【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング・NLP

言いづらいことを言うために必要なのは、相手を想う気持と有効なフレーズ。

投稿日:2018/08/11 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

あなたには、「言いたいけれど、言いづらい」と思ったことがありますか?

私は言いづらいことを言わないようしてきましたが、言えるようになってきた経験があるので、心がけていることを記事にしました。

 

スポンサーリンク

 

クライアントさんのマイクレドへのフィードバックをする

先日、コーチングの継続クライアントさんから、いいセッションテーマをいただきました。

それは、

・マイクレドを作成してみたので、伊藤さんにフィードバックしてもらいたい

ということでした。

これは、関係性ができていないとなかなか難しいテーマです。

「クレド」というのは、その人の想いや大事にしている価値観がつまったもの。

ですから、正直、ほかの人のフィードバックを受けるというのは勇気が必要なのです。

プラスのフィードバックだけなら、あまり問題はないのです。

「いいと思います」とか、「すごいですね」だけ言っていればいいからですね。

しかし、フィードバックをするというのは、私が受けとった違和感やネガティブなフィーリングも含めたリアクションが必要です。

そうでなければ、お金を払ってコーチを雇う必要がありませんものね。

ですから、クライアントさんは、それだけマイクレドに対してこだわっているのでしょうし、クオリティーを高めたいのだと感じました。

結果、私も直感や感じたことを率直にお伝えし、クライアントさんからは「伊藤さんにフィードバックをいただいて、より良いものになりました。ありがとうございます!」と言っていただけたので安心しました。

 

「言いづらいから言わない」ほうが不誠実

フィードバックをするというのは、勇気が必要です、

たとえば、言いづらいことは、できるだけ言わないようにするとしましょう。

そうすれば、現状に変化は起きず、争いごともおきません。

関係性も現状維持することができますよね。

事実、エニアグラムでいうタイプ9「平和を好む人」の私は、ずっとそうやって生きてきました。

しかしある時、それでは「人生を変える」というようなインパクトを起こすことが難しいことに気づきます。

特に、コーチとしてクライアントさんの成果を望むのであれば、勇気を持ってフィードバックすることはさけられません。

また、言いたいことをずっとがまんしていると、あまり良くないのですよね。

人によっては、ためこんでいたものを、あるとき突然爆発してしまう人もいます。

そのようなことを防ぐためにも、小さなことでも素直に口に出して、率直な対話をしておくことが重要。

そうすれば、大きなトラブルにはなりにくいでしょう。
(私はこれを、夫婦関係で学びました・・・笑)

ただ、言いづらいことでも(それがときには勇気を出す必要があったとしても)、率直なコミュニケーションを言える関係というのは、雰囲気もいいのですよね。

それなのに、「言いづらいから言わない」というのは、本音を伝えることを避けているだけで、誠実に向き合っているとはいえないように思うのです。

言いづらいことというのは、往々にして相手がダメージを受けるようなことですよね。

でも、思った瞬間に口に出しておいたほうが時間軸でみても、もっともダメージは浅いです。

ですから、早めに軌道修正もできるのです。

 

フィードバックに重要な枕詞としてのフレーズ

これは、家族や恋人などの関係性にも通じるものです。

気になったことや気づいたことは、思った瞬間に伝えるようにしています。

実は、私は、以前はできないことでした。(^_^;)

でも、コーチングでフィードバックの重要性を学び、「家族にも実践しよう」と意識して、行動にうつすようにしてきました。

それができるようになったのは、シンプルなことですが、

・フレーズを活用する

ということです。

要は、「枕詞」ですね。

たとえば、

「今の話をきいてて、ちょっと感じたことがあるんだけど、伝えてもいい?」

という感じのクッションになる言葉を言って、相手に心の準備を伝えること。

これが重要です。

たいていの人は、いきなりフィードバックしたり、率直に言いすぎる傾向があるので、言われたほうは驚いたり、イラッとしてしまうのです。

家族という身近な関係なら、「これは少し直して欲しいな」と思うことがあると思います。

そのとき、すぐに言っておかないとその後も何度も同じ思いをするわけですよね。

そうなる前に、

「今の話をきいてて、ちょっと感じたことがあるんだけど、伝えてもいい?」

といった枕詞を使って、感じたことを伝えるようにしましょう。

とても簡単でシンプルかもしれませんが、私にはこれができませんでした。。。

そうなると、時間がたてばたつほど、言いづらいことに変わっていくのです。

ちょっと勇気を出して、その場その場で伝えておけば、率直に関わりあえる関係性になれます。

もちろん、本気で関わるということは簡単ではありませんし、労力がかかわります。

しかし、こちらが率直に関わるからこそ、相手も本気で答えてくれるのだと思うのです。

自分の気持を大事にすることにもつながります。

ぜひ、

「今の話をきいてて、ちょっと感じたことがあるんだけど、伝えてもいい?」

というフレーズを活用して、率直なコミュニケーションを実践してみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、朝4時30分からコーチングセッションでした。

とてもやる気がある方なので、これからの飛躍が楽しみです。

早朝から自分が大事にしている活動に時間を投資できるというのは、本当に充実感ありますよね。(^_^)

夜は、妻が友人との食事会があったため、定時退社して子どもたちとやきとん屋に集合。(笑)

その後、3人でカラオケまで行ってしまいました。(笑)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コーチング・NLP

執筆者:

関連記事

「がんばる」は便利な言葉。それでも私が禁句にしている理由。

息子の卒業式で、たくさんの方々が「がんばりましょう!」という言葉を使っていました。 ただ、「がんばる」という言葉はとても曖昧な言葉だと考えているので、自分では使わないようにしています。   …

「一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?」に学ぶ!セルフコーチングに役立つ10の質問。

「積ん読本を30冊以下にするまで新刊は買わない!」 年始にたてた私の誓いが、またも破られました(笑)。 友人が読んでいた本に興味を持ち、すぐに購入してしまったのです。(^_^;) それが、本書「一流の …

「一本の映画を撮るように、人生をプロデュースしなさい」という名言をコーチングに活かす。

私が好きな言葉に、 “一本の映画を撮るように、人生をプロデュースしなさい” という名言があります。 これは、ミス・ユニバース・ジャパンのナショナル・ディレクターだったイネス・リグロンさんの言葉です。 …

せっかく立派な目標を立てても能動的に行動できない理由の1つは「素直な欲望がないから」ではないでしょうか?

  こんにちは、伊藤です。 突然ですが、 「なぜ、人は思ったことをすぐに行動にうつせないのか?」 ということを改めて考えました。 ぼくがマイコーチからコーチングを受けたり、コーチとしてクライ …

相手に伝わるメッセージのコツ。自分の立場を「私は」ではじまる「Iメッセージ」にする。

相手をほめることや相手を承認する、というのは、言葉で言うよりもずっと難しいことだと考えています。 それでも、自分が発言する立場を変えるだけで、おどろくほど相手に伝わる伝え方があります   ス …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031