【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動習慣

習慣化を42%以上の確率で成功させるコツは、スタート時期の頻度を「毎日」にすること。

投稿日:2018/07/07 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

行動習慣をスタートした時期の「反発期」で挫折する人の確率は、42%にものぼると言われています。

逆にいえば、そこを乗りきれば6割近くの確率で習慣化に成功するわけですね。

乗り切る最大のポイントは、「頻度を高める」ことです。

 

スポンサーリンク

 

習慣化のコツは頻度を「毎日」にすること

「1日2食」の習慣にトライして、100日を越えました。

この習慣に関するメリットやデメリットはあらためて記事にする予定です。

それよりも今日の記事でお伝えしたいのは、

・習慣をスタートした時期は、毎日やるほうが習慣化しやすい

ということです。

これについては、インプット系の習慣とアウトプット系の習慣で、また枝葉に分かれるところがあると思っているのですが、それはまた別の機会にあらためます。

そう、今日のテーマはシンプルに、

・習慣をスタートした時期は、毎日やるほうが習慣化しやすい

です。

これに関してわかりやすいのは、禁煙のような「やめる習慣」です。

たばこは「ときどきやめる」だと、かなり難易度が高いでしょう。

少なくとも私は、たばこを「ときどき吸って、ときどきやめている」という人に出会ったことがありません。

それよりは、禁煙のように、すっぱりと完全にやめてしまったほうが楽です。

良習慣を定着させるときも、同様で、「毎日やる」ほうが実際はシンプルなのです。

 

「やるか、やらないか」という判断エネルギーを使わない

ところが私たちは、

・週に1回ブログを書く

ほうが、

・毎日ブログを書く

よりも簡単だと思ってしまうフシがありませんか?

ここはなぜか、労力で計算してしまうのです。

「毎日ブログを書くのは大変。だけど、週に1回くらいだったらブログを書ける」という風に。

そのような思い込みがあるからこそ、人は週に1回とか、3日に1回のほうからスタートしていき、徐々にその頻度をあげていこうとするわけです。

ただ、それが逆に習慣化の難易度を高める可能性もあります。

今回の私の実体験でいうと、それが、

・「1日2食」の習慣

でした。

以前、ブログにもチラッと書きましたが、この習慣、過去に何度か挫折しています。(^_^;)

おそらく2回か3回は途中でやめてしまいました。

ただ、今回は「レポーティングダイエット」一環でおこなっていたので、継続してきました。

また、レポーティングダイエットが終了したあとも、ひとりで続けることができています(今のところ)。

それまでにやっていたのは、実は、この「毎日やらない」という手法でした。

「1日2食」の習慣について、

・平日だけやる

・2日に1回だけやる

・3日に1回だけやる

といったことを試しました。

そのほうが難易度が低いと思ったからです。

「3日に1回だけやる」というのは一見難しそうなのですが、習慣化の師匠から学んだコツで、「世界のナベアツのように、3のときだけアホになる感覚で、3の倍数のときだけその習慣をやれば忘れない」という方法を伝授してもらいました。(笑)

そのときに考えたいたことは、

・今日は「1日2食」の日だったかな?

・昨日は「1日2食」の習慣やったような気がする

・今日は「1日2食」の日だけど、お腹が減ったから、来週帳尻を合わせよう

みたいに、「そもそも覚えてない」という典型的な失敗パターンに入っていました。

そのようなときに使わなければならないのが、記憶力や意志力、決断力などのエネルギー。

そうしてエネルギーを使わなければならない状態にすると、習慣化は難しくなるのですよね。

 

スタート時の重要ポイントは「頻度」

さて、

・習慣をスタートした時期は、毎日やるほうが習慣化しやすい

というルールを導入すること。

それは「毎日やる」というルールさえ覚えておけば、今日その行動をとるかどうかを悩むことも、決断力を使うこともありません。

そのようにして毎日アクションを起こしていくうちに、「しなければならないやるべきこと」から、「今日もやってみよう」に変わっていくわけです。

ですから、最初はとにかく毎日やる。

根性論のようですが、ゼロにしないで毎日の頻度を大事にすることが大事。

これは習慣化をスタートして最初の1週間や10日くらいは、特に重要になってくることなのです。

ポイントは、できそうにないときにハードルを下げていいのは難易度のほうであり、頻度ではないということです。

頻度を大事にして効果を体感し、習慣化のリズムをつかめるまで毎日やること。

その後、自発的にできるようになったら、頻度を減らしても大丈夫です。

もちろん、いきなりできない行動という場合もあると思います。

たとえば、ブログなら1日に1,000文字も書くのはきびしいといようなケース。

その場合は、「1記事15行から書いてみる」感じでスタートすればいいのです。

本当に厳しいときは例外ルールを適用して、目標も小さく「とりあえず下書きを5行書く」でもいいし、「タイトルだけ考える」でもいいと思うのです。

それよりも、スタート時に必要なポイントは何よりも「頻度」なのです。

・歯磨きをする

・ネクタイを結ぶ

・同じ道を通って通勤する

など、頻度が高いものは無意識の行動につながり、習慣化していますよね。

同じように、習慣化のスタート時こそ、「頻度」を意識してみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりで継続クライアントさんとのコーチングセッションでした。

理想のビジョンを熱く語っていただき、そこから生まれた1,000日のプロジェクト。

スタートは七夕にするというロマンチックさも込めて。(笑)

実現するのは確実・・・だと信じて(笑)、助走のご支援をできるのが楽しみです。(^_^)

【募集中】
・7月19日 19:30〜21:30
今のあなたにぴったりの習慣が見つかる!
「自分の良習慣を発見する」セミナー
〜3年後のあなたに必要な習慣を見つけよう〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-行動習慣

執筆者:

関連記事

習慣化が上手な人に共通するのは、6つのポイントの使いこなし+フィードバックの活用。

たくさんの事例を見ていると、そこからパターンが抽出されてきます。 習慣化のオンラインコミュニティーをサポートさせていただいていると、成果を出せる人のパターンも見えてくるものです。   スポン …

正解を求めて完ぺきを待ってはいけない。自分の生き方を◯×で決めないようにしよう。

テストで98点や95点だと「100点じゃなかった」「どこを間違えたんだろう」ということで間違いに目が行きがちです。 しかし、正解ばかりを求めすぎると自分の可能性を狭めてしまいます。   スポ …

大量のタスクに立ち向かうために活用したい7つの対処法。

今日はタスクに押しつぶされそうな1日でした。(^_^;) でも、7つの方法を試して、大量のタスクに「一矢報いる」ことができたのでご紹介しますね。   スポンサーリンク   目次1 …

不安を減らしたいなら自分を磨く。行動こそが「不安→安定」への変化のポイント。

「安定」や「不安」とはどのようなことなのでしょうか? 「不安」はやっかいなものではありますが、行動し続けることで「安定感」を高めていくことは可能なはずです。   スポンサーリンク &nbsp …

大量行動の実践。自己ベスト更新の習慣が未来の自分を救う。

自分が目指す未来と現実のギャップ。 その差を埋めるのは、いつだって大量行動です。   スポンサーリンク   目次1 大量行動が不発に終わる2 量が質に転化する3 自己ベストを目指し …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031