【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

学ぶ習慣 行動習慣

「自己学習を習慣化したい」のに、なかなか時間を確保できないときはどうすればいいのか?

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

私が自己学習を習慣化する際に確保したのは、ランチタイムの時間でした。

結果的にそれは正解だったと思っており、ポイントは「報酬」という要素です。

 

スポンサーリンク

 

動物は報酬のために行動する

習慣化ということを考えるときに、私が意識しておいたほうがいいと思うことは、「人間も動物」という視点です。

人間以外にも動物が存在しますが、共通していることがあるからですね。

それは、

・報酬によって行動を強化すること
・罰によって行動を減少させること

という原則です。

たとえば、犬のしつけをイメージしていただくとご理解いただけると思うのですが、お手や待てができるのは、その後の報酬のためです。

また、ラットがボタンを押すとえさがでてくるしかけをしておくと、ラットはボタンを押す操作を学習します。

その行動をくり返し、やがて習慣化になるわけです。

のぞんだ報酬がもらえる行動は、そのアクションが難しくない限り、学習して習慣化できるのです。

もちろん、人間も同じです。

「毎日30分運動したら100万円をあげます」と言われたら、多くの人が100万円という報酬のために運動を習慣化できるはずです。(ですよね?笑)

 

大きなゴールを達成したいときこそ報酬を習慣化する

自己成長をし続けて、ゴール達成をしたい人には、

・大きなプロジェクト
・今の実力ではほど遠い夢
・高い目標

というものがあるでしょう。

それらも、解決策は習慣化です。

どのような大きなことであっても、習慣化して少しずつ着手していけば、続けることで必ず終わりが見えてくるものです。

私でいえば、進行中のプロジェクトはいくつかありますが、たとえばこのブログもその1つであり、

・プログ1,000記事を達成した
・今日で1,660記事
・次は2,000記事を目指す

というプロセスにいます。

2013年7月にブログをスタートした当時は、「2,000記事なんて想像もできないよなぁ」という感じでした。

それを、1記事ずつ積み上げていく報酬によって、あと1年ほどで到達するのです(予定として)。

また、続けていることでコーチングやセミナーをうけてくださる方がいらっしゃいます(本当にうれしいです!)。

続けるプロセスの合間の報酬ですね。

そのように多くのケースでは、大きな成果とは小さな行動のくり返しの集積なのですよね。

たとえば、スタバでドリップコーヒー(ショート)を毎日楽しむ習慣を持つ人が、その習慣をやめるという行動を定着させたとします。

すると、10年間で110万円くらい貯金することができます。

逆にいうと、それがやめられない人は、「コーヒーを飲む」という報酬が大きいので、習慣的な行動をくり返してしまうということです。

 

習慣のために行動パターンに報酬をつなげる

習慣というのは、すぐれた成果を出すためには欠かせない要素です。

ギリシャの哲学者・アリストテレス氏も、

人は習慣によってつくられる。

優れた結果は、一時的な行動ではなく習慣からうまれる。

という言葉を残しているくらいですから。

同じ行動を欠かさずに続けていきたいということであれば、自分にとっての「報酬」がともなう行動を、

・同じ時間帯に
・同じ方法で
・楽しみながら
・くり返す

ということがキーポイントです。

楽しみという要素は、報酬を得られるプロセスを味わうという意味で、習慣化には不可欠です。

行動は、報酬によって強化されるからです。

会社員として勤務している人なら、1日のうちで確保しやすく、報酬に関連している時間帯はランチタイムでしょう。

人によっては「お昼休みに何を食べるのかが仕事の合間の楽しみ!」というよろこびもあると思います。(笑)

そのような時間帯に取りくむ行動は、非常に習慣化されやすいのです。

実際、私が最初に働きながら資格試験をとろうと思ったときは、ランチを食べながら世界遺産検定、簿記やTOEICのテキストを読んでいました。

ランチに行くタイミングでテキストを持っていくことにしたので、自然に習慣化できたのですね。

そのおかげで、資格試験はなんとか受かることができました。
(反対に、習慣にしたくない行動は、その時間帯にもってこないようにしましょう)

ですから、習慣化したい行動を考えるときは、まずはランチタイムに取りくむことができないか考えてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、早起き習慣化セミナーの特典送付など。

妻から「寒いので鍋にしよう」という連絡があり、早めに帰宅しました。

家族で鍋を囲んで食べる夕食。

これは冬のいいところですね。(^_^)

冬は苦手ですが、、、

【募集中】
2月20日 19:30〜21:30 これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

2月23日 19:30〜21:30 毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-学ぶ習慣, 行動習慣

執筆者:

関連記事

「アルダファの三大欲求理論」から考える。人間の高次的な欲求にある成長欲を活用しよう!

  こんにちは、伊藤です。 本日は、明日出場する「東京マラソン」の受付に行ってきました。 受付会場の東京ビッグサイトは大混雑。 これだけたくさんの人が関わるマラソン大会に参加できるのは、嬉し …

習慣化を42%以上の確率で成功させるコツは、スタート時期の頻度を「毎日」にすること。

行動習慣をスタートした時期の「反発期」で挫折する人の確率は、42%にものぼると言われています。 逆にいえば、そこを乗りきれば6割近くの確率で習慣化に成功するわけですね。 乗り切る最大のポイントは、「頻 …

私がTOEICの目標スコアをクリアできた理由は、プロセスに集中したことだと思う。

以前、日本語を学習している海外のかたと話をしていたところ、外国語の学習は習得が難しいという話になりました。 たしかに、語学学習は挫折しやすい習慣の1つですよね。 少しでも理想に近づくためには、どのよう …

習慣化が成功する自分のパターンを知ろう。決まった時間・場所・仲間(講師)。

年末年始は続いていた習慣が、この時期になって崩れてくる原因は、「仕事が始まって時間がなくなった」というものが多いですね。 ただ、そう言っていても物事は進みませんので、その制限を活用してみましょう。 & …

ネガティブを感じなくなる!言語化すべき3つの要素「欲求・ビリーフ・感情」。

不安や恐怖を感じるのは、その対象があいまいだからです。 それを解決するために必要なのは、形のないものを言語化することです。   スポンサーリンク   目次1 あいまいな対象を言語化 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031