【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考の習慣

負のスパイラルから抜け出す方法。3つのフレーズで感情を整える。

投稿日:2019/06/12

Pocket




「こんなはずじゃなかったのに、、、」というようなできごとがあります。

期待に反した状況に遭遇したときに有効なのは「感情とできごとを切り離す」こと。

そのために役立つフレーズをご紹介していきます。

 

「感情」と「行動」の強い結びつき

私たちの行動は、感情と強く結びついています。

たとえば、室内が暑かったら、「暑い」という不快な感情があり、解決するためにエアコンをつけると思います。

すると、涼しくなり、「ああ、涼しいな」という快適な感情に変わりますよね。

これは、「暑い」という問題のある状態に対して、「エアコンをつける」という解決行動をうながしたことになります。

その結果、「涼しくて快適」という感情を手に入れたわけです。

つまり、

・行動のスタートは「暑くて深い」というマイナスの感情

であり、

・行動のゴールは「涼しくて快適」という感情

です。

これが、私たちの行動が、感情と強く結びついているという理由です。

ですから、このシステムを活用すれば、マイナス感情やネガティブな感情が起きたときの対処法になるのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





せっかくのチャンスで「空振り三振」をした話

先日、妻と久しぶりに2人だけの時間があり、野球観戦に行きました。

14時に試合開始だったので、息子に頼んで、終了後に2人で食事をして帰ることにしました。

 

1軒目のお店(水道橋)

私が以前に「のどぐろを食べてみたい」と言っていたことを記憶しており、妻がお店をリサーチしてくれていました。

予約しようかと思ったのですが、野球の終了時間がわからなかったので、予約せずにお店に直接訪れました。

しかし、目当てにしていたお店は、

「すいませーん。満席です」

満席で・・・入れませんでした。(T_T)

 

2軒目のお店(神保町)

1軒目に入れなかったため、次を目指しました。

ただ、正直なところあてがなかったため、水道橋から神保町にふらふらと歩きます。

ランチーム「Admiral(アドミラル)」の聖地である焼肉も目に入ったのですが、時間的に予約しないと難しそうでした。

そこで、私が、以前、会社の先輩に連れていってもらった神保町のやきとん屋の存在を思い出しました。

しょうがのきいたやきとんの炒めものが絶品だったお店です。

「いつか」妻を連れて行こうと思っていたので、いいタイミングだと思ったのです。

横道に入り、そのお店があった場所にたどり着きました。

すると・・・お店がなくなっていました。(T_T)

 

3軒目のお店(御茶ノ水)

「そうだ。山の上ホテルのバーでカクテルを飲んで帰ろう」

仕方なく神郷町から御茶ノ水に向かって歩いているときに、山の上ホテルのバーを思い出したのです。

格調あるオーセンティックバーで、2人で「行ってみたいよね」と言っていたバーでした。

でも、子ども連れでは行けない雰囲気。

チャンスです。

思いついた自分をほめたい気分でした(笑)。

そうして、明治大学をすぎて、いよいよ山の上ホテルへ。

「子どもたちも待っているから、1杯か2杯、軽く飲んでから帰ろう」と言いながら。

そうして、山の上ホテルに到着しました。

これが山の上ホテルの外観です。

雰囲気があります。

きっと、ホテル内のバーもいい雰囲気のはずです。

期待して入ろうとしました。

、、、

、、、

、、、

山の上ホテルは・・・改修工事中でした。(T_T)

 

お目当てのお店が満席で入れず、次に目指したお店は無くなっており、山の上ホテルも改修工事で入れません。

トリプルパンチですね。(^_^;)

野球でいえば、満塁のチャンスに打席にたったのに、思いっきり空振り三振をしたような状況ですから。

私の感情は、「がっかり、、、」という状態でした。

 


■スポンサーリンク




「感情とできごとを切り離す」3つのフレーズ

このような感情に引きずられると、行動も停滞してしまいます。

感情が、できごとに反応して受け身になってしまっている状態なんですよね。

このようなときに大事なのは、

・自分の感情と実際に起きているできごとを分ける

ということです。

ここを区別しておかないと、先述のエアコンの例のように、感情に変化を起こして快適にできません。

ずっと「暑い、、、」というように、不快な感情のままになってしまうんですよね。

そのようなときに活用できる便利なフレーズが3つあります。

 

1:「ちょうどいい」と言ってみる

私が「感情とできごとを切り離す」際に、よくセルフトークとして活用する言葉。

それが、

「ちょうどいい」

です。

意にそぐわない状況になったときに、あえて「ちょうどいい」と言葉にしてみる。

無理やりにでも「ちょうどいい」と言うと、脳は「何がちょうどよかったのか?」と考えてくれるんですね。

すると、ほとんど自動的に「よかったこと探し」をするようになります。

今回は、「3軒とも入れなくてちょうど良かった。地元に戻って、行こうと思って行けなかったお好み焼き屋にいこう」という結論になりました。

現状を「ちょうどいい」ととらえることで、「感情とできごとを切り離す」ことになります。

それで、被害者的な受け身の立場から「次は何をする?」という行動に目が行くようになるんですね。

 

2:「そもそも」と言ってみる

トリプルパンチを受けたような状況だと、意識は「被害者的な立場」になっています。

「なぜ、こんなことになってしまったんだろう?自分は悪くないのに」みたいな感情ですね。

このようなときこそ、

「そもそも、どんな感情を得たかったのか?」

ということを考えてみましょう。

「そもそも」と考えることによって、目的を思い出すことができます。

すると、

・目的に近づくために、何をすればいいのか?

を考えられるようになるんですね。

今回の私たちは、「2人で楽しく食事をする」という行動によって、「幸福感を味わう」ことが目的でした。

となると、出先のお店にこだわらなくてもいいわけです。

ですから、地元に帰ってお好み焼きを食べるということに納得ができました。

「そもそも」ということで、「感情とできごとを切り離す」ことができたんですね。

 

3:「もし○○じゃなかったら、●●だっただろう」と言ってみる

期待と違う現状に対しては、「反事実的条件法」というアプローチも有効です。

「反事実的条件法」というと妙に複雑な感じに聞こえますが、これは、

・「もし○○じゃなかったら、●●だっただろう」

と、とらえるということです。

たとえば、今回の私たちは、最終的には2人で行きたいと思っていたお好み焼き屋に行けたので、

「せっかく行こうと思っていたお店、3店舗すべてに入れなかった。もし、入れていたら、2人でお好み焼きを食べるチャンスを逃していただろう」

という風にとらえ直すということです。

要は、

・失敗のおかげで、今の成功がある

と受け止め直すのです。

それが、「感情とできごとを切り離す」こととなります。

 

まとめ

日常生活を送っていれば、必ず自分の期待に反するできごとが起こるものです。

そのようなときに、いたずらにできごとに引っぱられないように、

「ちょうどいい」

「そもそも」

「もし○○じゃなかったら、●●だっただろう」

といったフレーズを思い出して、言葉にしてみましょう。

「感情とできごとを切り離す」ことができれば、必要以上に落ち込む状況を脱することができるはずです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、帰宅ランのあと、自宅で「ひとり戦略会議」。

ふと思い立って、コーチングの「本当の自分を知る10の質問」に取りくんでみました。

「おお、、、鋭い」という質問があり、ノートに答えを書きながらひとりでドキドキしていました(笑)。

質問って、本当におもしろいんですよね。(^_^)


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/早起きコンサルタント/ビジネス書作家/「良習慣の力!」ブログ管理人/「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者 /セミナー講師/習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/「習慣化の智慧」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員(営業)など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。さらに詳しいプロフィールはこちら

-思考の習慣

執筆者:

関連記事

未来の目標に近づくために「今できること」に集中し、小さな行動を積み重ねる。

自分にとっての大きな目標や夢があると、つい未来のことだけ考えがちです。 しかし、焦点を現在に向けて「今できること」を積み重ねる地道な活動は軽視できません。   目次1 「やりたい」と言いなが …

「ABCDEワーク」を音声入力で。短い時間で大きな効果が得られる。

とてもパワフルな「ABCDEワーク」という思考習慣の改善アプローチ。 すごくネガティブな感情でも、フレームに沿って書くだけで、本当に感情がやわらぐのです。 ただ、いくつかデメリットがあるのも事実。 今 …

ようこそ違和感。新しい自分に出会うために欠かせない変化を喜べるか?

「変わりたい」という想いを抱きながら、それでもなかなか変われない私たち人間。 それは、「変わりたくない」、安心・安全を求める人間の本能なのです。   スポンサーリンク   目次1 …

松井秀喜さんに学ぶ!「折れない心をつくる」7つの思考習慣

あの松井秀喜さんと「7つの習慣」が結び付けられた記事がありました。 妻からのナイスプレゼントです(笑)。 松井さんから素晴らしい思考習慣を学びましょう。     目次1 私がもっと …

自己成長を目指す人にやってくる「壁」は、どのようにとらえればいいのか?

目標達成や習慣化は、「簡単に」「スムーズに」とはいかないもので、プロセスには「壁」があります。 「壁」へのとらえ方を考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 前進する人に …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。