【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

ダイエットの習慣 仮説

習慣化は平常心でスタートしよう。でこぼこのモチベーションでは続かない理由。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

習慣化が続くか、続かないのか、そのポイントは「平常心」にあるのではないか、という仮説にたどり着きました。

そこに至ったプロセスを記事にします。

 

スポンサーリンク

 

学生時代のダイエットは挫折しまくる・・・

まだ私が習慣化について何の知識も持たなかった頃に、ダイエットにトライしたことがあります。

そのときは、何を考えていたのか思い出してみました。

最初に「やせたい!」と思ったのは、大学生の頃ですね。

ほとんどの若い男子が考えるように、「やせてもてたい」と思っていたのです。

いま考えると、「その前にもっとやることあるよね・・・」という感じですけれども。(笑)

当時のなんのノウハウもない私には、当然ダイエットは続きませんでした。

そして、何度も挫折していました。

挫折するたびに、「今度こそ、やせてやる!」と意気込むものの、モチベーションが続きません。

本当に「やせたい、スリムになりたい」と心から願っているのに、なぜ続かないのかがわからないのです。

そのような状態が続くと、はじまるのは自己否定と自己嫌悪のフェーズですね。

「考えてみれば、子どもの頃から続かないことばかりだったな。」

「自分には根性がないし、続ける才能がないのだろう。」

そんな風にして、自己信頼感を失っていくのです。

ただ、そうも言ってばかりではいられないので、「よし、今度は運動だ!」みたいな感じで、また何か別のことをやり出します。

でも、結果は同じです。

そのたびにやる気を失ったり、やる気を上げたり。

それの繰り返しでした。

 

過去の自分と今の自分の相違点

さて、現在です。

ダイエットの習慣化をはじめて1ヶ月が経過しました。

ちょうど4.5kgほど体重が減ってきて、ベルトを通す穴の場所にも2穴ほど変化が出てきています(これは意外と嬉しいのですよね・笑)。

体が軽くなり、やせている実感があります。

結果もついてきていることがあるのだと思いますが、ダイエットに楽しく取り組めているのです。

といっても、今は特に「3ヶ月で10kgやせる!」といった目標を掲げているわけではありません。

それでも続いているのです。

やる気を比べてみると、明らかに大学生時代のほうがモチベーションが高いです。

なにせ「もてたい!」と思っていたのですからね。(笑)

では、当時の自分と、今の自分では、何が違うのでしょうか?

私は考えてみました。

もちろん、習慣化するための経験や知識が違うのは間違いありません。

ただ、もっと大きな違いがあることに気づいたのです。

それは、「平常心を持って、ことにあたる事ができているかどうか」ということではないかと考えたのです。

 

習慣化するために「平常心で急げ」

挫折し続けていた過去の自分や、すぐにやめてしまうほかの人との共通点があります。

それは、「やるぞ!」という決意が大きすぎることです。

そうしてせっかく決意したのに、続かなくて悩んでしまうというパターンなのです。

モチベーションややる気を高めること自体は悪いことではありません。

しかし、モチベーションを高めると、どうなるか?

これは状態がいいときは続くのですが、何かの拍子にモチベーションが下がると、とたんに続かなくなってしまうのです。

生活していれば、環境や自分の感情は「変数」のかたまりなわけです。

常にモチベーションを高くキープできれば良いのですが、なかなかそうもいかないのではないでしょうか。

ですから、おすすめは「平常心ではじめること」です。

気負いすぎないこと、平常心で臨むこと、です。

結果を気にしすぎると目の前のことに集中できなくなりますので、平常心でプロセスに集中するのですね。

「ゆっくり急げ」というヨーロッパの格言があります。

「目指すゴールに早くたどり着くためには、ゆっくりいくのがいいのだ」というような意味です。

ニュアンスは伝わりますでしょうか。

まさに、私がお伝えしたかったのは、「ゆっくり急げ」と似たような感覚です。

それは、「平常心で急げ」ということです。

「習慣化というゴールを意識をしながらも、平常心を保って進んでいきましょう」という感覚ですね。

モチベーションを激しく上下運動させていては、挫折の確率が高まります。

ですから、いま何かの習慣化にトライしている方は、ぜひ「平常心で急げ」ということを意識してみてはいかがでしょうか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

今日の記事のネタは、

・ダイエットに苦しんで、しかも挫折した頃の自分

と、

・今、楽しんでダイエットをしながら、結果もついてきている自分

では、「何が違うんだろう・・・?」と考えることからはじまりました。

すつと、今朝、早朝スイムをやっているときに、「そうか、平常心ということじゃないか?」という感じで言葉がおりてきました。

やはり、常に「問い」を持っておくというのは大事で、こんなふうに「フッと」答えがやってくるものなのですね。

そのようにして、今日もプールの水をおいしくいただきました。(笑)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-ダイエットの習慣, 仮説

執筆者:

関連記事

ダイエット中に訪れた食べ飲み放題の食事会。それでも体重増加がなかった理由。

ダイエット中の飲み会や食事会は、対応に困りますよね。(^_^;) 昨日の私は、まさにその状況に陥ったのですが、今朝体重を測ってみたら、体重の増減がありませんでした! そこで、昨日の飲み会で心がけたこと …

早起きが習慣化できる人、いつまでも早起きが習慣化できない人。その違いはどこにあるのか?

・早起きが習慣化できる人 ・なかなか早起きが習慣化できない人 その違いがどこにあるのかを考え続けています。 そこで、1つの仮説が出てきましたので、記事にしてみました。   スポンサーリンク …

良習慣が「選択の変化」をつくり出し、理想の自分へ舵をきる土台になる。

「今の自分における良習慣は何か?」と考えながら、取り組む習慣を考えることがおすすめです。 その良習慣は、自分の意識を高めるものであり、寝る前に「今日1日の行動は、未来のありたい姿に近づくものだっただろ …

「何をやれば正解なのか?」を考えて動き出せない過去の自分に「正解探しはやめよう」と言いたい。

「この本を読めば、てっとり早く成功できそうだ!」 「あのセミナーに参加したら、人生が変わるはずだ!」 10年前の私は、恥ずかしながら常にそのようなことを考えていました。 本やセミナーに、「これが正解で …

自分の「常識、思いこみ、パラダイム」をより良いものに変化させ続けましょう!

今朝は人生で初めてのチャレンジをしました。 といっても、出勤前に散髪に行っただけですが。(笑)   【告知:早起きセミナー開催いたします。下記のURLよりお申し込み受付中です!】 ————— …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30