【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

モチベーション

周囲の「ネガティブ・プレッシャー」を自分発信の「ポジティブ・プレッシャー」に変換。重圧を「応援とエネルギー」にしよう。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

自分発信の「ポジティブ・プレッシャー」は、飛躍への原動力になります。

宣言を活用すれば、重圧が応援に変わるからです。

 

スポンサーリンク

 

自分の宣言を有言実行する充実感と達成感

「やりたいことリスト100」コミュニティーでは、各自が「これ、やります!」宣言をしています。

そこで、Yさんが「これ、やります!」宣言をしました。

それは、「ダンスの発表会に参加する」こと。

「やりたいこと」というテーマではありましたが、開催してみると「100%、すぐやろう!」ということばかりが「やりたいこと」ではありません。

「やりたい」という気持の中に、

・自分にできるだろうか?
・時間も限られているのに、それを自分がやる意味があるのだろうか?
・誰かに嘲笑されるのではないか?

という感情がまじっているものなのですよね。

でも、それぞれがその場で宣言をしなければ終わらないので、思わず「ダンスの発表会に参加します!」と宣言してしまったのです。(笑)

そして、先日、ダンスの発表会のステージに立ち、Yさんより経験豊富な人たちにまじって見事にその宣言をやりとげました。

Yさんから、コミュニティーにダンスの発表会の写真が投稿された際に、「おかげで、とても得難い経験ができました」というコメントがありました。

そこに感じたのは、充実感と達成感です。

会社の仕事や家庭の役割をこなしながら、ダンスの発表会にむけたトレーニングをするのは、努力や工夫が必要でしょう。
(トライアスロンをやっているので、よくわかります・笑)

周囲に自分発信の宣言を活用して、Yさんは自分の巡航速度では得られなかった成長を成し遂げたのです。

 

周囲の重圧を「ポジティブ・プレッシャー」で応援に変える

では、そこをどのようにしてそのような成長をやりとげていけばいいのでしょうか?

Yさんが活用したのは、「周囲へのプレッシャー」です。

プレッシャーというとネガティブな語感があります。

それを「ネガティブ・プレッシャー」と呼びましょう。

一方で、いい意味でのプレッシャーもあるのです。

それは、

・ほかの人から受けるプレッシャー

ではなく、

・自分発信のプレッシャー

です。

それを「ポジティブ・プレッシャー」ということにしますね。

周囲にいる人たちから過剰に期待されるケースだと、それが自分への「ネガティブ・プレッシャー」となって大きくのしかかってきます。

そのプレッシャーはほかの人からの期待なのできついものです。

しかし、自分発信の「ポジティブ・プレッシャー」を活用すると、ほかの人からの期待は「応援」に変わるのです。

そして、その期待は、自分が飛躍するためのエネルギーに変わるんですよね。

人は、ほかの人に期待されると、無意識のうちに応えようとしてしまう生き物です。

そのがんばりがいい方向にはたらけば、これまでの自分の能力以上のことができるようになるのです。

トライアスロンのレースにエントリーしてタイムリミットを設けて、マイコーチに応援してもらい、そのレースに向けてトレーニングをして自己ベストを更新するようなイメージですね。

プレッシャーがかけられたときは、上から押さえつけられる「ネガティブ・プレッシャー」のイメージを手放してしまうのがいいです。

そのかわりに、自分発信の「ポジティブ・プレッシャー」をどんどん活用して、周囲の人の応援によって下から押し上げられている自分を感じとってエネルギーにしていきましょう。

 

将来のありたい姿のために逆算の種まきをしよう

うまくいっている人は、このような「ポジティブ・プレッシャー」の仕組みを活用しています。

実際、30年、40年と生きていると、

・棚からぼたもち
・濡れ手で粟
・一攫千金

といったような「何もしてないのに、思いがけずにやってきた幸運」というものが起きる確率はほとんどないことがわかります。

世の中の「成功者」と言われている人たちの生き方に接したり、間近で見ることができるようになると、いわゆる成功者の人たちも、「ポジティブ・プレッシャー」で自分を成長させています。

成果を上げている人のほとんどは、やはり最初かは小石を積み上げるように「自分の畑」に種をまき、畑を地道に耕していっていることがわかります。

その種まきと耕しの積み上げが、実を結んでいるのです。

私たちは、「宣言」とその果実しか見えていません。

そうして、「ああ、あの人だからあんなおいしくて、きれいな実ができるんだな」という思いを持ってしまいます。

でも、そこには、逆算の行動があります。

そのような果実を食べたいのかは、どのような種をまくのかが大事だからです。

たとえば、23時に寝るためには、

・何時に仕事を終えて
・何時に食事を終えて
・何時に夜のタスクを終えて
・何時に寝る支度をして
・何時に歯みがきの準備をして

といった逆算の種まきと耕しが必要なのですよね。

そのような行動を通してはじめて、「23時にぐっすり眠る」という果実を得られます。

それと同じように、10年後に目標とする自分になるため、

・いつ
・何を
・どのように

行動していけばいいのかを考えます。

そのようにして描いた自分の人生の工程表に沿って行動していくことが、人生を充実させるために必要なことなのだと思うのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、妻と2人で東京のんびりマラソン散歩 第18回 東京夢舞いマラソン大会に参加。

距離はフルマラソンと同じく42.195kmなのですが、「東京のんびりマラソン散歩」という大会名にもあるように、電車やバスなどの公共交通機関を使ってもいい大会です。

うーん、ありえないくらいにゆるゆるの大会です。(笑)

マラソン日和だったので、妻と2人、気持ちよくレースを完走しました。

ハーフマラソンの距離だけですけれども・・・(笑)

【募集中】
■2017年10月19日(木) 19:30〜21:30:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

■2017年10月26日(木) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年11月2日(木) 19:30〜21:30:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-モチベーション

執筆者:

関連記事

行動力を高めたい人へ。まずは自分のエンジンが稼働するスイッチを探ろう。

「自分に行動力があったらなあ・・・」と思うときが、よくあります。 ただ、10年前に比べれば行動力は高まったと思っています。 その理由を考えてみました。   スポンサーリンク   目 …

燃え尽き症候群にならないために。視座を高め続ける3つの環境をつくってみよう。

ゴールを達成すると「燃え尽き症候群」になってしまう人がいます。 せっかく目標を達成したのに「燃え尽き症候群」になってしまってはもったいないもの。 そこで、「燃え尽き症候群」ならないための環境づくりにつ …

目標設定の3つの原則を知っていますか?あなたの目標は原則が入っていますか?

何ごとも原則があり、それを上手に活用することが重要。 情熱を燃やせるような目標設定にも原則があります。   スポンサーリンク   目次1 友人の初開催のセミナーに参加2 あいまいな …

山登りタイプの方へ。やりたいことや目標を見つける3つの視点。

目標があると燃える「山登りタイプ」。 山登りタイプが目標を書き出すためには、ある程度の切り口を持っていると目標をつくりやすくなります。   スポンサーリンク   目次1 目標設定の …

目標のリマインド。あなたの目標を定期的に思い出す仕組みを持っていますか?

人というのは不思議なもので、夢や目標は常に意識しておかないと忘れてしまいます。 夢や目標を忘れないためにできるのは、常に思い出す仕組みをつくっておく工夫です。   スポンサーリンク &nbs …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031