【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動習慣

「1日に4回のタスク」をどう扱うか?小さなタスクをリマインドする工夫。

投稿日:2017/04/20 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

イレギュラーで飛び込んできた小さなタスク、忘れがちではないでしょうか。

今回の私にふってきたのは「一定の間隔で目薬をさす」というもの。

ちょっとした工夫で思いのほかうまくいったので、記事にしてみました。

 

スポンサーリンク

 

突然やっていたものもらい

先日、目に「ものもらい」ができてしまいました。(T_T)

手洗いには気を使っているつもりだったので、何が原因かはわからないのですが。。。

当初、まぶたにあった違和感を2日ほど放っておいてしまいました。

私の得意な自然治癒か、もしくはビール等で体内からアルコール消毒できないか試してみましたが、、、もちろんだめでした。(笑)

3日目にして腫れがひどくなってきたので眼科にいくことに。

眼科の先生に教えてもらったことですが、ものもらい(まぶたの腫れ)には2種類あるそうです。

症状が軽ければ1週間程度で落ち着くそうですが、ひどい腫れだと治るまでに3ヶ月かかるケースもあるのだとか。

私が診察してもらった結果では、「ひとまず大きな異常は見られない」ということだったのでひと安心。

目薬だけ処方してもらうこととなりました。

ただ、帰り際に先生から「もし1週間たっても腫れがひかないようなら、もう1度きてくださいね。」ということを言われました。

そんなコメントがちょっと気になりつつ、薬局へ向かいます。

薬局で薬剤師さんから目薬を渡され、「こちらの目薬を1日に4回、朝・昼・晩・寝る前という感じでさしてください。」と言われました。

「1日に4回、、、けっこうささないといけないんだなぁ・・・。」という感じです。

ただ、「もし1週間で治らなかったら、3ヵ月もこの状態(まぶたがかなり腫れている)か。。。」と考えると「早く直さないとまずいよね、絶対。」という気持になりました。

すでに次回の早起き習慣化セミナーにはお申込みを頂いていますし、ものもらいになっている人からセミナーを受けるのは、受講生としてはあまり気持のいいものではありませんものね。(^_^;)

 

小さなタスクを忘れないための3つのリマインド

そこで、「1日4回、忘れずに目薬をさす習慣」という個人プロジェクトを発足させました。(笑)

実践したのは、以下の3つの方法です。

 

1:リマインダーアプリを使う

まず最初に、iPhoneにデフォルトで入っている「リマインダー」というアプリを使うことにしました。

「目薬をさす」という項目を4つ設定し、朝6時、昼12時、夕方18時、寝る前22時という項目を設定するのです。

その際に、「くり返し」かつ「毎日」で登録しました。

こうすることで、1日に4回、目薬をさすことをリマインドしてくれます。

 

2:Googleカレンダーに登録する

ただ、リマインダーの設定くらいで忘れないのであれば、なんの苦労もいりません。

iPhoneにリマインダーを設定していても、忘れてしまうのが私なのです・・・(苦笑)

そこで、2重の防止策として、「Googleカレンダー」にもリマインドを登録しました。

「リマインダー」アプリと同じ時間ではなく、30分遅らせて設定しました。

もちろん、カレンダー側にもリピートを設定します。

これで、iPhoneのリマインドをスルーしてしまっても、メールチェックをする際に、「目薬をさす」というタスクが自動的にふってきます。

「目薬をさす」というタスクが終わるまでは、メールを消さないようにするマイルールも設定しました。

 

3:常に目につくところに置いておく

タスクが漏れてしまうのは、つき詰めると「忘れてしまうから」でしょう。

それであれば、もっとも簡単な防止策は、「対象物を目に見える場所に置いておく」ということです。

自宅ではリビングのテーブルに置いておきました。

食事の際に必ず目につきますし、もっとも長くいる場所だからです。

職場では、デスクの上に置いておきました。

外出時には、バッグの中の財布を入れるポケットと一緒に入れましたので、目薬の存在が嫌でも目にはいります。
(いま書いていて気づきましたが、目薬が目に入るという表現は目がかさなっていますね・笑)。

このように目薬の存在をリマインドすることによって、目薬をさすというタスクを忘れない環境をととのえたのです。

 

リソースが少なくても工夫を考えるのも習慣

1日に4回、忘れずに目薬をさす。

こんなに大げさなことをしなくても、簡単にできる方もいらっしゃいますよね、、、きっと。

「それくらいのこと、忘れるわけないじゃないか」と。

ただ、私に言わせていただくと、「それくらいのこと」だから忘れてしまうのです。(^_^;)

1日のうちに、ほかにやるべき重要なタスクはたくさんあるからです。

「目薬をさす」という行為は、自宅や会社など使う場所も変わりますし、行動する時間帯も異なります。

つまりは、パターンもタイミングも変わるのですね。

パターン化できない、タイミングを一定にできない、というのは習慣化にとってはハードルです。

普段なら、このようなケースでは、私は「2つ以上同じものを持っておく」という工夫を考えます。

移動中やランの際にオーディオを聞けるように同じイヤホンを4本持っていますし、どこでも時間の制限を忘れないように同じタイマーも3つ持っていますので。

ただ、薬局で処方してもらった目薬は1本でした。

あえて目薬を追加で購入して、増やすこともやりませんでした。

でも、早く治すにこしたことはありませんから、できるだけ忘れないように点眼する工夫を考えてみた、というのが今回の実践です。

実際、今回の方法で試したところ、ほとんど目薬をさし忘れることはありませんでした。

おかげで、1週間もたたずに目の腫れは治まり、いまでは普段通りに戻っています。

今回のような工夫は、とても小さなことかもしれません。

でも、小さなタスクだからこそ、リマインドして忘れないような工夫を考えたいものです。

このような小さな仕組みづくりをトレーニングしておくことが、ビジネスやプライベートでの重要なタスクをクリアするために、意外と効いてくるものなのだと考えています。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

トライアスロンのレースに、6月の「第31回 NISSAN CUP トライアスロン大会」を選びました。

友人たちがロングや楽しそうな場所でさくさくエントリーを決めている中で、ようやくですが。。。

しかし、(また)タイミングが悪く、、、1人でのレースになりそうです。

昨年は最下位だったので(汗)、なんとか抜け出したいものです。

そのためにも、スイムを定期的に習いに行こうかと考えています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-行動習慣

執筆者:

関連記事

正解を求めて完ぺきを待ってはいけない。自分の生き方を◯×で決めないようにしよう。

テストで98点や95点だと「100点じゃなかった」「どこを間違えたんだろう」ということで間違いに目が行きがちです。 しかし、正解ばかりを求めすぎると自分の可能性を狭めてしまいます。   スポ …

デジタルタイマーの活用で「とことん没頭する時間」を最大限に楽しむ。

人生において、楽しみや趣味の時間、いわゆる「フロー」に入る時間は不可欠です。 しかし、それだけをずっとやっていられる人は限られているでしょう。 時間を忘れて熱中しつつも、タイムリミット効果をうまく活用 …

あなたは「イレギュラーに負ける人」か「イレギュラーをバネにする人」か?

1週間のスケジュールを最適化するための実験を繰り返していましたが、定着までに3ヶ月くらいかかってしまいました。 まだまだ改善の余地はありますが、落ち着いてきたポイントは、「イレギュラーにどう立ち向かう …

習慣化を目指すなら絶対に手放して欲しい。自己否定・自己不信・自己卑下の罠。

幸福な人生をすごすために確実に不要なものがあると思っています。 それは、「自己否定・自己不信・自己卑下」です。   スポンサーリンク   目次1 すべての行動につながる「モチベーシ …

割り込み仕事が計画を台無しにする?プランニングした1日のスケジュールを持つメリットを考える。

息子が夏休みに入り、「夏休みの一日のスケジュール」を作成していました。 私も小学生や中学生時代につくった記憶がありますが、まさに「絵に描いた餅」でした。。。 さて、大人になったあなたは、計画倒れに「流 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31