があります。 私も共感する言葉ですが、なぜ高城さんの言葉に共感するのか? その裏側を考えてみました。   スポンサーリンク   …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031