【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

ダイエットの習慣

ダイエット習慣化の強敵。「プラトー(停滞期)」にどう立ち向かえばいいのか?

投稿日:2017/05/31 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

あらかじめやってくる難敵を予想して、対処法を考えておくことは大事です。

そのアプローチは、ダイエットの習慣化にも通じる有効な対策なのです。

 

スポンサーリンク


 

ダイエットには停滞期が必ずやってくる

ダイエットの習慣化をスタートして1ヶ月半が経過しました。

1ヶ月は順調に体重も減り、およそ5kgの贅肉(笑)がなくなりました。

ただ、ここ2週間ほど減少が停滞し、体重にほとんど変化がありません。

そう、ダイエットの習慣化に必ずやっているあいつ(笑)、「プラトー(停滞期)」がやってきているのですね。

誰でも、ダイエットをはじめると最初はすぐにやせるのです。

モチベーションもあって、食事や行動に気をつけるので今までと異なる行動をとります。

ですから、やせるのは当然といえば当然です。

ダイエットに取りくむ人は、だいたいここまではうまくいきます。

しかし、多くの人は、その次にやってくるプラトーに勝てずに挫折してしまうことが多いのです。

「今までと同じようにダイエットに取り組んでいるのに、なんで体重が減らないんだろう・・・」という感じでしょうか。

人は、がんばっていることに成果がついてこないと不安だし、あせってしまうのですよね。

では、このやっかいなプラトーにどうたち向かっていけばいいのでしょうか?

 

プラトーの時期こそ「新しいこと」「いろんなもの」に手を出さない

私の答えは、「何もしない」です。

「何もしない」というのはダイエットをしないという意味ではなく、より正確に言えば「今までと同じことを続ける」ということですね。

最初の取り組みで成果が出ているのであれば、そのまま継続すればいいのです。

それがプラトー脱出のポイントです。

挫折してしまう人のパターンには、この時期に不安になって新しいダイエット方法を試してみたり、いろいろとほかのテクニックを取り入れてみたくなってしまう傾向があります。

これは、学習の習慣にも似た現象がありますね。

たとえば、受験勉強をしていていると、はじめた時期は成績が上がりやすいです。

それまで学習をしていなかったものですから、少し学習をすれば点数は上がるのは当然でしょう。

しかし、その後、成績上昇がとまる時期があります。

すると、参考書を変えたり、いろんな問題集を手当たり次第に解くといった行動に出ます。

これが、受験に失敗するパターンです。

受験では、良質の参考書をくり返すことが学力アップのために重要なのです。

それなのに、1度だけ学習して学んだ気になり、また新しい参考書を買ってしまう。

不安なので何冊もやりたくなるのです。

もちろん、積み上がった参考書を見ていると達成感はあるのですが、そのままでは基礎的な知識があやふやな状態になりがちです。

それでも参考書と同じ問題や似たような問題は解けますが、ちょっと見せ方を変えた応用問題には太刀打ちできません。

そうして、良質の基本問題を信じてあきらめずにくり返し学習してきた人に、後半になって抜かれてしまうのです。

ダイエットも、まさにこの図式と同じです。

あきらめずに、成果が出ている方法を愚直に続ければ良いのです。

 

ダイエットには「急がば回れ」という言葉を持とう

やり方を変えない期間としては、少なくとも3ヶ月は続けていただきたいところです。

身体習慣の定着期間が3ヶ月だということもありますが、どのようないい方法であっても、3ヶ月は続けないと本当の効果は体感できないでしょう。

不安定期に入り、プラトーがやってきたときこそあきらめないことが重要です。

プラトーをがまんする期間は、私の見立てですと2週間から1ヶ月くらいです。

それくらいの期間は「減らなくても仕方がない」と思う覚悟をしておきましょう。

その代わり、プラトーの期間を乗りこえれば、また体重が減る「再やせ期」がやってくるものです。

私も、過去に7.5kgのダイエットに成功した際に、その現象、つまり体重の減少を体験したので経験者としてお伝えしています。

実際のところ、いま私が取り組んでいるダイエット方法は、何も突飛な行動はありません。

ダイエット部の仲間たちには、私が実践した行動を毎日レポートしていますが、おそらく「何のへんてつもないシンプルな行動だな・・・。」と思われていると思います。(笑)

もちろん、ダイエットの習慣化成功のあかつきには、3ヶ月後にそのレポートもブログで公開しようと思っています。

ただ、地味なのであまりおもしろくないかもしれません。

本当は、「伊藤式 ダイエット習慣化メソッドを初公開!」みたいに派手にやれればいいのですけれども。(笑)

それだけシンプルなダイエットに取り組んでいるということです。

実際、「急がば回れ」という言葉があります。

今の私には、ダイエットの本質をついている言葉のように思えます。

あわてて結果を求めないこと。

それが、ダイエットを成功させるために、もっとも重要な思考だと思うのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

2年半前にダイエットした際にも、同じような記事を書いていました。(笑)

1ヶ月半で5キロのダイエットに成功!実践した7つのポイントを振り返ります!

今回は2年半かけて徐々にリバウンドしてしまった自分を反省し、リベンジしたいと考えています。

ですから、ダイエットの習慣を「お祭り化」、「イベント化」しないようにして、「常に自分の体のメンテナンスを意識している」レベルに持っていきたいものです。

それが私にとって無理なく続くダイエットなのであれば、体に不調が現れない限り気長に続けていこうと思っています。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
■2017年10月6日(金) 19:30〜21:45:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

■2017年10月19日(木) 19:30〜21:30:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

■2017年10月26日(木) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-ダイエットの習慣

執筆者:

関連記事

「運動不足を感じる」あなたに有効な対策を考えます!

  こんにちは、伊藤です。 シリーズものになってきました(笑)フリーペーパー「R25」の特集「7つの悪習慣」。 本日は、3つ目の ▼(3)鏡をみてふと気づく「運動不足」 への対策を考えてみま …


「ダイエット中なのに間食がやめられない・・・。」というケースでは、「代替行動で対処する」ことが有効です!(ダイエットの習慣)

  こんにちは、伊藤です。 前回のエントリからご紹介している「ダイエットの挫折ポイントを乗り越える」方法を続けます。 【ご参考エントリ】 ダイエット中でも「飲み会」に参加して大丈夫!食べかた …


ダイエット中に訪れた食べ飲み放題の食事会。それでも体重増加がなかった理由。

ダイエット中の飲み会や食事会は、対応に困りますよね。(^_^;) 昨日の私は、まさにその状況に陥ったのですが、今朝体重を測ってみたら、体重の増減がありませんでした! そこで、昨日の飲み会で心がけたこと …


ダイエットしたのにリバウンドしそう。。。現状でできうる工夫を考えてつねに最適化する習慣。

最近、ありがたいことに、コーチングセッションや初対面の方に面会依頼をいただくことが多いです。 そうなると失われていくのは、私の場合、運動の時間です。 そして、増える体重。(^_^;) どうにかして、こ …


「寝る時間の3時間前に夕食を食べ終える」なんて無理!?遅い夕食で気をつけたい4つの工夫。(ダイエットの習慣)

  こんにちは、伊藤です。 引き続き「ダイエット習慣に訪れる4つの挫折ポイント」を克服するシリーズを続けます。 ダイエットの4つの挫折ポイントとは、 (1)飲み会がある (2)間食がやめられ …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031