【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

うまくいっている人の考え方の習慣

苦手な人に対処する方法。人に悩みが訪れるのは、それを解決できるように成長しているから。

投稿日:2019/05/12

Pocket

苦手な人や嫌いな人に対して、どのように考えればいいのか(私も日々の課題です、、、)。

「もう会わない」ができればいいのですが、それが選べるときばかりではないでしょう。

そのようなとき、おすすめの考え方があります。

 


■スポンサーリンク

 

悩みや課題は成長の気持があるからこそやってくる

「あの人がやっていることが、どうしても理解できない」

「○○さんのことが、どうしても苦手です」

「妻(夫)にイライラして仕方がない」

私たちが普通に日常生活を送っていれば、多かれ少なかれ、上記のような気持になったことがあるはずです。

そのようなとき、私たちは、どのように考えていけばいいのでしょうか?

実は、このような感情が湧きあがってくるようなときこそ、

・自分が次のステージにいくためのヒントが隠されている

ということがあるものです。

 

「悩み」や「課題」の位置づけ

「悩み」や「課題」。

本当はないほうが快適に生きられるのかもしれません。

しかし、本当に「悩み」や「課題」がなかったら、私たちは成長しないのではないでしょうか?

たとえば、学生の頃。

少なくとも私は、まったく宿題がなかったら、今の自分と同じだけの知識を持てなかったのではないかと思うのです。

宿題や課題があったからこそ、成長できたといえます。

今も同じで、私なら、「ブログを1日1記事書く」といった課題を設定するからこそ、日々の成長を感じられるわけです。

ブログを書いていなかったら、日々の流れはすべて流れてしまっていったでしょう。

また、ブログを書いていなかったら経験していなかったことも多いです。

もちろん、ブログをやっているからこその「悩み」や「課題」もあるわけですが、それらはすべて自分の成長につながっています。

もし、「家から一歩も出ず、せんべいを食べながらテレビを観ているだけで生きていけますよ」と言われたら、「悩み」も「課題」もやってこないわけです。

つまり、「悩み」や「課題」は、成長しようとしているからこそ、やってくるのですね。


 

【お知らせ】

・2019年5月17日 早起き習慣化セミナー【NEW】
http://www.ryoushuukan.com/early-rising-habituation-seminar/

・パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/


 

自分の成長に気づくための「悩み」と「課題」

「悩み」や「課題」が変化するのは、自分のステージが上がったことに気づかせてくれることでもあります。

新しいタイプの悩みは、「これまでの自分」では対処できないものだからです。

そのようなとき、私たちは悩むのですね。

そう考えると、人間関係でいえば、先述のような、

「あの人がやっていることが、どうしても理解できない」

「○○さんのことが、どうしても苦手です」

「妻(夫)にイライラして仕方がない」

という気持がやってくるのも、あなたのステージが上がったからこそ。

会うべくして会っている人である可能性が高いです。

 

異動先の苦手な人

たとえば、あなたが新しい部署に異動したとしましょう。

それまでの部署では、上司も理解があり、人間関係も良好。

あなたも自分のパフォーマンスを発揮して、成果を出していました。

不調な時期もありましたが、柔軟に対して、新しいスキルや考え方を学び、最後には結果につながったわけです。

順調そのものだった、ということですね。

しかし、異動した部署では、苦手な人がいました。

何かとつっかかってきたり、ルールを無視したり、あなたの手柄を横取りしようとしたり。

なぜか、あなたにライバル心を持っているようにも見えます。

「あの人に対処しなければいけないのか、、、」と思うと、気が重くなってくるでしょう。

「なぜ、会社は、自分をあの人と同じ部署にしたんだろう」とか、「あの人さえいなければ、もっと活躍できるのに」などと思ってしまうかもしれません。

 

100%の真実かどうか

でも、それは本当でしょうか。

なぜ、あなたはその人が気になるのでしょうか?

あなた以外にも全員がその人を気になっているのでしょうか?

全員があなたの味方で、ほかの人は100%相手のことを非難しているでしょうか?

会社としては、あなたが苦手な相手の人でも、あなたならうまくやってくれると信じて配置しているのかもしれません。

また、相手も、あなたのことが取るに足らない人だと思っているとしたら、ライバル視もしないでしょう。

どこかで、「この人は、自分のことを気にかけてくれそうだ」と思っているということです。

また、そのような苦手な人に対して、新しい考え方やコミュニケーションのとり方で、あなたはさらにコミュニケーション能力がアップする可能性もあります。

だからこそ、

「自分は、このような難しい人とのつき合い方を考えるレベルまで、コミュニケーション能力が高まっていたんだな」

ということに、気づくタイミングだという通知なのですね。

 


■スポンサーリンク

 

人に悩みが訪れるのは、それを解決できるように成長しているから

自己投資やさまざまな経験をしてきているあなたは、間違いなく成長しています。

そのようにして、これまでもいくつもの課題を乗り越えてきましたよね。

だからこそ、今のあなたがある。

 

新しい学び

ですから、今回も、

・今までに読んだことがなかったような著者の本

・これまで学んだことがなかった心理学やコミュニケーションスキルを学ぶ

・人の性格分析を知って、相手と自分のタイプの違いを探る

といったことをインプットしていく必要があるのかもしれません。

または、これからあなたがさらに成長して、これまで以上に多くの人に価値貢献していくためには、今のレベルの苦手な相手にとまどっている場合ではないということかもしません。

そう考えていくと、自分が感じる苦手な相手というのは、あなたがより成長するために、必要なことを教えてくれている人でもあるということなのですね。

私自身、会社員生活の限界を感じて複業を目指したり、インプットだけでは状況がまったく動かないのでアウトプットを習慣化したり、ひとりビジネスがうまくいかないから講座に通ったりしました。

そうして、そのときに抱えている課題を少しずつクリアしてきた、とも言えます。

 

悩みもスパイスに

確かに、悩んでいるプロセスでは苦しいのですが、通り抜けてしまえば、それが成長に必要な痛みだったということがわかります。

それが、新しい価値観やスキルを身につけるためのスパイスだったのですね。

つまり、

・あなたを不快な気持にさせる人

・あなたを悩ませる人

・あなたをイライラさせる人

は、それまでのあなたが気づかなかった価値観を、教えてくれている可能性があるのです。

そう考えると、あなたが苦手な相手は、今のあなたが克服するか、それとも受け入れていくのか、その課題に向き合う機会を与えてくれている、とも言えます。

結局は、そのような人との出会いも、あなたが成長しているからこそ、生まれてくる課題なのです。

そのようにとらえてみて、「この機会を通して、自分は何を得られるんだろうか?」と、逆に楽しみになれば理想的ですね。

ぜひ、前向きにとらえていきましょう。

人に悩みが訪れるのは、それを解決できるように成長している証拠。

あなたのさらなる成長を応援しています。

 


 

【お知らせ】

・2019年5月17日 早起き習慣化セミナー【NEW】
http://www.ryoushuukan.com/early-rising-habituation-seminar/

・パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/

 


 

■編集後記

昨日は、早朝からコーチングセッションを3件でした。

そのうち2件は、「コーチングよりもコンサルティング的にかかわって欲しい」との希望。

いつもと違い、私が話しまくる時間となりました(笑)。

午後はずっと懸案だった自宅の本棚の片づけ。

15分だけやろうとしましたが、勢いにのってしまって、結局そのまますべて整理。

60冊を処分できて、ようやく愛しの本たちの背表紙が見えてきました(笑)。

 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


■スポンサーリンク

-うまくいっている人の考え方の習慣

執筆者:

関連記事

「いい人」でいることのデメリットは、自分欲求を見失うということ。

多くの人に好かれるような「いい人」を目指す。 それは問題ないのですが、「いい人」であろうとするあまりに自分の感性を押し殺してしまう人が多いように感じます。 それがわかるのは、以前の私がまさに「いい人」 …

自分の価値観を知ることは、自分だけでなく相手のためにもなる。

あなたが価値観を知り、優先順位を決め、アウトプットすること。 それは自分だけでなく、周囲の人にも重要なことだと思います。   スポンサーリンク   目次1 家族の体調不良と自分がや …

習慣の筋肉「習慣筋」。思考習慣も習慣筋を鍛えることで変えられる。

「考え方を変える」というのは、時間がかかるものです。 しかし、トレーニングによって「習慣の筋肉」を鍛えれば、思考習慣を変えることは可能です。   スポンサーリンク   目次1 ネガ …

あなたの可能性を広げる「かも」の法則。ポジティブに「かも」を活用していこう。

「かも」という言葉は、「自分には難しいかも」と言えば可能性をせばめる言葉になります。 一方で、「自分にもできるかも」と言えば、大きく可能性を広げてくれる言葉に変わります。   スポンサーリン …

時間を効果的に活用するために重要なのは感情。意識の焦点を「快」に向けておこう。

時間と感情。 一見結びつかない要素と思われるかもしれませんが、つながりは大きいものだと考えています。   スポンサーリンク   目次1 時間の活用に重要なのは「感情」2 感情をコン …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら