【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

ブログの習慣

ブログを続ける意義の変化。内省ツールから自分の外側へのはたらきかけに。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ブログは自分の内省のために書きはじめたことを思い出しました。

今はブログで内省する割合は減っていて、できるだけ読む人にとって気づきや行動のきっかけになるようなブログを書きたいと思っています・・・が、なかなか難しいものです。

それでも、そのように、短期的かつ即効性がないことをやり続けることは、自分の外側へのはたらきかけになりますし、自分に中に自信を育ててくれます。

 

スポンサーリンク

 

3年半前の最初の頃のブログを改めて読む

先日、「習慣化の智慧」コミュニティーでのコメントで、ブログに関するやりとりがありました。

私が「ブログが、もう少しで1,300記事なのです」とお伝えした際に、「じゃあ3年半近くですね!」という返信がありました。

この瞬間、私の中で、「1,300日」が「3年半」に変換されました。

私にとっては、「1,300日」よりも「3年半」という単位のほうが重みを感じました。

1つのことを、愚直に3年半もやり続けたことは、これまでなかったかもしれません。

それでふと思いたって、ブログを書き始めた頃、つまり3年半前のブログを読み返してみました。

とてもリンクを貼れるような記事ではありませんでしたが(笑)、言葉の選び方や構成に稚拙さを感じて、今に対してそれなりの歴史のようなものを感じました。

膨大なブログやWeb記事がある中、たとえ小さなブログであったとしても、こつこつと継続してきたことは、私の中に小さな自信を与えてくれるものでした。

 

つたなくても「考えながら」続ける

最近よく考える(今週のひとり会議でも考えました)のですが、このブログの積み重ねを「ただ続けるだけ」になっていないか、という疑問があります。

ブログの師匠からは、「ただ続けるだけではなく、考えながら続けていくことが大事」だとアドバイスをいただいたことがあります(というか、ブログでメッセージを一方的に受け取っただけですが・笑)。

そう、やはりどこかに「ただ続けているだけにならない意識」を持ち続けることが必要なのですよね。

たとえば、ブログ当初の記事は、完全に自分のためだけに書いていたことがわかります。

読まされるほうがたまったものではありませんね。。。(^_^;)

でも、師匠のブログを読んだり、人気のブロガーの方々のブログを読んでいると、「読者のために」という視点が強いことに気づかされます。

読者のため、つまり自分以外のほかの誰かの向けて、意味があること、役に立つことを書いているわけです。

私がブログで書いているのは、

・習慣化(早起き含む)
・コーチング
・ブログ
・人間関係

など、自分がまさにいま学んでいることや、過去に苦労したことが主です。

それと、失敗談も多く書いています。(^_^;)

でも、そのような失敗談を書いていると、友人やコミュニティーのみなさんに笑っていただけることもあります。

また、そのような失敗談を読んだことで同じ失敗をしないで済んだり、記事から行動のきっかけや気づきを得られた、という話を聞くこともあります。

そのような自分の体験や気づき、内的な学びをスループットして、アウトプットにする場が、私の場合はブログなのです。

ブログを1日1記事書いていくのは、決してかんたんではありません(今の私にとっては)。

・ブログのネタを考える
・記事の構成を考える
・時間を確保する
・ブログを書く

などといったことはもちろん、日々のインプットも欠かせませんし、何か行動し続けることも必要です。

 

料理におけるブログとの共通性

いつも思うのですが、ブログは料理をつくることに似ているのですよね。

妻がつくってくれた料理を、私が食べるのはかんたんです。

私は完成品しか見ていないからです。

でも、妻は献立を考えたり、食材を書い出したり、実際に調理しています。

レシピもストックしたり、「既製品はあんまりおいしくないのよね」と言って調味料に頼らずに自分でアレンジしています(私は麻婆豆腐のもとを使わずに、自宅で麻婆豆腐をつくれることを知りませんでした・笑)。

そのように、つくるほうは、実にたくさんの労力を注いでいるのですよね。

ブログも同じで、読むのはかんたんです。

30分かけて書いた記事を読むのは3分です。

たったの30分であっても、日々の予定が詰まっていると、時間を確保することすら困難になってきます。

そのわりに記事のクオリティーに満足がいかないことがあったりして、泣きたくなります。(笑)

一生懸命にブログを書いても、その記事を書いたことがきっかけで誰かを傷つけたり、知らないところで嘲笑されていることもあるでしょう。

ですから、「なんでわざわざそんなことやるの?」という思いが、まったくないといえば嘘になります。

しかし、読者の方が一定数いてくださったり、コミュニティーで私のブログを読んでくださったという話を聞くと、そのような苦労が報われる気がします。

自分の失敗や経験が、ほかの人に役立ててもらえるなら嬉しいですし、行動のきっかけや後押しになったのなら、労力を注いで続けてきた意味があったのだと、ホッとします。

そうして、「今後もブログを書き続けていこう」と思うわけです。

 

自分以外のほかの人のためにできる活動を増やす

当初、私にとってブログは、自分のために書いている、つまり自分の内側「だけ」に向かって書いていました。

しかし、書き続けるうちに、徐々に読者の方のため、つまり自分の外側に向けて書くことも増えてきていますし、続ける理由としても強くなってきています。

自分以外のほかの人に少しでも貢献していることを、わずかでも実感できること。

それがあれば、これまで続けてきたことに意義を見出すことができるようになります。

また、続けることで自分に自信が育ってくるので、継続するための大きな力にもなるのです。

あなたは、自分以外のほかの人のためにどのような活動をされているでしょうか。

それを考えると、続ける理由が強くなると思います。

ですから、100%自分の内側で続ける理由だけでなく、自分の外側に続ける理由を見つけてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は習慣化専門学校の友人とSkypeミーティング。

目標設定会のコンテンツや流れを話し合いました。

おかげでやるべきことが見えてきました。

やはり漠然とした状態を打破して少しでも明確化するためには、対話ですね。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-ブログの習慣

執筆者:

関連記事

no image

「良習慣」で検索してみてください!(嬉!)

■わたしが人生の中で達成してみたいと考えている大きな目標のひとつに、   【「良習慣」という言葉を辞書に載せる】   というものがあります。   どんなふうにやれば達成で …

目的があってこそ生まれる自分の方針。村上春樹さんのエッセーに流れる3原則とは?

私は、ブログを書くときの記事の方針を持っています。 いくつかあるうちの3つが、偶然にも村上春樹さんとかぶっているものがありました。   スポンサーリンク   目次1 村上春樹さんが …

ブログ継続と猛暑のハーフマラソンの共通点を考える。「少なくとも、最後まで歩かなかった」。

つらいときこそ「この一歩を前に進める」意識を大切にしています。 猛暑のハーフマラソンを走りながら、あらためて「自分のベストで前進すること」の大切さを感じました。   スポンサーリンク &nb …

ブログ1,100記事超え。「どのような言葉を持つのか?」によって現実が変わる体験。

ブログを続けていると、「言葉が信念をつくる」というふうに感じます。 どのような言葉を持つのかによって、ブログを続けるか、挫折してしまうのか、明暗がわかれます。   スポンサーリンク &nbs …

あなたは自分の考えをシンプルに伝えることができるか?ブログトレーニングのすすめ。

自分の頭の中の考えをシンプルにアウトプットできるようにする。 これからの時代、必須のスキルです。 そのためのトレーニングツールとして、ブログをおすすめしています。   スポンサーリンク &n …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31