【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

やりたいこと・天職・才能・強み 複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)

「普通は嫌だ」と言いながら、「普通」を求める深層心理。「普通」を手放したら、何が起きるのか?

投稿日:2018/12/08 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「普通」や「平凡」は、嫌われる傾向にあるように思います。

しかし、私たちは「普通」や「平凡」を嫌いながらも、実は深層心理では「普通」や「平凡」を求めている面もあります。

それを手放したときこそ、いろいろな可能性が見えてくるものです。

 

スポンサーリンク

 

「自分は普通だ」という安心感

コーチングやブログを書くことで、私は「あるもの」を手放してしまったと思うことがあります。

それは、

・「自分は普通だ」という安心感

です。

世の中の変化のスピード、会社という組織の不安定さ、そのような1つの組織の中での自分の存在。

それらを考えたときに、自分の生き方・働き方と向き合って出てきた答えが「複業をやっていく」ということでした。

ただ、長いあいだ「普通」を目指してきただけに、そこを脱出することは難しいことでした。

物質的な面でも、精神的な面でも。

ただ、「普通」を手放さなければ、複業はできなかったのです。

 

無意識のうちに求めてしまう「普通」

ところで、「普通」の生き方とは、どのようなものでしょうか?

・高校や大学に進学する
・卒業して就職する
・文系だから営業や事務職に就く
・恋人にめぐり合う
・結婚する
・子どもを産む
・家を買う
・車を買う
・お墓を買う

といったところが、「普通」なのでしょうか。

私たちは、無意識のうちに「普通」という多数派を求めてしまいます。

そのほうが間違っていないように思われるので、安心できるのですね。

そこでは、自分の価値観よりも「多数派でいたい」と思ってしまうのです。

実際、自分の価値観や信念が明確な状態で、18〜22歳のときに就職活動ができる人というのはほとんどいないのではないでしょうか。

ですから、就職して何年か経過したあとに、ふと気づくわけです。

「このまま、今の会社にいて、本当の意味で幸福にはなれないのではないか」ということに。

もしかすると、あなたもそのようなことを感じているかもしれません。

しかし、仮に今の会社をやめたとして、その後にどのような選択肢があるのかはわからない。

それに、今の会社をやめたら「普通」ではなくなります。

周囲を見渡せば、

・会社員なら多少のがまんは必要だよ
・やりたいことで収入を得るなんてできるわけがないよ
・みんなも耐えながら住宅ローンや車のローンを払っているんだよ

という声が聞こえてきます。

そうなると、ますます「普通」を手放すことが怖くなるのですよね。

 

起業や複業を「川を飛びこえる」ことに例えたら

独立起業することを、「川を渡ること」に例えた話を聞いたことがあります。

すでに起業した人は、「川を飛びこえる前は確かに怖さもあったけれど、一度飛んでしまえば、それほど怖さはなかった。川の幅でいえば50cmくらいだった」と答えるそうです。

それは、すでに起業した人は、後ろからふり返ると、川幅がもっとも細い幅を見て話しているのです。

一方で、起業する前の人には、その川が一番大きくて広い幅を見ています。

それで、「こんな広いところ、飛び越えられるはずがない」と思ってしまうのですね。

一番広い場所ではなく、移動して、川幅がせまいところをみつけられるかもしれないのに、そこに視点がいきません。

ですから、ずっと「この川は怖い」と思っているままなのです。

私は複業を実践している身として、この例え話が、非常によく分かります。

私は、この川の幅こそ、その人が見ている「普通」なのではないかと気づきました。

川幅が広いところほど「普通」なのです。

ですから、飛び越えることが難しいと思うわけですね。

 

「普通」じゃないことを自分に許可する

くり返しになりますが、私たちは多数派が好きで、どこかで「普通」を求めるものです。

世間の「普通」や、世間の平均、偏差値50といったものをどこかで意識しているのです。

ですから、Web記事の「平均年収ランキング」などが気になるわけです。

そうして、「普通」を知って、安心したり、不安になります。

何しろ、私たちは、社会人になって、自分がある程度自由に選択できるようになるまで、「普通」というレールを外れる経験をしないものなのですよね。

ですから、たとえば起業や複業をしようと思っても、レールから外れることが怖いのです。

私自身をふり返っても、「普通」は嫌だ、と思いながらも、

・特に大金持ちではないけれど、特別に貧乏というわけではない
・超一流の会社ではないけれど、特別にダメな会社というわけでもない
・すごくモテるわけではないけれど、恋愛経験がないわけではない

というような「普通」に安心している感覚はありました。

しかし、自分の目指したい未来や人生の方向性を考えたときに、「今のまま会社員をやっているだけでは、永遠にたどりつけない」ことが明確にわかってしまったのですね。

それで複業家を目指すことにしました。

ですから、複業をやりたいと思っている人にお伝えしたいのは、

・今のまま会社員をやっていて、「人生で得たいもの」は得られますか?

という問いに答えることが大事だと思います。

そして、答えが「No」であれば、行動を起こすときだと思います。

「普通」を手放すことは怖いです。

私も怖かったのが正直なところです。

しかし、「普通」を手放した先にこそ、「人生で得たいもの」があるというのは、よく聞く話です。

実際、私もそうでした。

もしも、あなたが「人生を変えたい」と思うなら、一度「普通」を手放すとしたら、何ができるか、それを考えてみることをおすすめしたいです。

いきなりではなく、ちょっとずつ、少しずつでいいので、「普通」を忘れてみましょう。

「普通」じゃないことを自分に許可したら、どんなことができそうですか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりでコーチングセッション。

来年1月にセミナーとワークショップを初開催していただくことを約束。

そこからの広がりをイメージすると、私も心躍るものがありました。

その後、習慣化チームで来年の「習慣化の学校」に向けて、Zoomでミーティング。

習慣化コンサルタントの古川さんからシステムコーチングのスタイルで「どんなチームにしたいか?」といった問に、禁句なしで率直コミュニケーション。

私自身、深い気づきがあり、充実の時間となりました。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-やりたいこと・天職・才能・強み, 複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)

執筆者:

関連記事

目標に進めない理由は、裏側の不安を見ていないから。願望と不安の両面を言葉にしてみよう。

1万円札を見て「福沢諭吉さんの表面だけが欲しいです」という人はいませんよね?(笑) しかし、それと同じようなことを私たちは日常でおこなってしまっていうことがあるものです。   スポンサーリン …

自分のエネルギーは迷うと分散し、決断すると倍増する。

いま集中するべき分野があるなら、迷わず注力しましょう。 ほかのことを多少犠牲にしても、集中するタイミングがあります。   スポンサーリンク   目次1 「やるか、やらないか」でどち …

週末起業家に必要なのは売上だけではない。継続するために整えるべき3つの要素。

雑誌に掲載していただいたことで、ここ数年の活動をふり返りました。 その取材が、週末起業家がビジネスを継続するために必要なポイントをあらためて考える機会となりました。   スポンサーリンク & …

オンとオフではない「つなぎめの時間」に投資しよう。成長はそこからやってくる。

習慣化専門学校の友人が、VRのゲーム制作に熱中しています。 夢や目標を明確に持っている人は、会社ではたらいている以外のプライベートの時間を未来の自分に投資しています。 オンとオフという2つの区分から解 …

職場の人間関係の悩みから抜け出す方法は、自分にインディペンデント力をつけること。

職場での人間関係に悩んでいる人はいますか? そのヒントの1つとして、「インディペンデント力」をつけることがあります。   スポンサーリンク   目次1 あらゆる世代にはびこる不安2 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031