【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

モチベーションを高める習慣 質問する習慣

失敗を自己否定と切り離す方法。成果に必要な失敗というスパイス。

投稿日:

Pocket




トライアスロンのレースで、またもや「失敗」をしまいました。(^_^;)

この「失敗」を、単なる「失敗」にしないようにするために、「失敗」をとらえ直してみました。

もし、あなたが「失敗する自分はだめだ」と思ったことがあるなら、ぜひ読んでいただきたい記事です。

 

「東京都トライアスロン渡良瀬大会」での「失敗」

昨日は、2019東京都トライアスロン渡良瀬大会に参加しました。

トライアスロンのシーズンに入って初めてのレース。

心配されていた天気も回復して、むしろ暑いくらいでした。

実は「東京都トライアスロン渡良瀬大会」には、昨年もエントリーしていました。

しかし、レース前の柴又ウルトラマラソンのときに熱中症になり入院。。。

医師から「1ヶ月は激しい運動はせずに安静にすごしてくださいね」と笑顔で言われたため、残念ながらレースはDNF(Do Not Start)。

さらに、今回は一番トレーニングしてきたスイムで、タイムをなんとか30分台(まったく速くはないのですが・笑)にして、スイムの自己ベスト更新を目指していました。

そのため、

・今年初のレースであり

・初めてのコースであり

・スイムで初の30分台を目指す

という意味合いを持つレースだったのです。

さて、その結果は、、、

、、、

、、、

、、、

スイム400メートル付近でリタイア・・・でした。(T_T)

昨年の日産カップ同様にスイムでリタイアです、、、

第31回 NISSAN CUP 神奈川トライアスロン大会でリタイア。敗戦から見えてくる「けいけんち」の大切さ。

 

・2万円弱のエントリーフィーを支払い

・往復で2,000円近く交通費をかけて

・早起きして2時間かけて渡良瀬遊水地まできて

・先約を調整してオープンウォーターでも練習もして

湘南でオープンウォーターのスイム練習。穏やな海で泳ぎやすい。

 

それなのに、たった15分程度でリタイアしてしまったんですね、、、

これだけの時間・お金・労力をかけて、自分のロードバイクを自宅から渡良瀬遊水地まで往復させただけです。

完全な「失敗」です。

 

リタイアしたあとの質問は「次はどうすればいい?」

しかし、今回は、前回の日産カップのときのように、涙が出ることはありませんでした。

もちろん、心から悔しいと思いましたし、自分に憤りを感じましたし、恥ずかしい気持でいっぱいでした。

「もうちょっとできたのでは」という自己否定と後悔の感情に、まみれていました。

心理を扱うプロコーチの仕事をしながら情けないことでしが、本当なので仕方がありません。(^_^;)

ただ、リタイアして、一生懸命スイムを力泳しているほかの選手を見ながら考えていたのは、

「次はどうすればいい?」

という質問だったのです。

 


 

【お知らせ】

・2019年7月19日(金)「先のばしをやめる習慣」セミナー
http://www.ryoushuukan.com/seminar-to-stop-procrastination/

・パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/





脳は「失敗」のイメージを強く記憶する

私たちの脳は、

・「失敗」から学習する

という機能を持っています。

成功したことよりも、「失敗」したことを強く記憶しておくんですね。

コーチングのクライアントさんにも多いのですが、成功体験よりも、「失敗」体験を覚えていて、「私は失敗ばかりで・・・」と言われることがあります。

ですが、「それでも、今までにできた小さな成功体験がありますよね?ぜひ聞かせてもらえますか?」と質問すると、出るわ出るわ。

クライアントさんの成功体験は、すばらしいものが多いんです、たいていは。

はっきり言って「あのー、私(伊藤)よりよっぽどすごい成功体験をお持ちなんですけど、、、」という感じなんですよね(笑)。

でも、ご本人にとっての記憶なので、それもまた確かな記憶。

それくらい、「失敗」の記憶というのは強いものなんです。

あなたも、そういった記憶があるかもしれません。

 

受験の過去問はいつ解くのがベストなのか?

これは、受験時代を思い出していただければわかりやすいです。

たとえば、あなたが受験生で、第1志望の過去問を解くシチュエーションだとします。

ですから前提は、

・「まったく知識ゼロ」ではなく、「ある程度、当該分野を学んだ状態」

ですね。

そのとき、以下の2つの学習方法があるとしましょう。

(1)知識をさらに学んでから、12月くらいに本番直前の力試しとして過去問を解く

(2)ひと通り学んだら8月の時点で過去問を解いて、間違えたところを重点的に復習する

2つのうち、どちらのほうが得点力アップが速いと思いますか?

そう、これは、脳の仕組みとしては、(2)のほうが学習スピードが速まるのですね。

 

「失敗」がインプットの意識を高める

つまり、

・さらなるインプット→過去問

ではなく、

・過去問→間違える→解法をインプットする

という方式のほうが、「失敗」の記憶があるので、知識の定着がスピードアップするわけです。

私たちが、過去の「失敗」を覚えているのと同じように、学習でも「失敗」を記憶するのですね。

すると私たちの脳は、「次は間違えないようにしよう」となり、インプットの意識が高まるという流れです。

 


■スポンサーリンク




「失敗」と「意思決定」はコンビである

「失敗」と「意思決定」は、コンビのようなものです。

漫才コンビでいえば、「ボケ」と「ツッコミ」の役割があるように、「失敗」と「意思決定」セットなのです。

たとえば、あなたが、「新しいラーメン屋さんに入る」という意思決定をしたとします。

でも、新しいラーメン屋さんの味はあなたに合わなかったとしましょう。

すると、「いつものお店のほうがおいしかった、、、」という「失敗」だと、とらえると思います。

いつものラーメン屋に入っておけば、「失敗」しなくてすんだわけですから。

このように、「意思決定」をすれば、「失敗」の確率が多くなるわけです。

ただ、このときに罠にはまらないでいただきたいのは、

・「失敗」=「自分の能力」

と結びつけてしまうトラップです。

「失敗」というのは、あくまで「当初の期待通りにならなかった」という「状態」を表現しているだけ。

あなたの実力や能力とは、ほとんど関係がないのです。

それよりも、重要なのは、

・あなたが「意思決定をして、新しい行動を起こした」という事実

のほうです。

 

改善する必要があるのは「行動」だけ

結果が生まれるプロセスは、

・意思決定→行動→結果

ですよね。

つまり、あなたの「意思決定」が「行動」を生んで、「行動」が「結果」という状態をつくります。

ですから、「失敗」という状態は、「行動」と結びつけなければいけないわけです。

たとえば、「運動しようと思ったのに、サボってしまった」としましょう。

そのときに、

・私は面倒くさがりやだから

と反省するのはNGです。

そうではなく、

・運動したくなるような工夫を考えられなかったのはNG行動だ

だと気づくことが大事です。

また、「ダイエットしようと思ったのに体重が増えてしまっている」状態だとしたら、

・空腹をがまんできない自分の意志が弱い

と思うのではなく、

・飲み会で飲みすぎて、ついおつまみを食べすぎてしまうという行動は、ダイエットに効果的ではない

と気づくことが大切なのですね。

そこに気づいて改善していけばいいのです。

ですから、改善する部分は、

・あなたの能力

ではなく、

・あなたの行動

なんですね。

その改善するための気づきを起こすのは、

・一見「失敗」に見える現実のフィードバック

なんです。

そして重要なのは、その事実に対して、

「次はどうすればいい?」

という質問に答えることです。

 

「失敗」という名のスパイスを手に入れよう

重要なことなので、もう一度書かせていただきますね。

・「失敗」=「自分の能力」

ととらえるのはやめましょう。

行動とあなたの能力は、イコールではありません。

行動から生まれた「失敗」と言いたくなる状態で、自己否定をしないようにしましょう。

重要なのは、

「次はどうすればいい?」

という問いだけです。

その質問をするためには、「失敗」というフィードバックが必要です。

ですから、料理でいえば、「期待した通りの成果」のために、

・「失敗」というスパイスが必要だ

ということです。

おいしい「成果」を手に入れるために、「失敗」という名の刺激を取りにいきましょう。

ただし、トライアスロンのリタイアは、精神的ダメージと金銭的ダメージが大きくて刺激が強すぎるので、違うスパイスがおすすめです、、、(^_^;)

 


 

【お知らせ】

・2019年7月19日(金)「先のばしをやめる習慣」セミナー
http://www.ryoushuukan.com/seminar-to-stop-procrastination/

・パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、「2019東京都トライアスロン渡良瀬大会」の参加。

、、、でしたが、記事の通りスイムでリタイア。(T_T)

イチから出直します。

13時までバイクがトランジションから出せなかったので、そのまま応援にかけつけてくれた家族と渡良瀬遊水地の自然を満喫。

自然のパワーに、リタイアのダメージを軽減してもらいました。


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-モチベーションを高める習慣, 質問する習慣

執筆者:

関連記事

大きすぎる目標を設定すると動けなくなる人間の行動心理とは?

大きな目標をたてすぎて動けなくなっていませんか? ハードルが高すぎる目標というのは、人間の行動変化をうながさないものです。   スポンサーリンク   目次1 わかっていてもできない …

「徹底して集中する」ことの大切さを学ぶ

目次1 第5ステージ到達2 集中するための質問は?3 集中する環境をととのえる4 あなたのタイプを知ろう 第5ステージ到達 古川武士さんの「減らす習慣」セミナーの学びもついに後半戦。 本日は第5ステー …

「仕事と家庭、どっちが大事なの?」という質問に、自分なりに正しい回答をするための方法とは?

「仕事と家庭、どっちが大事なの?」と言われたら、あなたはどう答えますか? この質問に100%の正解はありませんが、自分なりの判断基準を持っておきたいものではないでしょうか。   スポンサーリ …

なぜメンバーの「手抜き」が発生するのか?その理由と改善策について、心理学の側面から考えてみた結果。

家族や職場のチームメンバーで発生する「手抜き」問題。 どのように防げばいいのでしょうか?   スポンサーリンク   目次1 「なぜ、4番バッタークラスの強打者が集まったチームが必ず …

飲み会を断りきれない。そんなときは「もっとも大切なこと」を考えればうまくいきます

「飲み会を減らしたいが、なかなか断れない」という友人の悩みを聞きました。 その時、私が友人に話したことがあります。 そして、友人から「いやー、役立ったよ〜。ありがとう!」と言われたので、友人に許可をも …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら