【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

仮説

私たちには「あきらめない」という本能があるのではないかという仮説について。

投稿日:2018/06/07 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

あきらめることは簡単にできますが、あきらめないことは簡単ではない。

そのように考えていましたが、もしかして「あきらめない」という本能があるのではないかという仮説を持つようになりました。

 

スポンサーリンク

 

「あきらめる」ということについて

先日のウルトラマラソンリタイア以来、どうしても考えてしまうのがあります。

2018年「柴又100K」惨敗記。まさかその後にリタイアするとは思わなかった順調の前半戦。

リタイアした「柴又100K」2018の後半戦。惨敗から学んだ3つのこと。

それは、

・あきらめる

ということについてです。

レース後、ICUまで入ったのになかなか消えない悔しさ。

考えるのは「次はどうすれば完走できるか?」ということです。
(家族や親からはすでに100kmマラソンは禁止令が出ていますが・笑)

どうも私たちには、本来は、

「あきらめない本能」のようなものが備わっているのではないか?

と思うのですよね。

これは私の仮説ですが。

 

「あきらめる」ことは簡単にできてしまう

あきらめない例で私たちがすぐに連想できるのは、赤ちゃんが歩くようになることでしょうか。

よつん這いでハイハイしていた赤ちゃんが、つまづいては立ち上がり、転んでは立ち上がろうとします。

やがて歩けるようになるという、その例です。

その行為は、

・あきらめるという発想そのものがない

ですよね。

私の子どもたちも1歳前後で初めて歩き出しました。

私自身もきっとそうだったでしょう。

このとき、私たちは親から「転んでも立ち上がる重要性」なんて教えてもらっていません。

そもそも、そのような言語も持てない時期です。

でも、本能として歩くようになるのですよね。

ということは、「つまづいてもあきらめずに立ち上がる」というのも、本能ではないかと思ったのです。

それなのに、私たちがあきらめることを覚えたのはいつなのでしょうか?

あきらめることは簡単です。

まず、あきらめれば、失敗しなくてすみます。

トライしなくてすむからです。

私も、100kmマラソンに出なければリタイアすることはありませんでした。

実際、失敗したら、立ち直るのに時間がかかりますしね。。。

そして、あきらめてしまえば、自信がなくなることもありません。

自信を失って、自分が深く傷つくこともないですし、周囲に心配や迷惑をかけなくていいわけですからね。

つまり、

・あきらめる

というのは自己防衛のためにできる簡単な方法なのだと思うのです。

 

「あきらめない」本能を活用する

ただ、もしも赤ちゃんの頃に「あきらめる」という思考が私たちに備わっていたら、一生歩くことはなかったでしょう。

これは、よくよく考えてみると、けっこう恐ろしいことだと思うのです。

とはいえ、挑戦するということはそれなりにリスクもともないますし、差し出す犠牲もあります。

ウルトラマラソンであれば、トレーニングにかける時間、エントリーやランステに使うお金、トレーニング中は家族と会えないなど、すべてに注ぐエネルギーの総量はそれなりにあります。

でも、それだけに、挑戦することによって人間の内側から湧き出る活力のようなものがあるようにも思います。

これは、まったくの個人的な感覚ですが、マラソンをやっている人は若々しく見える傾向にあります。

「あの人、見るからに不健康で、老け込んでるなあ」というランナーにお目にかかったことはないので。(笑)

ですから、運動をすれば、体は40代でも、まだまだ維持したり向上できる身体機能はあるはずです。

それは、マラソンというスポーツに挑戦し続けているから、内側から活力が湧き出ているのではないでしょうか。

人は、年齢を重ねるほどに知識をつけていってしまうことで言い訳をするようになってしまい、目標達成や夢を追うことをあきらめてしまうのかもしれません。

でも、そうなってしまったら、生きがいや「生きてる!」という気持を見いだせないのではないかと。

すると、気持から老け込んでしまうわけです。

ですから、目標をあきらめそうになったときには、内側からのエネルギーを活用したいもの。

赤ちゃんが何度も転んでも立ち上がった本能のパワーを取戻していただきたいのですよね。

そして、私たちの中に

・あきらめない

という本能があることを信じて、立ち上がるエネルギーを感じていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、2日休んだ会社に早朝出社。

その後、猛烈に仕事に取り組みこと14時間40分。(^_^;)

会社の仕事だけで燃え尽きました。。。

【募集中】
・6月14日 19:30〜21:30
「理想の1日」を実現する!「早起き習慣化セミナー」
〜毎日2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-仮説

執筆者:

関連記事

「虎の威を借る狐」は悪い意味?「東京マラソン2015」で妖怪ウォッチ「ジバニャン」のかぶり物をして走りながら考えたこと。

  こんにちは、伊藤です。 今回の東京マラソンを走りながら、ぼくはある「ことわざ」を思い出していました。 「自分よりも影響力のあるパワーを借りる」 つまり、 「虎の威を借る狐」 ということわ …

仕事が思い通りにいかない時こそ運動で「運を動かす」。プライベート→仕事への波及効果を狙え。

たとえばあなたが「フルマラソンにチャレンジしたい」と思ったときに、仕事が思うようにいっていない状況だったらどうしますか? 2択だとしたら、 ・仕事が落ち着いたらフルマラソンにチャレンジする ・とりあえ …

「若い時の苦労は買ってでもせよ」は本当か?主体的な苦労と受動的な苦労を区別する。

「苦労」には、主体的な苦労と受動的な苦労があると考えています。 苦労が大好きな人は少ないと思いますが、主体的な苦労は、ときには自らとりにいくにくのもいいのではないでしょうか。   スポンサー …

天職を実現するスタイルとして、「チームで実現する天職があるのではないか?」という仮説。

最近思うのは、「天職」は自分ひとりでなくても実現できるのではないかということ。 要は、チームで実現する「天職」があるのでは、ということです。   スポンサーリンク   目次1 「仕 …

うまくいっている人が持っている「忘れる力」。その力を高める2つのアプローチとは?

ビジネスや新しいことへのトライが、100%すべて成功する人はいないはずです。 では、なぜうまくいく人は多少の失敗にもめげずに前進できるのでしょうか? その秘けつは、「忘れる力」にあるのではないかと思っ …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930