【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣 セールス(営業)、ビジネスの習慣

トークスキルを上げる方法。4ステップで話す力を高められる。

投稿日:

Pocket




「うれしい!上達した!」

あなたは、最近そのような感覚を味わっていますか?

「上達感」を味わうために、再現性を感じた方法を記事にしました。

 

「上達した!」という成長感を味わう

「上達した!」と感じたときに味わえる成長感。

仕事でも、趣味でも、そんな感情が味わえるといいですよね。

最近、私は、そんな感覚にふれる機会がありました。

テーマは、

「うれしい!コーチングセッションが上達した!」

という感覚です。

この感覚を、ぜひあなたにも味わっていただきたいと思い、記事にすることにしました。

 


 

【お知らせ】

■パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/

■「皇居ラン&コーチング」サービス
http://www.ryoushuukan.com/the-imperial-palace-run-and-coaching/

■メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内
http://www.ryoushuukan.com/e-mail-magazine-multiple-work/

■伊藤 良のプロフィール
http://www.ryoushuukan.com/profile/





上達するための4ステップ

今回の、

「うれしい!コーチングセッションが上達した!」

は、国際コーチ連盟(ICF)の資格試験に向けた準備の段階でした。

今回感じた上達のプロセス。

そのプロセスは、以下の4つのステップに分類することができます。

1:コーチングセッションを録音する

2:録音したコーチングセッションを客観的に聞く

3:良い点・良くない点を分析する

4:改善点を考えて、再度実行する

1つずつ見ていきましょう。

 

1:コーチングセッションを録音する

最初に、コーチングセッションの録音を「実行」することがスタートでした。

資格試験では、実践が重要。

アセッサー(審査員)が、実際に私のコーチングセッションを聞き、点数をつけます。

普段はブラックボックスのコーチングセッション。

誰かに聞かれることを前提にするのは、気恥ずかしいところもあります。(^_^;)

ただ、ここが一番の評価ポイントでしょうから、気を抜くことはできません。

以前も何度か録音したのですが、私の中で納得がいかず、そこから先に進めませんでした、、、

ここが一番のハードルでしたね。

今回は、長くクライアントとしておつき合いさせていただいている方に、録音をお願いしました。

 

2:録音したコーチングセッションを客観的に聞く

次に、録音したコーチングセッションを「評価」するために聞きました。

試験を意識したセッションをしているので、当然、コーチングのスタイルを重視したつもりでおこなっています。

もちろん、真剣に。

しかし、客観的に自分のコーチングセッションを聞くと、やはり改善点があるんですよね。

「質問が長いなあ、、、」

「『ちなみに』ってセリフいらん、、、」

「アクティブ・リスニングが足りないっす、、、」

「ここはフィードバックじゃなくて質問でしょ、、、」

「もっとクライアントさんに話してもらわないと、、、」

という感じで出るわ出るわ(笑)。

自分のセッションを録音することで、自分の進め方のクセがわかりました。

 

3:良い点・良くない点を分析する

3つ目は、セッションのレビューをして「改善」です。

ここでは、ふり返りに便利な「GPS」というフレームワークを使いました。

「GPS」でふり返る。持続的な成長に必須の方法とそのやり方をご紹介。

 

「KPT」も同様ですね。

「KPT法」をご存じですか?「PDCAサイクル」を機能させるフレームワークをご紹介いたします!

 

ここで大事なことは、

・良かった点も書き出しておくこと

です。

客観的に録音を聞くと、どうしても反省点ばかりが目につきます(人間の思考パターンとして仕方がないことなのですが)。

ただ、良かった点もあるはずで、そこは次に活かさなければもったいないですよね。

私は、全体の構成は守れたことと、タイムキーピングは良かったので、その割合は崩さないように意識することができました。

 

4:改善点を考えて、再度実行する

最後は、

「次に、もう一度やるとしたらどうするか?」

を考えてから、プランニング(計画)ですね。

ここまでのプロセスから、

・良かった点を残す

・課題に対する改善点をあげる

・それらを計画に入れる

・再度実行する

ということです。

実際、クライアントさんにお願いして、もう一度、セッションを録音させていただきました(本当に、、、感謝しています)。

すると、前回よりもセッションの質が、あきらかにレベルアップしていたんですね。

セッション中にも感じていたことですが、聴き直してみて、自信から確信に変わりました。

それで、

「うれしい!コーチングセッションが上達した!」

という感情が得られたんです。

 


■スポンサーリンク




上達したければ「DCAPサイクル」をまわす

お気づきの方もいると思いますが、まさに今回の4ステップは、「DCAPサイクル」だったんですね。

1:コーチングセッションを録音する(実行)

2:録音したコーチングセッションを客観的に聞く(検証)

3:良い点・良くない点を分析する(改善)

4:改善点を考えて、再度実行する(計画)

ということです。

PDCAサイクルがうまくいかないときの対処法。「Do」からはじまるDCAPサイクルを活用する。

 

これは、実際に効果がありました。

また、再現性もあると思います。

ですから、あなたが、

「うれしい!上達した!」

という感情を味わいたければ、このサイクルをできるだけ高速でまわしていくことです。

実際、ビジネスやプライベートで成果をあげている人たちは、このように自分が行動した実体験から具体的にレビューをおこなっているものなんですよね。

さて、この録音を活用したトークのブラッシュアップは、商談や営業のセールストークでも使えますし、テレアポでもいいでしょう。

自分のセミナーを録音して聞くことも、おすすめです。

録音した自分のトークを、磨いていけば、仕事の成果にもつながります。

もちろん、「自分の声を聞くのは気が進まない」「時間がかかるし面倒くさい」という気持はわかります。

でも、そんな自分の声に負けないことが大事だと思います。

スマホがあれば、すぐに取りかかれるはず。

ぜひ、ベビーステップを踏み出してみましょう。

その報酬は、

「うれしい!上達した!」

という感情です。

それと、録音するときは、事前に相手の了承を得ることが必ず必要なので注意しましょう(念のため書いておきます)。

 


 

【お知らせ】

■パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/

■「皇居ラン&コーチング」サービス
http://www.ryoushuukan.com/the-imperial-palace-run-and-coaching/

■メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内
http://www.ryoushuukan.com/e-mail-magazine-multiple-work/

■伊藤 良のプロフィール
http://www.ryoushuukan.com/profile/


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、コーチングセッションを2件。

1件は、クライアントさんが登壇する新しいセミナーコンテンツに対するフィードバックを求められました。

私が感じたことをお伝えして、クライアントさんが望んでいる最終目的へのつながりについて質問。

結果、スライドの構成を変えることや、コンテンツのバランスを変えていただくこととなりました。

もう1件は、24日連続で5時起きの連勝記録が続いているとのご報告。

会社に行くのも楽しくなってきたということで、好調ぶりがすばらしかったです。

お2人から感謝されるうれしさを味わいました。(^_^)


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣, セールス(営業)、ビジネスの習慣

執筆者:

関連記事

「行動できない」という悩みを抜け出すために。5つのフェーズから課題解決を考える方法。

「行動できない」とひと言で言われますが、そのフェーズはいくつかの段階があります。 行動ができていないときは、自分がどのフェーズにいるのか考えてから行動することが重要です。   スポンサーリン …

あなたの商品価値はいくらか?逆算思考で価格設定を考えてみよう。

「魅力的なサービスメニューとは、どんなものなのだろう?」 コーチングメニューを考えるプロセスで、そのような問いが生まれてきました。 メンターのアドバイスから、積み上げ思考よりも、逆算思考のアプローチが …

目標設定したのに動けないときは「ゴールを達成したら、自分が手にするものは何か?」を考えてみましょう。

目標やゴールを設定しても、うまく動けないときがありますよね。 その理由は、ゴールのその先に得られるものをイメージしきれていないことにあります。   スポンサーリンク   目次1 コ …

専門家に悩みを相談する前に。自分で解決するための「仮想質問」3ステップ。

自分ひとりで解決できない課題は、誰かに相談したくなるものです。 ただ、お支払いするフィーがないときもあると思います。 そのようなとき、「仮想質問をしてみる」というアイデアが有効です。   ス …

コーチを選ぶ際の私の3つの基準。コーチもマイコーチを雇うべきか?

コーチング業界では、コーチがマイコーチを雇うことが多いです。 私も肯定派なので、その理由を記事にしてみました。   スポンサーリンク   目次1 コーチ自身にマイコーチは必要か2 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら

■パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/

■「皇居ラン&コーチング」サービス
http://www.ryoushuukan.com/the-imperial-palace-run-and-coaching/

■メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内
http://www.ryoushuukan.com/e-mail-magazine-multiple-work/

■伊藤 良のプロフィール
http://www.ryoushuukan.com/profile/