【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動習慣

「面倒くさい」を乗り越えるパワーを得るために、ゴールイメージを描く。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「習慣化」というゴールを達成しようとすると、ついプロセスばかりに意識がとんでしまいます。

ただ、より重要なのは、ゴールの状態をイメージすることです。

 

スポンサーリンク

 

習慣化の大敵、「面倒くさい」

習慣化の取り組みに苦しんでいるクライアントさんたちを見ていると、やはり習慣化というのは言うほど簡単なものではないのだと感じます(もちろん、成功している人たちのほうが多いのですが)。

たとえば、「今月は、片づけを習慣化する!」と自分で決めて、コミュニティーに宣言したとします。

初日を迎え、帰宅して片づけにとりかかります。

するととたんに、「なんか・・・面倒くさい」という気持になり、「まあ、今日は疲れているから・・・」となります。

ただ、次の日も、また片づけをしようとすると、「面倒くさい」という感情が訪れて、「明日からにしよう」と先のばしをします。

そうして結局、3日目も「面倒くさい」に勝てず、「もう、来月からにしよう・・・」となるわけです。

この「面倒くさい」という気持は、かなり強敵です。

私も勝てませんし、勝とうと思ってはいけないと思っています(笑)。

勝つのではなく、うまくかわすのです。

 

プロセスのイメージが「面倒くさい」を想起させる

そもそも、「面倒くさい」という感情は、なぜやってくるのでしょうか?

その正体を分解すると、いくつかの要素がありますが、そのうちの1つに、「プロセスをイメージして、面倒くさいことを連想してしまう」というものがあります。

たとえば、先にあげた片づけであれば、片づけはじめたときに「これを捨てるか、とっておくか、どうするか・・・?」と考えたり、「あの本棚を整理するのか・・・。時間がかかりそうだな。」と悩んだりする気持を、無意識に想像してしまいます。

すると、とたんに「面倒くさい」がやってきて、「また今度にしよう。。。」となるわけですね。

運動でも同じです。

「明日、朝起きたらジョギングしよう!」と思って寝ます。

でも、目覚めた瞬間に、「ウェアに着替えて、ストレッチをして、 ポーチを持って・・・」とイメージすると、「なんだか、今日は天気がよくないかも、、、」と、くもりでも雨がふっていることにしてしまう。(私の実話です・・・笑)

家を出てしまえばいいのですが、出るまでが苦痛。

しつこいかもしれませんが、早起きも同じです。

目覚めたときにすぐに起きられないのは、「今日、重たい仕事があったな・・・」と考えたり、寒いリビングで震えるイメージを無意識のうちに考えてしまうのです。

そうして、「面倒くさい」が訪れ、二度寝の旅に出ることになってしまうのですね。

 

ゴールイメージを3つの要素から想像してみよう

人間の本能は、「不快を避けて、快を求める」ものです。

では、「面倒くさい」、つまり「不快」を避けて、「快」につなげるためにはどのようなアプローチをおこなえばいいのでしょうか?

そのためには、行動した結果であるゴールのイメージを描くことです。

それも、ちょっとイメージするのではなく、できるだけありありとイメージするのです。

その行動を「やりたい」と思ったということは、その行動の先のメリットを求めているからでしょう。

「片づけを習慣化しよう」と思った人は、きれいな部屋で気持よく生活をしたいと思っているからです。

でも、そのゴールのイメージが弱いのです。

プロセスのイメージのほうが、部分的なものなので簡単にイメージできます。

そのため、プロセスのイメージに負けてしまうのです。

運動が面倒くさいのは、ジョギングするまでのプロセスをイメージしてしまうからです。

そのような場合は、とりあえず「家を出る」までをゴールにしてみましょう。

家を出れば、戻りたいとは思わないはずです。

早起きであれば、朝日を浴びて、換気をすることで朝のクリーンな空気を体に吸い込む。

そうして、朝からコーヒーを飲んでゆったりとした時間をすごしている自分をイメージしてみるのです。

まとめると、習慣化の際の「面倒くさい」をのりこえるためには、行動のプロセスではなく、ゴールしたときの「快」をイメージすることが大事だということです。

そのイメージが具体的であれば具体的であるほど、モチベーションが湧いてくるものです。

ゴールをイメージするコツは、以下の3つの要素、

・目に見えている映像はどのようなシーンか?
・どのような音が聞こえているか?
・そのとき、どのような姿勢をとり、体に感じていることが何か?

というポイントから想像してみることです。

今度、あなたのもとに「面倒くさい」がやってきたら、その行動の先にあるポジティブなゴールを想像してみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、「習慣化の学校」サポートメールの返信デー。

そんなとき、習慣化の師匠から、ちょっと新しいテーマでの絶妙なキラーパスがやってきました。

うーん、、、今の私にできるかどうか。。。

悩みどころです。

ただ、ここで逡巡するとチャンスがなくなってしまうので、「やります」と言ってしまいました。(笑)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-行動習慣

執筆者:

関連記事

「本当はできないかも・・・」に対抗するには、心の中の船の舵をゴールに向け続けること。

目標を達成するためには、まずはゴールに向けて焦点をあて続けることです。 それは船の舵を握るようなもので、蛇行しながらも進めていくことが必要だと思うのです。   スポンサーリンク   …

満員電車の苦痛を避けて、通勤時間を自己投資のゴールデンタイムに変える。

私にとって電車での通勤時間は、自己投資のゴールデンタイムです。 10年前は大混雑の電車に乗ることが苦痛でしたが、工夫をしながら自己投資のゴールデンタイムに変えてきました。   スポンサーリン …

新しい習慣化をスタートする際に取り入れて欲しい「自分を子どもに見立てる」視点。

新しい習慣をうまく定着させるためには、いろいろなコツがあります。 そのうちの大事なポイントの1つは、「新しい習慣化にトライする自分を子どものように見立てる」ということです。   スポンサーリ …

正解を求めて完ぺきを待ってはいけない。自分の生き方を◯×で決めないようにしよう。

テストで98点や95点だと「100点じゃなかった」「どこを間違えたんだろう」ということで間違いに目が行きがちです。 しかし、正解ばかりを求めすぎると自分の可能性を狭めてしまいます。   スポ …

専門家の意見も大事だけれど、自分の直感と感情も大事にしてみては?

新しい行動を習慣化しようとする前に、いろいろな情報を収集することはある程度までは必要です。 しかし、大量の情報を仕入れすぎてスタートできなくなることがありませんか? リスクが大きくないことであれば、と …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30