【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づき

質問される立場になろう。自らを成長させるきっかけづくりにする。

投稿日:2017/05/03 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

早起き、習慣化、考え方など、10年前の自分と変化したことの1つに「ほかの人に質問される」ということがあります。

それは、当該分野について一定の学びと実践をおこなった成果ではないかと考えるようになりました。

 

スポンサーリンク

 

新人営業マン時代の悩み

新入社員として営業としてのキャリアをスタートした頃、不安だったことがあります。

それは、お客さまから受ける「質問」です。

・この案件はどれくらいの価格になりますか?
・このような仕様だと、納期はどれくらいかかりますか?
・他社さんは、こういうときどうしていますか?

こんな感じの質問をいただくと、知識も浅く、経験がほとんどない新人営業マンは冷冷や汗もの。

即答できない自分にほとほと困っていたもののです。(^_^;)

もちろん、社内で上司から仕事の流れを教えていただき、自分でもロープレをして、シミュレーションするといったトレーニングはおこないました。

それでも、トレーニングに完璧はありませんし、ロープレ通りにいく商談などありません。

「あー、自分がわからない部分を質問されたらどうしよう・・・」と不安になりながらセールスをしていたものです。

 

質問される立場になるという変化

その流れが変わったのは、やはり経験を積んだあとのことでした。

質問されることというのは、パターンとして認識してしまえば、まったく新しい質問をされることはほとんどありません。

そうなってくると、セールスにも自信が持てるようになるのです。

すると当然のごとく営業成績もあがってくるのですね。

ここから気づいたことは、人は「質問に慣れることによって、ようやく一人前になるのだ」ということ。

つまり、「質問をされる立場になる」ということが、「学びに対して一定の知識を得た」ということになるのではないかと考えたのです。

ですから、「質問される立場」になってみることはおすすめです。

自分がもっとも成長するきっかけになるからです。

 

質問される立場を目指しませんか?

質問に耐えうる立場になるということは自分以外の人のために学び、行動をしてきた証拠になるはずです。

ほかの人の質問に対して答えることにより、質問に対しする責任を負うからです。

質問がある人というのは、物事を自分ごととしてとらえている人であり、課題に向かって立ち向かおうとしている誠実な人です。

その人に対して、自分が持てる知識や経験から、できるだけ有用な答えを用意するという状況。

そのような経験は、間違いなく人間性を高めることになるし、深みを持たせてもらうためのいいきっかけになるものです。

そのような苦労を避けて、成長することをやめたまま生きてきた人。

一方で、「質問に答えられるような人物になろう」として自己研鑽を続けてきた人。

その2つのパターンを比べたら、その先の人生がどのようになっていくのかは想像に難くないでしょう。

人には、「成長欲求」というものがあります。

成長する機会が訪れて、「少し行動すれば、クリアできる」レベルの課題であれば、向きあっていきましょう。

つらいことや苦しいことは、プロセスにいるときは厳しいものですが、乗り越えたら嬉しいことでもあるはずです。

「自らがなり得る最高の自分」に近づいていく感覚があってこそ、充実感のある生活になるのです。

ぜひ、「質問される立場」を目指しましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日はひとり会議を実施。

GWにやりたいことやタスクをまとめていました。

まとまった時間を確保する予定です。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づき

執筆者:

関連記事

あなたの「ご縁のサークル」はどれくらい?人とのつながりをマインドマップにしてみよう。

私の人間関係のつながりをマインドマップにしてみました。 およそ3年ぶりくらいに描いてみたのですが、新しい気づきがったので記事にします。   スポンサーリンク   目次1 人間関係の …

柔軟に、しなやかに。「素直は学びを最大化し、周囲に好かれる資質である」だとぼくが考える理由

最近、至るところで「素直であることの重要性」を耳にします。 個人主義が叫ばれているこの時代。 素直であることは、周りの意見やの世間の常識に流されて個性を失うことにつながる心配はないのでしょうか? &n …

人生という名の道路ではブレーキはきかない。自分のアクセルで速度を調整しよう。

人生が思い通りに進まないときにも、必要以上にあせらずに、淡々とやるべきことをやれば前進することはできます。 その際のイメージは「立ち止まる」のではなく、オンとオフの速度を調整する感覚です。 &nbsp …

「行動すること」は大切です。でも、それだけでは足りないんです。

目次1 引き続き嶋津さんのセミナーから2 その理由は?3 継続の大切さを知る4 行動と継続の良習慣4.0.1 【今日の気づき】 確かに、行動することは大切。でも、続けることはもっと大切。 引き続き嶋津 …

「目標」と「やりたいこと」の違い。あなたの目標は、どうなったら、それが実現したとわかりますか?

「目標」と「やりたいこと」。 似ているようで違う2つの言葉を比較しながら、目標について考える機会がありました。 あなたは目標をどのように位置づけていますか?   スポンサーリンク &nbsp …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728