【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

時間の有効活用のために、理想の1週間スケジュールをつくってみよう。

投稿日:2016/10/03 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

時間の使いかたで注意しているのは、ざっくりとしたスケジュールを持っておくことです。

理想のようにはなかなか過ごせませんが、理想に近づこうとすることは意識し続けています。

23a98d0398262f6fbdacf6a7974f7f0b_s

 

スポンサーリンク

 

時間活用についての質問を受ける

先日、友人から私の時間活用について質問を受けました。

その質問を抜粋すると、

「伊藤さんは、

・会社のお仕事をされながら
・ご家族との時間も大事にし
・なおかつ、習慣化専門学校のサポート
・早起きセミナーの開催
・コーチング
・ブログ
・さらにはトライアスロンへ向けたトレーニング

など、様々なことをしてる。

「伊藤さんは実は2人いるんじゃないか!」とたまに本気で思ってしまう(笑)。」

ということでした。

2人いたら、、、良いですよね(笑)。

その質問について、お答えしたうちの1つは「1週間の理想のスケジュール」をつくることでした。

1週間単位の理想のスケジュールをつくることで、優先する事項とやらないことの取捨選択を選びやすくしています。

 

小遣い簿をつけるように時間の使い方を見える化する

少し話は変わりますが、私は小遣い簿をつける習慣を持っています。

といっても1円単位で細かくやるのではなく(それはとてもできません・・・)、100単位でざっくりとした金額を家計簿アプリに記録するだけです。

小遣い簿をつけていると、

・食費にかけるお金
・自己投資に使えるお金
・交際費に使えるお金

など、自分のお金の使いかたが見えてきます。

それと同じことを時間にも応用するようにしています。

具体的には、1週間の理想のスケジュールをExcelで作成しています。

月曜日から金曜日まで、出勤前にやること、夜にやるべきタスクやひとり会議の時間、セミナーをおこなう日や参加できる日、人に会える曜日はだいたい決めています。

もちろん、すべてを完ぺきに固定することはできませんので、タスクを入れ替えたりすることはありますが、基本のフォーマットを決めているということです。

逆にいえば、それを決めていないと、私のように意志の弱い人間は、流されるままに時間が過ぎていってしまうのです。

ExcelもA4用紙1枚で一覧できるもので、1時間単位の簡易的なものです。

 

使途不明時間を見つけて意識することが改善の第1歩

更新する時期は1ヶ月です。

当月の終わりに、「良習慣の種」という毎日のルーティンのチェックリストと一緒に、1週間の理想のスケジュールも見直します。

微調整という感じで、まったく同じになることも多いのですが、見直しするというタスク自体が大事だとも考えています。

そのようにして定点観測していると、インプット過多になっていたり、プライベートの時間が減っていることに気づくことがあります。

すぐに改善できないことも多いのですが、まずはその気づいて、「戻そう」という意識をあげないことには復活もできません。

楽器を弾いていると、少しずつ音がずれていきますが、調律をして戻しますよね。

それと、同じようなイメージです。

また、俯瞰して見てみると、使途不明時間が意外と多いことにも気づきます。

不思議なことに、私が「予定が詰まっていて、大事なことができていないな、、、」と頭で思っているときほど、あとで見返してみると使途不明時間が多いです。(^_^;)

そのように考えてみると、「忙しい」とか、「自由な時間がない」といっている人ほど使途不明時間が多いのではないでしょうか。

まずはそこに気づき、「使途不明時間を有効に使おう」と意識すること。

それだけでも、1週間単位の理想スケジュールを作成する意味はあります。

ざっくりしたもので構いませんので、ぜひ1週間の理想スケジュールを作成してみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、またまた息子が受験する可能性がある高校の学園祭にいきました。

半日かかりますが、必要な時間だととらえています。

夜は退院してきた義父のお見舞いに妻の実家へ。

健康って、本当に大切ですよね、、、つい忘れてしまうんですけれど。(^_^;)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣

執筆者:

関連記事

実行するのに怖いことがある?それなら「プロトタイプ」で1度試してみれば良い!

コーチングの認定試験が終了しました! 改善点もありましたが、なんとかセッションの組み立てはできました。 全体的には成功したと思っています。(^_^) 制限された状況の中ではありますが、「オールアウト」 …

セミナーは集客が大変!週末起業家がなるべくコストをかけずにセミナーを告知する7つの方法

セミナーでお客さまを集めるためにはどのような方法が良いのでしょうか。 今月、私はいろいろなご縁があり、セミナー開催が重なります。 来週は東京、再来週は大阪、そして下旬には熊本でセミナーを開催(予定)す …

非日常をリアルに感じる習慣

目次1 まとまったひとり時間が何よりの贅沢2 優雅な執筆(笑)3 非日常の世界をのぞく4 非日常を日常にするために4.0.1 【今日の良習慣】 収入の何%かを未来に向けた非日常体験に投資する まとまっ …

飲み会皆勤賞をやめる勇気。飲み会の時間を自己投資の時間に変えよう。

昨年の忘年会シーズンは、最近では数多く参加してしまいました。(^_^;) ですが、それでも10年前よりは回数も減少し、自ら「行きたい!」と思う忘年会に参加できるようになりました。   スポン …

行動の有効性は「ありたい姿」を明確にすることから。自分の「ありたい姿」を文字や写真にしていますか?

せっかくアクションを起こすなら、その行動に有効性を持たせたいもの。 行動の有効性を高めるためには、「ありたい姿」が大事だと考えています。   スポンサーリンク   目次1 行動は大 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031