【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)の習慣

アイデンティティーに悩む自分から脱出する方法。

投稿日:2019/02/21

Pocket

自分の役割やアイデンティティーに悩んでいる人はいますか?

自分に肩書を増やす許可をするためには、まず自分に許可を出し、時間をかけてなじませることです。

 

スポンサーリンク


 

自分に肩書を増やす許可を与えるタイミング

コーチングを仕事にするようになって数年して、あるとき自分に許可を出したことがあります。

それは、

・自分を「プロコーチ」として名乗っていい

という許可です。

もう少し正確に言うと、自分に対して、「肩書にプロコーチを追加していいよ」というOKを出したのですね。

最初にその許可を感じたときは、コーチングが100時間をこえた頃。

「100記事書いたら、自分をプロコーチと名乗ってもいいのではないか?」という思いがありました。

1日の中で少なくない時間をコーチングに投資していましたし、スクールから認定は受けていました。

それまでにも、「お金をいただいているんだし、プロコーチという肩書を名乗っても問題ないのではないか?」とは思っていたのです。

しかし、周囲にたくさんの先輩プロコーチがいたので、その人たちを見ていると「いやいや、自分くらいのレベルでプロコーチと名乗るはまだ早いだろう」という風に感じていました。

それでも、100時間を超えたところで「100時間もコーチングに投資したのだから、そろそろプロコーチを名乗ってもいいだろう」と、今から考えるとなぜかよくわからない基準(笑)があったのですね。

そうして、徐々に自分に「プロコーチ」という役割をなじませていきました。

すると、何が起こったか。

私は、自分の意識の役割の中に「私はプロコーチである」という言葉が芽生えてきたのです。

すると、外を歩いていても、映画を見ていても、本を読んでいても、「コーチとして成長できることは何か?」という意識が育ってきている自分がいることに気づきました。

「私はプロコーチである」という役割。

要は、「アイデンティティー」ですよね。

自分の中にこのような「役割」が確立すると、自分の軸が1つ太くなったような気がしたものです。

 

誰でもアイデンティティーを持っている

「私はプロコーチである」という意識が定着すると、日々の行動の優先順位が変わります。

「私はプロコーチである」は個人の役割でありアイデンティー。

そして、「プロコーチとしてクライアントさんの人生を成功させる」というのが役割であり、プロコーチとしてのアイデンティティーとなります。

私たちは誰でも、アイデンティティーを持っています。

「私は営業マンである」と思っていれば、自分の中の「営業職」のイメージを優先して実行されます。

家に帰って「私は夫である」と思っていれば、自分の「夫」としてのイマージ通りに振る舞うわけです。

このように、同じ人であっても、アイデンティティーが変われば、行動も変わります。

この切り替わりは、自然におこなわれるものです。

帰宅する前に自宅の扉を開ける前に、「よし!夫モードになるぞ!」と意気ごんでからドアを開ける人はいませんよね(笑)?

一方で、アイデンティティーが行動をじゃまするときもあります。

たとえば、先の私のように「まだまだルーキーコーチだから」というアイデンティティーを与えているとします。

そのときに経営者の方から「伊藤さんを1ヶ月10万円のフィーで雇いたい」と言われても、「いやいや、私なんてそこまでのコーチではないですから・・・」と尻込みしてしまうのです。

「私はいつも続かない人間だ」という役割を自分に与えていれば、習慣化も難しくなるでしょう。

結局、いつも成果をあげる人や常に目標達成をしている人は、自分に与えているアイデンティティーが、「自分は成果をあげあれる人間だ」「自分は目標達成が得意だ」という風になっているのです。

ですから、少しくらい現実が計画と違っていても修正をくり返して、最終的にゴールにたどり着くことができます。

 

自分の中のアイデンティティーを育てていこう

さて、あなたはご自身のことを、どのような人間だととらえているでしょうか?

あなたの役割は何でしょうか?

あなたのアイデンティティーは何でしょうか?

この「自分のアイデンティティーを何と定義するか?」という問いには、多くの人が少し困ってしまうと思います。

もしも会社員の方であれば、「A社の営業部に所属している営業マンです」と一応は定義できるかもしれません。

会社の中ではっきりとした役割が与えられているからです。

しかし、私が複業でひとりビジネスをおこなって感じたのは、この「自分はどのような役割を持っているのか?」という部分でした。

先ほどの「私はプロコーチである」というアイデンティティーは、確かに私の自分軸を太くしてくれるものでした。

ただ、同時に「私はプロコーチである」だけでは弱いのだ、ということも理解しました。

「ただのプロコーチ」では、ビジネスにならないからです。

さらにアイデンティティーをしぼり込まなくてはなりませんでした。

こうなると、「コーチはどんなアクションを起こすのか?」という問題ではなく、「コーチとして自分はクライアントにどんな役割を果たせるのか?」ということが問われるようになるわけです。

ここが結実したとき、さらにアイデンティティーが強くなり、新しい自分の役割が引き出されます。

たとえば、ジャニーズやAKBグループのようなアイドルは、センターを飾る人がいるときにはあまり目立たなかった人がいますよね。

でも、センターの人が卒業して自分がセンターの役割を果たすようになると、急に輝き出すことがあります。

その人はセンターに抜擢されたときに、急にリーダーシップが発揮されたのでしょうか?

いや、そうではないと思うのです。

その人がもともと持っていたけれども隠れていた「センターの役割を果たすという資質」があり、「私がセンターである」というアイデンティティーが引き出されたのですね。

そうして、「センターの人らしく振る舞うようになる」というわけです。

そのように、その人のキャラクターや行動を変えるくらいに、アイデンティティーというのは重要なのです。

ですから、「なりたい自分」になるために、早く名乗ってしまい、時間とともに育てていきましょう。

私が「私はプロコーチである」という役割から、少しずつアイデンティティーを太くしていったような役割が、あなたにもあるかもしれません。

ご自身の中にあるアイデンティティーのパワーを活用して、自分の才能をどんどん発揮していくようにしましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりでコーチングセッションを2件。

どちらのセッションも集中できました。

セッションログに返信してくださったクライアントさんたちのフィードバックも上々でうれしい限りです。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)の習慣

執筆者:

関連記事

あなたも私と同じ失敗をしていませんか?憧れの人を真似ても成果がでない理由

憧れの人や師匠がやっていることを真似することはとても大切です。 短期間で成果を上げるために欠かせないことの1つだと思います。 しかし、真似をして効果を出すために注意しておきたいポイントがあります。 そ …

やりたいことをマルチタスクですすめるポイント。「区切り」を手放し、「カオス」を覚悟する。

「仕事とプライベート」に代表されるようなワークライフバランスのような「区切り」。 欲ばりな私のような人(笑)は、そのように「仕事とプライベート」をきっちりとわけることはできるのでしょうか? &nbsp …

ひとりビジネスで大事にしたい活気・にぎやかさ・盛況感。

ひとりビジネスをやっていると、「活気やにぎやかさって大事だよな」と感じます。 そのように感じた経緯と私が盛況感を出すためにおこなっている活動を記事にしました。   スポンサーリンク &nbs …

複業(週末起業)に取り組んでいるとよく聞かれる4つの質問と私の考えかた。

複業(週末起業)に取り組んでいると、よく質問されることがあります。 その質問に対する私の答えと考えを記事にします。   スポンサーリンク   目次1 会社員以外の仕事を持つことは特 …

自分の心の中の「やってみたい」を無視しない。その「やってみたい」は複業や天職につながっているかもしれません。

先日、「伊藤さんは、最初からコーチングをやりたいと強く思っていたんですか?」と質問されました。 頭で強く思っていたのではなく「やってみたい」と心が感じた、と答えました。   スポンサーリンク …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら