【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

お客様の声(早起きセミナー)

早起きセミナーご受講者様の感想

ワークの割合が多く、セミナーの場という強制力も使って、自分の理想・現実、その他の視点で多角的に早起きのことを考えることができました。
特に理想と現実のタイムスケジュールを見える化したあとの相互コーチングでは自分の思考を整理できたのと共に、具体的な行動施策まで見つけることができたので明朝から実践に移せそうです。
あと戦略的先送りはどんどん使って行こうと思います。
(奈良光規 様)

・「早起き」というものを体系化して学ぶことができました。
・自分の気持ちを整理し、思っていることを書くことで明らかになったことが良かったです。
・それと同時に、「どんな質問をすれば、考えることができるのか?」といった部分でも新たな気づきがありました。
・早起きするために、早起きに焦点を当ててはいけないことを学んだので、眠りに入る時間に注意して、早起きを実践していきます。
・同時に、1日を主体的に過ごす方法を見つけていきます。
(K.S様)

「早起き」が目的ではなく、「早起き」することで何がしたいかと意識することができて良かったと思います。
今まで早起きに失敗ばかりしていましたが、早起きがただの目標になっていたからだということがわかりました。
「早起き部」に入って、早起きチャレンジ宣言をしようと思います。
タイムスケジュールのワークが、理想の現実の差と、何に時間を取られているのか視覚的に分かりやすくて楽しかったです。
(田井聡子 様)

最初は、「起きるための技術として何かあるのでは?」と思っていましたが(いわゆる朝の行動にフォーカスしているのかと思っていました)、一番は夜の行動だということに驚きました。
考えてみると、確かに夜寝る時間は遅いです。(同じく朝起きが苦手なのも同じです)
この改善がキモだと思いました。
今日、モチベーションが上がりましたので、「内部動機+外部の強制力」で頑張りたいと思います!
(佐藤孝行 様)

早起きをすることで得られるメリットや、それを継続することで将来の自分がどうなるかを文章化することで、改めて早起きにチャレンジしたいという気持ちが強くなったことが良かったです。
(K.I様)

「何のために早起きをするのか?」現状のボトルネック、理想とのギャップを改めて認識できました。
センターピン、「大きな石」の考え方は良いと思いました。
継続するための方法、仕組みという考えは新鮮でした。
(これまで早起きというと、気合や意思の力によるものというイメージがありましたので。)
これからの人生を良いサイクルで回すためにも、早起きは良い習慣だと改めて感じました。
伊藤さんのセミナーは聞いていて心地よく、ワークも多く取り入れられていて、あっという間の3時間でした。
本当にありがとうございました!
(T.N様)

早起きについて具体的に考えることができ、大変おもしろかったです。
自分の生活を客観的に見ることができました。
もともと寝るのが大好きなのですが、早朝の空や空気感も大好きなので、楽しみながら、習慣化していきます!
伊藤さんの声が落ち着いていて、優しい響きで、スッと心に入ってきました。
早起きして、より一層「好きな自分」になります!
今日は貴重なお時間いただきありがとうございました!
(高倉さとみ 様)

タイムスケジュールで行動を視覚化することによって、例えば30分でも毎日続ければまとまった事も出来ると発見しました。
「早起きはできないもの」と決めかかっていましたが、「継続」の結果が出たら、自分の理想の生活が待っているというのは新鮮な響きでした。
ボトルネックが邪魔しているものの発見もできたので良かったです。
(詫間未知子 様)

伊藤さんの長年の研究、豊富な経験に基づいており、とても説得力がありました。
自分と向き合うワークを行う事により、ボトルネックが可視化され、目的が明確になり、なんとなくぼんやりと思っていたことがクリアになったのが良かったと思います。
「早起きの技術」のタイトルに違わぬ内容で満足でした。
早速、明日から実践していこうと思います。
(谷 富雄 様)

伊藤さん、本日はありがとうございました。
本日のセミナーでは、色々な気づきを得ることができましたが、中でも理想のタイムスケジュールと、現実のタイムスケジュールを書き出し、実際に比較したことで、自分自身の課題や改善点を明確に認識することができるようになりました。
早速、明日からの活動(生活)に活かしていきたいと思います。
この度は本当にありがとうございました。
(松本晃秀 様)

本日は貴重なお話ありがとうございました!!
・「早起きが良い」というのは、なんとなくわかっていると思う人が多いと思いますが、伊藤さんの「早起き哲学」によって、早起きのメリットがさらに明らかになり、自分の中にスッキリと腑に落ちました。
ただ単に「早起きしたい」だけでなく、自分の中のセルフイメージ、理想像、ライフスタイル、あり方に関わることなのですね。
・今後は、まず早起きの起床時刻を宣言し、取り入れられるシステムはどんどん試していきます!!
・早起きセミナーを検討されている方は、早起きのノウハウや「Why?」は当然のことながら、ご自身のセルフイメージやありたい姿も見つめなおし、一歩を踏み出せるのではないでしょうか。
(赤山雄治 様)

セミナーありがとうございました。
1年半前にも参加させていただきましたが、すでに忘れていることも多く、2回目の受講でまたもや気づきがありました。
また、失いつつあった早起きですが、まずは再チャレンジしたいと思います。
セミナー内容も、早起き理論からコンサルティング的なワークもあり、勉強になりました!
(川口麻美 様)

・3時間もの間でしたが、ワーク中心で飽きずに楽しめました。
・早起きには「理由」が大切なことを改めて認識しました。
・明日から、5時〜5時15分起きを目指します。
・理想のライフスタイルを目指すという必要性を認識いたしました。
(K.F 様)

セミナーは伊藤さんならではの、柔らかい雰囲気で進めて頂き、自然と集中することができました。当日、実はかなり疲労していました(前日まで深夜残業続きの生活だったので。。)。しかし、セミナーの雰囲気・内容に気付けば集中できたのは、伊藤さんのお話しされたコンテンツ、話し方が素晴らしかったためだと思います。

セミナーを受けて気付いたことは、早起きこそがセンターピンである、ということです。
自分の限られた時間を掌握し、コントロールするためには、誰にも邪魔されない自分の時間を確保することが必須です。しかも、他者の都合ではなく、自分の都合で起きる時間を選ぶという行為が、セルフマネジメントの第一歩であるということも、認識することができました。

このような気付きが得られましたので、早起きすることを決意しました。これまで何度もチャレンジしては挫折していたのですが、もう1度、チャレンジしてみたいと思います。
平日、家族と朝食をとる前に、ストレッチ+体幹トレーニング、あるいはブログ(どちらも約1時間)を終えられるよう、5時起きを目標にしたいと思います。
そのために、教わったように前日の夜までをしっかりマネジメントしたいと思います。私の場合は、20時までにオフィスを出るのが、目標達成のためのターゲットになるのかな?と思っています。

すぐには上手くいかないかもしれませんが、習慣ですので、徐々にでも確率を上げられるように、頑張っていきたいと思います。

繰り返しになりますが、セミナーは分かりやすく、行動につながる第一歩となりました。本当にありがとうございました!
(渋屋隆一 様)

この度はセミナーで新たな気付きや学びを頂きましてありがとうございました。

まさかの、受講生から日付指定のセミナー開催要請(笑)
実現した事に感謝です^^

全体的なところだと
セミナーの流れが好きでした。
早起き前後の変化の部分は共感を得られる内容で、うんうんとうなずいていました。

そして、一番の収穫は自分を責めないということ(笑)
多分、私を含め早起きセミナーに出るような人は真面目さんが多いと思います。
出来ないと自分を責めたりするような方が多いかなと。

今までそれで何度挫折した事か。。

緩い縛りというのは、それはそれで目標達成に必要だという事が分かりました。

ということで、まずは1ヶ月、週4回以上の4時起き生活始めます。

個人的に思うセミナー対象者

早起き興味あるけど、、朝は・・・ね。という方
早起きは既に挫折済み!という方
は受けたら得られる物があるかと思います。

早起きはMUSTではなく、目標達成や人生をよりよいものにするための手段に過ぎません。
その目標や人生にもしかすると早起きは必要ないかもしれません。
その必要性を問いたいという方もご参加いただけるのではないでしょうか。

いずれにしましても、個人的には早起きしたくて、ケツ蹴ってもらいたくて、自分をどうにか変えたくて・・・。
という中での参加。
気付きと学びを頂きましたので、あとは実践あるのみです。

この度は、ありがとうございました。
(吉本勇 様)

本日は「早起きの技術」セミナーありがとうございました。

セミナーを受講する前に、何回となく毎朝5時起きにチャレンジしていたんですが、
いつの間にか挫折していました。セミナーに申し込んだ理由は、毎朝5時に
起きられるようになりたかったからです。
しかしセミナーを受講して、「何が何でも5時起き」ではなく、もっとゆるく、
無理のない健康的な早起きが重要なんだと気づけました。
深夜残業や飲み会など自分ではコントロールできない要因も絡むため、
早起きの習慣づけの難易度は、実はかなり高いんですね。

「何があっても○時にきっちり起きたい。早起きのためなら死ねる!」という
人には向かないセミナーですが、無理のない健康的な早起きを習慣づけるには
最適だと思いました。

教わったことを心に刻み、また5時起きにチャレンジしたいと思います。

(時田佳典 様)

今まで早起きと言えば
「○○時に起きる」ということだけに
注意していればよいと考えておりました。

例えば
「残業で帰りが深夜となっても
翌日は決めた時間の朝5時に起きることが大切だ」
という様な意識です。

この点について、本日セミナーを受講して誤りだと気づき、
下記の通り考えを改めました。

「早起きは一つの結果であること」
→業務を何時までに終わらせ前日は何時までに布団に入る、という様な
 セルフマネジメントを実現できた結果として、早起きの習慣を身に着けることが可能となる。
 ただ「起きる」ということだけに注目せず、無理なく早起きするためにどうすればよいか、を
 考えることが重要である。

「早起きは一つの過程(手段)であること」
→”なぜ”早起きをするのか、という問いに答えを出さないまま早起きしても継続できない。
 先に「○○になりたいから、そのために早起きして時間を作り活動する」という位置づけであり、
 自己実現のための方法の一つである。

まず、「何を以て自分の名前を覚えられたいか」という問いを自らに立て、
そこに至るための活動を行う時間を確保するために
早起きを行うという順番で、改めて早起きに取り組みます。

無理することなく、坦々と習慣化していき、
自分をコントロールできる能力を身につけたいと考えました。

本日はありがとうございました!
(M.M)

早起きは、「one of 習慣’s」ではなく、“時間”と“理想の生活”を創り出す、波及効果の高い「king of 習慣’s」だということがわかりました。
そして、そのための自分にとってのセンターピンとボトルネックを見つける時間を頂けたのが良かったです。
とても有意義な時間でした!
(Y.N様)

・早起きする目的を明確にできたことが良かったです。
・早起きしてからのルーティンを考えるきっかけ 帰宅後もう一度整理します。
・早起きのコツを知ることができたこと。夕食は軽めに、22時にはPCとスマホをOFFにします。
(T.M様)

・ワークが多くて、日々考えていないことが考えられたので良かった。
・特に9マスのワークは各ステップを網羅しているので良かった。
・伊藤さんが、過去と現在の話を出すなど、ご自身の経験に基づいてお話をされていたのが良かった。
・まずは、週4日、朝5時起きを目指して頑張ります。
・同じ22期生がセミナーを開催している姿を見て刺激を受けました。
(T.H様)

2回目の参加でしたが、前回よりスライドや進行が洗練されていました。
ワークの時間配分もちょうど良かったです。
早起きの技術をいくつか実践します。
(T.N様)

今まで知らなかったお話をたくさん教えていただけて、とても楽しい時間でした。
セミナー直後なので、まだ何一つ試していませんし、成果も出ていませんが、「何か、今回はできそうな気」がしています。
ワークの時間も、ヒントをたくさんもらいながら取り組めたので、やりやすかったです。
明日の朝以降が楽しみになりました。
これで早起きが習慣化したら、とてつもない無形資産を手にいれることになりますね。
今からワクワクしています。
ありがとうございました!
(栗原邦夫 様)

朝起きてやることを決めていなければ起きれない、という話にいろいろと気づきがありました。
現状、「いかに第2領域を後まわしにしているかわかりました。
人生の目的、家庭の平和など長期的な目的を持つことで、継続できるのかな、と思いましたので、目的の確認等もできる「早起きノート」の利用をしてみたいと思います。
多くの学びがあったので、早速復習したいと思います。
本日はセミナーの開催ありがとうございました!
(高杉保宏 様)

早起きのメリットが非常にわかりやすく考えることができ、自分の生活を見直す大変良い機会となりました。
1つ1つのワークが有効でセミナーが終わった後に実践しやすく、これなら早起きがばっちりできます。
まずは、1ヶ月、週5日6時起きにチャレンジしていきます。
とても有意義なセミナーありがとうございました!
(根葉正裕 様)

セミナーの内容もさることながら、伊藤さんの人柄にも共感致しました。

「特に良いと思ったこと」
⇒早起きに関する本は何冊か読んだことがあるのですが、実際に実践しておられる方からお話を聞くと、臨場感にあふれており自分でもできそうだなと思ってきます。

また、伊藤さんご自身が、数年前までは早起きでなかったことをお聞きして、より一層自信が湧いてきました。

「気付いたことや深く学んだこと」
⇒早起きをするためにはテクニックも大事だけど、それ以前に、なぜ早起きをするのか?が明確になっていなかったり、さらには、時間に対する意識が低いと、長続きしないと強く感じました。

「特に印象に残ったこと」
⇒「早起きはノーリスクハイリターン」
「早起きは、毎日無料でチャレンジ可」
という言葉が心に響きました。このフレーズを聞いたら「やらなきゃ損!」と
自然と思ってしまいます。

「決意したこと」
⇒早起きを実践して、1日1冊1ブログを実践していきます!
最近、出版もしてみたいと思うようになったので、早起きを実践して、とにかく読書量・発信量・行動量を増幅させていきます!

「これから行動しようと思うこと」
⇒早速ですが、Facebookページを作って、社内の数人を招待しました。
伊藤さんが二度寝防止のためにもFacebookページに複数入ることを薦めておられたので、自分で作ってみました。早起きしたい社内の人を募って、報告し合います。

「早起きセミナーへの参加を迷われている方へのメッセージ」
⇒「なぜ、早起きをするのか?」 「早起きのメリット」などの抽象度の高いお話から、
非常に具体的かつ実践的な内容に富んでおり、すぐに活用できます。
テクニックだけではないので、マインドからも早起きの重要性を落とし込むことができ、早起きへのモチベーションがぐんと上がります。
また、一緒に早起きをチャレンジできる環境が手に入ることは大きな財産です。

(松本毅 様)

果たして、今まで何度、「早起き」にチャレンジしたことでしょう。

ただ、チャレンジの都度、失敗を続けてきた自分がいました。

その理由を考えると、早起きというと、根性論的な行為と考えてしまい、意思や気持ちだけでなんとかしようと考えてしまっていたためです。

しかし、この度、セミナーに参加させていただき、その考えは180度、方向転換いたしました。

早起きは根性論ではなく、きちんとした方法論があるのだと。

既に仲間の方々と継続して早起きを実践しているそのノウハウを聞いていると、
「ひょっとして自分にも出来るかも」
という気持ちがフツフツと湧いてきます。

また、早起きを報告し合える仲間がいるというのも、何よりの励みになると思います。

今後は、セミナー中に実施したワークを元に、日々早起き出来るよう、切磋していくことになりますが、引き続きいろいろとご指南いただければと思いますので、よろしくお願いいたします。

(加藤英朗 様)

「気付いたことや深く学んだこと」
⇒早起きの鉄則

「今後活用できると思ったこと」
⇒タイムスケジュールを決める事
⇒伊藤さんが実際やっている事

「決意したこと」
⇒自分で人生の手綱を握りなおそうと思いました!

「これから行動しようと思うこと」
⇒スケジュールを貼る

「早起きセミナーへの参加を迷われている方へのメッセージ」
⇒あと何回早起きにチャレンジできるか想像してみて頂きたい。

(N.O 様)

まず、早起きは朝早く起きることだと単純に思っていましたが、
それは日々の生活の結果であり、複雑であることを初めて認識しました。

私はいくつかの“良習慣”を持っていますが、
早起きは一日の内で朝の一回しか実行するチャンスがなく、
他の時間帯にも行える運動やブログとは違った難しさを感じていました。

未だ早起きだけは習慣化できずにいたので、納得です。

内容もわかりやすかったと思いますが、
良習慣さんのゆっくりした話し方も内容を追っていきやすかったです。

それでは、毎日チャレンジできる贅沢を満喫していきたいと思います。
ありがとうございました!

(A.M様)

まずは「早起きは哲学」という言葉に感銘を受けました。
突き詰めるとそこまで昇華することができるものだな、
と非常に印象に残った言葉でした。

どうしても早起きというと、辛いイメージがあり、
しかも毎日続けるとなると、「しんどいなあ」という
感情とセットだったのですが、”早起きする日を決める”
というワークは新鮮でした。

という訳で、一旦私は週3回という低いハードルからではありますが、
少しずつ朝の時間帯を有意義なものにするべく、
早起きを実践していくことにしました。

(T.N様)

・こうやって 5時半起きをちゃんとさせるんですから 本当 すばらしい勉強会でした。値段のつけられない、プラスの痕跡をいただきました。
(中略)
めいっぱいの感謝を込めて、そして、おめでとうございます! も、めいっぱい申し上げます。すばらしい、本当にすばらしい!
(中略)
良習慣さんの受け答えははこれまでの経験に裏打ちされたとても説得力のあるもので、この分野のコンテンツとして大いに世の中のお役に立てると確信します。こうやって、やってみようと思わせ、まず小さな1勝に導いていただき、感動しています。“会社に起こされる”のではない自発的な早起きのこの気分のよさ! 本当にありがとうございます!
(Tさん)

・すんごく良かったですよ!静かなかに闘志と決意が込められて感動しました。なによりこの僕を早起きさせるなんて!
(Aさん)

・いや〜、実体験に基づいた試行錯誤の後が見られて、メチャメチャ参考になりました。
自分の失敗の原因もわかりましたし、人の未来を変えられる一級なコンテンツだと思いました。
(Oさん)

・(当セミナーで良かったと思われたところを教えていただけますでしょうか?)
早起きの基礎となる考え方、及び、早起きのためのノウハウを教えていただいたところです。
(Fさん)

■当ブログの管理人

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

■スポンサーリンク

■アクセスランキング

■カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930