【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

自分の価値観を知ることは、自分だけでなく相手のためにもなる。

投稿日:2018/12/15 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

あなたが価値観を知り、優先順位を決め、アウトプットすること。

それは自分だけでなく、周囲の人にも重要なことだと思います。

 

スポンサーリンク

 

家族の体調不良と自分がやりたいこと、どちらを選ぶか

先日の土曜日、自分の価値観を感じることがありました。

午後に目標設定系のセミナーに申し込んでいたのですが、前日から妻の体調がすぐれなかったのです。

正直なところ、一瞬迷いました。

・部分的にでも聞いておきたい
・講師の方をリアルで見てみたい
・お金も前払いしてしまった

という感情がありました。

一応、出かける準備はしていたのですが、妻に「セミナー、やめておこうか?」とも尋ねました。

そのときは様子をみるということにしていましたが、出発の時間が近づいてきたときに、妻の体調を聞いたところ、「昨日よりは回復しているから、行っても大丈夫だよ」と。

泣けてきます。

ただ、最終的には「あなたの判断に任せる」と。

結論としては、私はセミナーに行くことをやめました。

決断の理由は、自分が大事にしたい「家族」という価値観に沿った判断をした、ということです。

 

価値観の優先順位を自分で整理しておく

もちろん、セミナー参加して「学ぶ」ということもとても重要です。

私が大事にしている価値観や自分欲求には「学ぶ」もありますので。

本を読んでいるだけなら、ずっと読んでいられるだろうし、休日にセミナーを受けに行くくらいに好きなのです。

それに、今の時代、自己投資をしない人の未来を考えると、恐ろしくて行動しないわけにはいかない、という危機感もあります。

しかし、「学ぶ」ことができるセミナーには行きませんでした。

それは、「学ぶ」よりも「家族」という価値観のほうが重要な価値観だからですね。

言われてみれ当たり前のことかもしれません。

ただ、こういった価値観を自分なりに整理して、優先順位をつけておかないと、誤った判断をしてしまうものです。

実際、ほんの5年くらい前の私は、「自分が、自分が」「いや俺が、俺が」という感じでした。

先にそこそこの金額のセミナーに申し込んだり、日程を相談する前にフルマラソンの大会に申し込んだりして、事後承諾で自分がやりたいことを優先していたのです。

要は、「家族」という価値観よりも、「学び」を優先させていたのですね。

たとえば、複業。

これは家族の理解と協力なしには実現しません。

そして、複業をやる意味は、「家族の笑顔を増やしたいから」でした。

それなのに、家族の笑顔が減る行動をとっていたのです。(^_^;)

ですから、そのときは妻にも子どもたちにも迷惑をかけたのですね。

その反省があり、今は「家族」という価値化を優先するようにしているのです。

 

まずは自分の価値観を知ること、次にアウトプットすること

以前、このようなことがありました。

私が友人たちに声をかけて、皇居ランをしようということになったのです。

友人たちは、「いいですね!ぜひやりましょう!」ということで賛同してくれました。

参加する日程まで決めたのです。

しかし、じつは酔っていた勢いでグループにメッセージしてしまっていたのです(汗)。

すると、その日は娘の学校行事がある日だったということが、あとでわかったのですね。

しばらく悩みましたが、ここも価値観が重要ということで「原則中心」のあり方を大事にすることにしました。

皇居ランの大会には出られない、と。

自分から誘っておいて、最悪です。。。

しかし、決意して、お詫びの気持をこめて、1人ひとりにお詫びのメッセージを送りました。

すると、友人たちから、下記のようなフィードバックがあったのです。

「伊藤さんの気持、伝わってきました!」
「ぜひ、ご家族のことを優先してください」
「思い切って言ってくれてよかったです」
「もし、ここで家族を優先しなかったら、そっちの伊藤さんのほうが嫌です」

という風に。

怒るでもなく、ネガティブなことをいうのでもなく、

・ここで家族を優先しないほうが、伊藤さんじゃないよね

というコメントがあったのです。

これには、感動しました。

このように、

・自分の価値観を発信すること
・自分の価値観を理解してくれる友人たちとつき合うこと

というのは、非常にありがたいものなのです。

ただ、そうなるためには、

・自分のことを知る
・自分の価値観を理解する
・その価値観を発信しておく

というプロセスが重要です。

そのためにも、まずは自分が大事にしたい価値観を知り、言語化することからスタートしてみましょう。

状況によっても変わるので、まずは仮でも大丈夫です。

こちらの記事も参考にしていただければうれしいです。

あなたの1番大事な価値観は何ですか?4ステップで38の価値観から最重要を選ぶ方法。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、朝4時30分からコーチングセッション。

クライアントさんの仕事に対する新しいアプローチについて。

夜もコーチングセッション。

来年に向けて新しいブログを開設していただき、
複業活動を加速していくことを約束。

その後、1年のお互いのがんばりをたたえる忘年会。

最高の1日でした。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣

執筆者:

関連記事

「あなたの完ぺき主義が治らないのは、評価をほかの人に預けているから」と言われたら、どう思いますか?

成果が上がらない人に共通することは、「成果につながらない行動を一生懸命やっている」ということです。 その奥底に隠れている心理は、「ほかの人から低い評価を受けたくない」というものです。   ス …

あなたは考えたことがありますか?はたして「ほかの人に嫌われずに生きること」は可能なのか?

あなたに1つ質問させてくださいね。 「ほかの人に嫌われることなしに、一生を終えることは可能だと思いますか?」 この質問に対する答えを考えていきましょう。   スポンサーリンク   …

「NO」という勇気が持てないときはありますか?自分で活用できるセルフトークを持つ習慣。

「NO」というのは拒絶ではありません。 それは相手のためでもありますし、自分のためでもあるのだと考えましょう。   スポンサーリンク   目次1 1日の濃度が高まる日々2 できない …

「すべてのタスクに全力投球」を手放す。目指すは「完ぺきにやる」よりも「タスク完了」。

完ぺき主義を抜け出して、仕事にメリハリをつけるためにはどうすればいいのでしょうか? 1つのアプローチは、「全力投球をあえてやめる」ということです。   スポンサーリンク   目次1 …

逃げたいときこそ思い出したい!矢面にたつ思考の習慣。

  こんにちは、伊藤です。 会社の仕事で、最近起きた大きなトラブルがありました。(汗) 信頼しているし、何度も助けていただいた協力会社さんのことなので、そのできごとを振り返るのはとてもつらい …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら