【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起き

早起き習慣化に変化球はいらない。基本かつ本質は「寝る時間に焦点をあてる」こと。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

当ブログの検索で、「早起き」「習慣化」「続ける」といったキーワードでたどり着かれているアクセスがありました。

最近、早起き習慣化の話題を記事にしていなかったので、あらためて基本を書いてみます。

 

スポンサーリンク

 

どうしても早起きが続かなかった過去

以前、私が早起きできなかった頃は、

・どうしても2度寝してしまう
・寝坊してしまうこともある(汗)
・休日はお昼まで寝てしまう
・そのわりに夕方に「何もせずに休みが終わっちゃったな・・・」と後悔する

ということがありました。

「明日は、早起きしよう!」と意気込んでふとんに入るのですが(いま考えると、意気込んでいる時点で寝られない気がしますが・笑)、翌朝目覚まし時計がなると、なぜかその意気込みを失っているのです。

前日の意志を、きれいさっぱり忘れているのです。

不思議でした。

そして、自分を責めます。

「早起きもできない根性なしなのか、自分は。。。」という感じですね。

朝時間の有効活用をうったえているコンサルタントのセミナーに行ったり、行動習慣を語る作家の方に、早起きの方法を直接質問したことも(何度も)あります。

それらの答えを聞いては実践して、瞬間風速的に成功することはありました。

でも、私が目指していた「継続的な早起き」は、できるようにはならなかったのです。

 

早起きするために焦点をあてるポイントとは?

しかし、あるとき転機が訪れました。

私の習慣化の師匠である習慣化コンサルタントの古川武士さんのセミナーに参加したことです。

年始のセミナーで、「今年こそ続ける習慣」というテーマでした。

セミナーの終わりに藤井孝一さんから質疑応答が案内され、私は最初に手をあげました。

幸運にも手をあげたのは私1人だったので、直接質問させていただけることになったのです。

私は、満を持して「早起きを習慣化できるようになりたいのですが・・・」と質問しました。

その際に、古川さんから、「起きる時間にフォーカスをあてていませんか?」と聞かれました。

私は、当然のごとく「はい、、、起きる時間を決めて早起きするようにしています。」と答えました。

すると古川さんは、「早起きを習慣化するためには、起きる時間ではなくて、寝る時間にフォーカスをあててください。そうすれば、早起きできる確率はあがります。」と言われたのです。

私は、「あっ・・・。そうだよね。早く起きるためには早く寝るのが当たり前だよね、、、」と、ハンマーで頭をガツンとたたかれたようなショックを受けました。

それまでに、早く寝ることの重要性は本やセミナーで聞いたことがあります。

しかし、「寝る時間に焦点をあてる」という言いまわしや視点は聞いたことがありません。

このとき、私の早起き習慣化に対する大きな壁が、ボロボロと崩れ落ちた瞬間でした。

 

早起きの原理原則を実行していこう

セミナーの翌日から、さっそく「寝る時間」に焦点をあてて、再び早起き習慣化にトライしてみました。

もちろん、すぐに習慣になることはありませんでしたが、明らかに早起きできる確率があがってきたのです。

以前は、1週間に1度か2度くらいしか成功していなかった早起きが、1週間に4日や5日できるようになっていったのです。

このとき、早起きに対する手ごたえのようなものを感じたことを覚えています。

早起きには、

・カーテンを開けて寝る
・朝一番で体を動かすルーティンを決めておく
・前日の夕食を軽めにしておく

など、テクニック論はたくさんあります。

でも、テクニックだけでは習慣化するのは難しいでしょう。

細かいことをあれこれやるよりは、大事な基本の本質の部分を1つシンプルに抑えれば十分なのです。

早起きに関しては、シンプルな基本は「寝る時間を決めて、その時間までにふとんに入る」という行動です。

私も、疲れが残っていたり、二度寝が続いてしまうときには、この基本に立ち返るようにしています。

まるで、遅延した電車が、運行ダイヤ通りに戻すように、寝る時間にフォーカスすることによって戻すのです。

早起きに悩む方は、ぜひ基本を抑えてから早起き習慣化にトライしていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、早朝からコーチングセッション。

母の日ということで、妻にはひとり時間をプレゼントして、娘(自転車)と一緒にランニング。

息子と合流してカーネションの花束を買い、夕食は妻が気にしていたイタリアンのお店に初めて訪れました。

私の母から「花束が届いたよ」と電話をもらい、妻の実家にも行くという、充実した日となりました。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起き

執筆者:

関連記事

早起き習慣化で自分の時間を確保して「時間がない!」を解消しよう。

先日、習慣化に関するアンケートを見ていたら、「早起きしたい」と思っている人がたくさんいることを知りました。 「早起きしたいけれどできない・・・」と思っている人は、早起きのメリットが弱いのかもしれません …

早起きは王様クラスの良習慣。未来に希望をつくり出すことができる唯一の習慣。

早起きの習慣は、「多数の習慣の中でも、王様クラスの習慣」だという表現を目にしました。 この表現に、強く共感いたします。   スポンサーリンク   目次1 早起きは多数の習慣の中でも …

寒さに負けずに、快適に目覚める方法。あたたかさに「快」の感情をプラスする。

最近、私が主催している「早起き部」で、「寒くてふとんから出られません!」という投稿が増えてきました。(笑) そこで、寒さに負けずに早起きするためのコツを記事にしました。   スポンサーリンク …

早起きにこだわる男が早起きにつまづいた理由。その打開策は「金曜日に早寝する」ように戻すこと。

「人生で初めてのセミナーコンテンツを作成する。」 それは、私にとって非常に負荷のかかるタスクです。 今回、「ブログ1,000記事セミナー」を開催するにあたり、まさにそのような状況に陥りました。 その反 …

早起きを習慣化したい理由は?表層的な理由の奥に眠る本音の探り方。

「なぜ、あなたは早起きがしたいの?」と聞かれて、即答できる人はすばらしいです。 ただ、その答えの奥には、もっと深い理由があることも多いものです。   スポンサーリンク   目次1 …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30