【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

うまくいっている人の考え方の習慣 家族を大事にする習慣

子育てに向かない完璧主義の思考。自分への「こうあるべき」、子どもへの「きちんと」をゆるめよう。

投稿日:2018/12/02

Pocket

親子の人間関係は、完璧主義を手放すことでだいぶ良好になるのではないか、と考えています。

私が考えるポイントは、

・自分への完璧主義をゆるめる
・子どもへの完璧主義をゆるめる

という2つです。

 

スポンサーリンク


 

親子関係に完璧主義を持ち込むのはデメリットが多い

昨日は、娘の保育園時代の5家族が集まる忘年会でした。

そこで話題に出た話で、興味深かったテーマがあります。

それは、「子どもに対する完璧主義」です。

親子が一緒に生活する日常に完璧主義を持ち込むと、お互いの関係性がつらいものになります。

私が話したのは「家族に完璧主義を持ち込む2つのデメリット」でした。

それは、

1:自分への「こうあるべき」思考が自分を苦しめる
2:子どもに「きちんとする」を求めると不満を感じやすくなる

という2つの完璧主義思考です。

1つずつ説明していきますね。

 

1:自分への「こうあるべき」思考が自分を苦しめる

自分自身に「こうあるべき」を求めると、ストレスフルになります。

たとえば、私の妻のケースです。

最初の子ども(息子)が生まれた当時は、

・良き妻でありたい
・模範的な母親でありたい
・仕事でも優秀なスタッフでありたい

といった想いを持っていたそうです(無意識のうちに、です)。

ただ、そうなると、精神的にも追い込まれますし、時間のやりくりがつかず、とても疲れている状態だった、と話していました。

そうであれば、休みの日にゆっくり寝るという選択肢があったはずです。

それなのに、私と息子が「仮面ライダー」を楽しみに観ている時にときにまで、「ねえ、掃除機をかけたいんだけど」と話す感じになっていたのですね。(^_^;)

そのようなときに、私が「少しくらいほこりがたまってたって、すぐに死ぬわけじゃないよね?」と言ったのです。

そのとき、妻は、ハッとしたそうです。

妻自身の思考が、

・こうあるべき
・こうあらねばならない

という完璧主義思考にしばられていたことに気づいた、ということでした。

その後、子育てに対する「こうあるべき」を少しずつ手放していくようになりました。

仕事が遅くなり、保育園で息子がグズれば、夕食を手作りする時間がなくなります。

そうしたら、「お弁当を買ったっていいんだよね」と思えるようになりました。

洗濯物がたまってしまったら、「週末に、夫にコインランドリーで乾燥機にかけてもらおう」と考えられるようになったのです。

妻は「良い加減」になり、いい意味で力が抜けたのですね。

この思考の変化は、妻にも、私にも大きな変化でした。

おかげで、2人目の娘は、妻も私もリラックスしまっている感じです。(笑)

 

2:子どもに「きちんとする」を求めると不満を感じやすくなる

もう1つの完璧主義思考の弊害は、子どもに「きちんとする」を求めてしまう、ということです。

私たちは大人同士でも、「自分がきちんとやっているのだから、当然、相手も同じようにしてくれるだろう」という発想になりがちですよね。

ただ、そう考えてしまうと、相手に対して寛容になれません。

自分が思い描くイメージと現実が異なるので、相手の一挙手一投足にイライラするようになってしまうのです。

さらに、「どうしてこんなこともできないの?」と思ってしまう、ということですね。

子どもにも、この「こうあるべき」を適用してしまうと厳しいです。

「こうあるべき」を押しつけられた子どもは、大人と同じルールを持っているわけではないので、わけがわかりません。。。

何となく、「怒られるから、言われたとおりにしよう」みたいな対応になって終わってしまうのです。

言うまでもなく、子どもは不完全な生き物です。

当然、私たち大人も不完全ですし、言ってしまえば組織や国家だって不完全。

つまり、世の中はすべて不完全なものの集合体なのですよね。

ですから、すべての物事が、より良い状態をもとめて改善し続けているだけ。

常にプロセスなのです。

「誰もが、最善を尽くしているように、子どもも、自分なりに最善を尽くしているんだよね」と考えると、子どものことを受け入れられ、許容できるようになっていくのではないでしょうか。

そう考えれば、子どもの言動にイライラしたり、怒ったりすることは減るはずです。

結果として、大人のほうも感情的にも安定し、良い感情でいられるものです。

 

まとめ

子育てに「こうあるべき」や「きちんとする」を持ち込むと、親と子、両方が苦しくなります。

適度に「こうあるべき」や「きちんとする」をゆるめて、「良い加減」になっていきましょう。

自分のためにも、子どものためにも、そうした完璧主義を手放してみることができれば、お互いのイライラや怒りが減るのだと考えています。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

記事のとおり、昨日は、娘の保育園時代の5家族で忘年会でした。

卒園して3年目になりますが、細く長く続いている関係はいいものですね。

1次会が盛り上がり、2次会はみんなでカラオケへ。

子どもたちがマイクを奪い合うなか、私は妻とback numberの「クリスマスソング」を一緒に熱唱。(笑)

そして娘とは、西野カナさんの「パッ」を歌い切りました。(笑)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-うまくいっている人の考え方の習慣, 家族を大事にする習慣

執筆者:

関連記事

「ありのままの自分」と「あるがままの自分」。基準にするべきはどちらの自分か。

「ありのままの自分」という言葉は誤解されやすい表現です。 何もしない自堕落な「ありのまま」ではなく、フラットで自然体になるための「あるがまま」の自分を意識していくことが大事だと思っています。 &nbs …

充実した人生を過ごすためには、大切な人との人間関係の質を高めることが不可欠ですよね?

「あと半年で命が終わるとしたら、誰と何をして過ごしますか?」 クライアントさんとのオリエンテーションで、その人の価値観を知るために上にあげたような質問をしています。 たいていの人は、「家族と時間を過ご …

自分に自信を持つ方法。タフな人はどうやって自信を育てているのか。

メンタル的にタフな人たちは、新しいことにどんどんトライしていきます。 そのような人たちは、どんな思考習慣を持っているのでしょうか。   目次1 「自信」はタフな人たちの共通点2 「自信」に根 …

「あなたの完ぺき主義が治らないのは、評価をほかの人に預けているから」と言われたら、どう思いますか?

成果が上がらない人に共通することは、「成果につながらない行動を一生懸命やっている」ということです。 その奥底に隠れている心理は、「ほかの人から低い評価を受けたくない」というものです。   ス …

目標達成できる人とできない人の思考の違い。大きな「チャレンジ」よりも、小さな「トライ」を選べるか。

「トライする」 「チャレンジする」 同じような言葉で、両方とも好きな言葉ではありますが、私は使い分けています。 その使い分けの理由が、あなたの目標達成にも役立てばいいなと思い、記事を書きました。 &n …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら

■パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/

■「皇居ラン&コーチング」サービス
http://www.ryoushuukan.com/the-imperial-palace-run-and-coaching/

■メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内
http://www.ryoushuukan.com/e-mail-magazine-multiple-work/

■伊藤 良のプロフィール
http://www.ryoushuukan.com/profile/