【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣を身につける習慣

先のばしの原因はネガティブな感情。感情のブレーキをはずす3つの解決方法。

投稿日:2018/10/16

Pocket

仕事がたてこんで先のばしになるパターンがあります。

それは、「感情を考えすぎる」というブレーキがかかったときです。

 

スポンサーリンク


 

大量の仕事に悩み続けた日々

10年前、会社の仕事で残業が多かったときは、本当に大変でした。

社内で1番残業が多く、最後まで居残り。

いつも会社の戸締まりをして、終電で帰っていました。(^_^;)

そのような時期は仕事を早く終わらせるために、テクニックを求めてビジネス書を読みあさったものです。

仕事をやっていれば、解決するための問題がどんどん出てきますよね。

それを乗り越えていくからこそ、仕事の経験値も高まるし、実力もついてくる部分があるわけですが、渦中にいると「つらい・・・」と思うものです。

仕事を少しでも速くするためにどうすればいいのか、悩んでいました(今もありますが)。

当時、私が仕事が(今よりもずっと)仕事が遅かった理由が、今ならわかります。

それは、トラブルや問題が起きた際に、

・これは解決まで時間がかかりそうだな・・・
・これはもめることになりそうで嫌だな・・・

という感情がわきあがってきて、それに引きづられていたからです。

そこで「先のばし」が生じるのですね。

特に、自分ひとりではなく、ほかの人がからむときは、これが重症になります。

当然、先のばししても問題がなくなるわけではありません。

むしろ、悩んでいる時間が長くなるだけなのですよね。

 

ネガティブな感情が先のばしを生む

一方で、仕事が速い同僚を観察していると、私と異なることがたくさんありました。

そのうちの1つは、仕事をするときに、

・余計な感情をはさまないこと

でした。

ですから、解決への着手や第一歩が速いのですね。

少しでも速く解決して、前進する手をどんどん打っていました。

仕事が速い人は、ベビーステップが速く、少しずつ物事を進めていっていたのです。

問題があるということを、あまりネガティブに捉えすぎず、淡々と対応する。

それが仕事を速く進めるコツだと気づきました。

私が仕事を先のばしになるときの最大の要因は、よけいな感情をはさんでしまうことです。

特に、

・自分に責任の一端がある
・自分が責められる

という感情が生じたときは、先のばしが増えます。。。

そのせいで1種の思考停止になりますし、仕事の効率も落ちます。

事実、自分のミスでほかの人に迷惑をかけてしまうことはあるでしょう。

仕事をしていれば仕方がないことです。

しかし、問題が起きない仕事というものはありませんし、自分だけがミスゼロになるはずもありません。

これが自分ひとりで完結する仕事なら、よけいな感情をはさまずに動くことができることも多いです。

1人のプレイヤーであれば、目の前の問題解決に淡々と向かっていくことしかできないからです。

 

感情ブレーキをはずす3つの解決方法

先のばしが起きるのは、先述の通り、自分以外の人間がかかわっていることによって、

・自分が怒られるのでは?
・相手に嫌な思いをさせてしまうのでは?

というネガティブな結果を想像してしまうからです。

そこで、当時とった私の解決方法が3つあります。

1:感情をロボット化する

1つは、

・自分をロボット化すること

です。

ロボットのように一定の感情をOFFにして、タスクに向き合うのです。

たとえば、相手の機嫌が悪くなるかもしれないけれど、あまり気にせずに報告をする。

問題があれば事実を共有して、方針を相談し合う。

意外と相手は「それは仕方がないよね」と言ってくれることもあるものです。

 

2:頭の中で呪文を唱える

2つ目は、

・「どうせいつかはやることなんだから、今の相手の気持は手放そう」

という呪文を唱えることです。

自己責任の考え方は大切です。

しかし、問題が生じたことを、自分の責任問題だととらえすぎると、混乱して動けなくなってしまいますので注意しましょう。

 

3:チャンクダウンする

最後は、

・大きな問題であっても、小さくチャンクダウンして、1つひとつ取り組んでいくこと

です。

一見やっかいな問題に見えても、それぞれは分解できるはずです。

そのような捉え方をして、淡々と仕事に着手していきましょう。

淡々と仕事をしていくことが、仕事を進めていくコツ。

私も、まだまだ実践中です。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりで先輩たちと懇親会。

先輩が「重大発表。新しい家族ができました」ということだったので、「ええ!3人目のお子さんですか!?」と驚きました。

写真があるということで見せてもらったところ、3人目の子ども(娘)さんの正体は、、、4ヶ月のアメリカン・ショートヘアのかわいい子猫でした。(笑)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-良習慣を身につける習慣

執筆者:

関連記事

苦手なことを習慣化するために「プレマックの原理」を利用しましょう!

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 今週末にデュアスロンの大会に参加します。 今日は早起きして、久々にロードバイクのトレーニングをしました。 …

「ダイエットの習慣」セミナーから1ヶ月!無理のないダイエットでどれくらいやせられるのか?

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 「ダイエットの習慣」セミナーから1ヶ月。 実践の結果を記しておきます!     目次1 …

内省のやり方とひとり時間のつくり方。自分で自分を評価できる人になるために。

先日、クライアントさんから「内省って、どんな風にやればいいのかがわかりません」という質問がありました。 そこで、内省の重要性とその時間をつくるポイントを記事にしました。   スポンサーリンク …

幸せに生きるためのシンプルな良習慣。毎日ポジティブな質問を自分に投げかけよう!

物事のどのような部分に焦点を当てるのか。 そして、物事のどのような部分に空白をつくるのか。 その原則を日常で活かすために、もっとも有効な方法が「質問」です。   スポンサーリンク &nbsp …

「私がマッキンゼーを辞めた理由」に学ぶ!決断力を持っている人の3つの習慣

  「東大院卒・マッキンゼー社員が芸人になった!」とは帯のキャッチコピー。 そのような決断力を持つ石井てる美さんはどのような習慣を持っているのでしょうか? 本書から学んだ3つの大切な習慣を選 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら