【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

時間を効果的に活用するために重要なのは感情。意識の焦点を「快」に向けておこう。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

時間と感情。

一見結びつかない要素と思われるかもしれませんが、つながりは大きいものだと考えています。

 

スポンサーリンク

 

時間の活用に重要なのは「感情」

時間を効果的に使いたい。

これは私だけでなく、多くの人が考えていることではないでしょうか?

時間のことについて学び、考えることが増えてきて気づいたことがあります。

それは、時間を効果的に活用したいのであれば、

・感情を「快」にしておくことが重要

だということです。

気分がよければ、メンタルも安定しますし、集中力も高まりますよね。

ですから、時間あたりの生産性を高めるためにも、

・感情を「快」にしておくことが重要

だと思うのです。

 

感情をコントロールしておく義務がある立場

たとえば、日常で感じている気分を尋ねられたとしましょう。

その際に、

・プライベートはいい気分(快)

・でも、仕事はあまりいい気分ではない(不快)

という人がいたとします。

(あなたはどうでしょうか?笑)

しかし、仕事の時間が「不快」だとすると、1日8時間くらいは不愉快になってしまうということです。

人生の質というのは、感情の質でもありますから、そう考えると「QOL(人生の質)」が高いとはいえなくなってしまうでしょう。

もしくは、反対に、

・仕事は楽しい(快)

・でも、家庭は楽しくない(不快)

だとしても同じでしょう。

(あなたはどうでしょうか?笑笑)

家に帰りたくないという状態は、やはり人生の質を下げてしまいますよね。

そのような状態では、時間を効果的に活用する状態とは離れてしまうように思われるのです。

でも、それが独身の方だったり、自分ひとりで完結するビジネスをやっている方であれば、それでもいいのかもしれません。

ただ、お客さまがいたり、組織ではたらく方であれば、感情をコントールしておくのは「義務」でもあると思うのです。

組織の中や家庭でほかの人に影響を与えるような立場の人であれば、特に感情のコントロールは大事です。

 

時間活用のために意識を「快」に向ける

あなたの気分が悪いとき、オフィスでどのような態度になるでしょうか?

怒りながら、創造的なアイデアが浮かんでくるでしょうか?

お客さまに貢献する場合、イライラしているときに、笑顔で気持よくサービスできるでしょうか?

たとえば、オフィスでいつも怒っている上司がいたとします。

よくない報告をすれば怒鳴り、ミスをすれば叱られる。

この上司の人は、ほかの人によって機嫌を損ねられているのではなく、自分で感情のコントロールを失っているだけなのです。

こうなると、周囲の人はとても迷惑なのですよね。。。

さて、いつも機嫌が悪い人は、どのような人間関係でしょうか?

好感を持たれているでしょうか?

ほかの人から応援されているでしょうか?

そのような人が、ビジネスやプライベートで自分が得たい結果を得られるでしょうか?

きっと、どれも当てはまりませんよね。

それでは、集中力が高まって生産性アップが望めるとは思えません。

つまり、自分の感情のコントロールができない状態では、時間を効果的に活用することは難しいのです。

では、自分で気分を良くすることはできる方法はあるでしょうか?

できます。

今すぐ、人生で1番楽しかった1日を思い出してみましょう。

さらに、その1日の中でのハイライトの1シーンを切り取って、

・どのような映像が見えているか?

・どのような音が聞こえているか?

・どのような感覚を味わっているか?

という3つの視点からありありとイメージしてみるのです。

もしくは、これから経験したい楽しそうな場面を想像してみましょう。

いかがでしょうか?

心が踊るような感覚が出てくるのではないでしょうか?

このように、気分というのは、自分が意識をどこに向けるのかによって変えられるものなのです。

時間を上手に活用できるようになるためにも、このようなテクニックを覚えておくと便利です。

感情を自分でコントロールできなければ、自分の時間を有効活用できません。

時間を効果的に活用するために、意識を「快」に向けておきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、ゴールデンウィーク4連休の初日でしたが、雨でしたね。。。

それでも、午前中にコーチングセッションを2件。

クライアントさんとともに、私も人間の弱さを痛感するセッションでした。(^_^;)

【今月のランニング走行距離】
km/目標150km

【募集中】
・5月10日 19:30〜21:30
もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」
〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

・5月17日 19:30〜21:30
毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー
〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

・5月23日 19:30〜21:45
今のあなたにぴったりの習慣が見つかる!「自分の良習慣を発見する」セミナー
〜3年後のあなたに必要な習慣を見つけよう〜

・6月7日 19:30〜21:45
人生の目標が決まる!「やりたいことリスト100」セミナー
〜やりたいことで満たされる毎日をつくる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣

執筆者:

関連記事

ほかの人を気づかうことは確かに大事。でも、その前に大事にするのは自分自身。

ビリーフ(無意識の思い込み)を研究していると、「ほかの人のことを考えなければいけない」というビリーフはたくさんのかたが持っているということに気づきます。 もちろん、周囲を気づかう気持がまったくゼロだと …

つい出てしまう言い訳。自分が使っている言葉を変換して言い訳を減らそう。

日常生活を送っていると、無意識のうちに言い訳をしてしまう自分に気づきます。(~_~;) 言い訳を減らすためには、どうすれば良いのか考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 …

あなたの課題は、解決策と一緒にやってくる。課題はステージアップのタネだと捉えてみよう。

課題なんてない方が楽に生きられます。 ただ、課題がなければ成長もないと思うのです。   スポンサーリンク   目次1 思わずイラッとした体験に潜む思い込み2 課題は解決策とともにや …

「あなたの完ぺき主義が治らないのは、評価をほかの人に預けているから」と言われたら、どう思いますか?

成果が上がらない人に共通することは、「成果につながらない行動を一生懸命やっている」ということです。 その奥底に隠れている心理は、「ほかの人から低い評価を受けたくない」というものです。   ス …

自分だけでは課題解決が難しいときにおすすめ。多様な見方を生み出す4つの視点。

娘と公園をかけずりまわっているとき、ふとした拍子に「視点の違い」を考えました。 自分はひとりしかいませんが、工夫をすることで、多様な視点を持つことができるのです。   スポンサーリンク &n …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031