【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

時間を大事にする習慣

「週末を自分のために有意義にすごしたい!」と思ったら、まず意識するポイントとは?

投稿日:

Pocket

先日、ひとり戦略会議でふり返りをしているときに気づいたことがあります。

それは、1年前に比べて、「充実感を持って週末時間をすごせるようになったなぁ」という感情があることです。

「それはなぜなのだろうか?」と考えてみました。

 

スポンサーリンク


 

週末の時間をどのように過ごすのか?

週末、つまり土日は、お休みだという人が多いでしょう。

その週末の時間をどのように過ごすか。

これは、充実した人生をすごすためには、見逃せない問いだと考えています。

平日勤務の会社員の方であれば、自由に使える時間は勤務時間の前後ですよね(理論的には)。

そこに工夫をするといっても、限界があります。

でも、土日であれば、24時間自由にデザインすることができるわけです(こちらも理論的には)。

それだけに、その48時間をどのようにデザインしていくのかが、その人の人生を左右するのではないかと思っているのです。

実際、土日をダラダラすごすのか、自己投資にあてるのかによって、10年後には大きな差が出るのは間違いありません。

とはいえ、疲れをとることも必要ですよね

ですから、充実した週末にできるかどうか、自己投資とリラックスの、そのバランスをどうとるかを考えることが重要だと思うのです。

その意味で、現状の私の結論は、

・午前中に自己投資につながる重要なタスクをおこなう
・午後はリラックスに徹する

というバランスです。

つまり、ポイントは「土日の午前中に何をするのか?」ということを前もって計画をたてておくことです。

 

ハチの巣づくりからもわかる資源を活用する意識

宝くじの当選者のその後の人生を追いかけた人の話を読んだことがあります。

その研究に登場する当選者には十数億円を当てたのにもかかわらず、急な大金を得たことによって身を滅ぼししてしまう人が多い、という結果があります。

その原因を分析すると、急に親族や親友が増えて人間不信におちいるということもあるそうです。

これはつらいですよね・・・(^_^;)

さらに興味深かったのは、急に大金を手にした人は、「お金の使いかたが下手になってしまう」ということでした。

人間は、自由になる資源が限られていればいるほど、その資源をうまく活用しようとする無意識のはたらきがあるそうです。

これは人間だけではなく、ハチのような昆虫にも同じような習性があるそうです。

研究によると、巣づくりのリソースが少ないほど丁寧にむだなく巣をつくるということなのです。

一方で、同じ種類のハチでも、巣づくりの材料が豊富だと雑な巣をつくるということがわかっています。

この研究結果からわかるのは、ハチには「思考」はないはずですので、資源が限られているときほど、そのリソースを大事に考えて「限られた資源をより良く活用しよう」という意識が高まる、ということです。

地球のエネルギー問題は、まさにこの通りですよね。

私自身、お小遣い制のときにピンチになると、無意識のうちに節約モードになっていました。

一方で、臨時収入でもあろうものなら、お金に対する注意が甘くなってしまい、とくに必要ではないものにお金を使ってしまっていたのですね。

今でもその傾向はあるので注意しようと思っているのですが、感覚的な浪費が増える時期はあるのですね。。。

 

「限られた資源をより良く活用しよう」という意識を持つ

このような「限られた資源をより良く活用しよう」という意識。

まずはここを意識することが重要です。

なぜなら、週末の時間についても同じことが言えるからです(週末に限ったことではありませんが)。

平日は多少寝不足でつらくても、会社があると思えば起きられるでしょう。

一方で週末は十分に寝たつもりでも、起きるのは難しいのです。

なぜなら、早く起きる必要がないことを知っている脳の無意識が、起きるためのスイッチを入れてくれないからです。

翌日が休みだ、「限られた資源をより良く活用しよう」となかなか思えないのですね。

もちろん、ある程度は無意識の声に耳をかたむけて、休息を思いっきりとることも必要です。

身体の声を聴くことはとても大切なので。

しかし、休日が2日あって、少なくて主1日くらいは重要なことに時間を投資したいですよね・・・?

それならば、休日の時間が決して無限にあるわけではないことを、自分の無意識の中に知らせておくことです。

つまり、

・朝時間に誰かと約束をする
・事前に予定をたてる
・朝に楽しみを入れておく

といったことをやってみましょう。

そうして、脳に「これ以上遅くまで寝ていたら、有効に使える時間が乏しくなることを自覚できるレベル」まで知らせておくことです。

私は、Googleカレンダーをリマインドしておき、朝5時にメールが届くようになっています。

目覚めにそれを見ると、「今日はこれだけの予定があるんだな」ということがわかるわけです。

最近の私の週末時間が充実していたのは、まさにこれと同じ効用で、午前中にコーチングセッションを入れていることが要因でした。

そうしてクライアントさんと約束をして、コーチングを実践する。

すると、終了後に「今日は朝から重要な活動に時間を投資することができた!」と思えるようになるのです。

それが続いてくると、眠いときもあるけれど、報酬を求めて目をさますようになるのです。

このような工夫をして、週末の起きる時間に意識をして、1日を充実させてみましょう。

ポイントは、「限られた資源をより良く活用しよう」ということを身体で味わうことです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、午前中にコーチングセッションを2件。

妻と娘が保育園時代の友だちと遊びにいったこともあり、自宅でひとりビジネスの仕込みをしていました。

夜は合流してモツ鍋を食べました。(^_^)

【募集中】
2月20日 19:30〜21:30 これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

2月23日 19:30〜21:30 毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-時間を大事にする習慣

執筆者:

関連記事

理想の1日をすごすために、スケジュールの中に電車の運行ダイヤを取り入れよう。

理想の1日24時間をすごすためには、どうすればいいと思いますか? それは、あなたの1日を電車のダイヤのように考えることが有効です。   スポンサーリンク   目次1 理想の24時間 …

中途半端をよしとする。最善を尽くした足がかりを自己成長のファーストステップにしよう。

今年の8月1日からスタートしたメルマガの今年最後の配信を無事に終えることができました。 メルマガ発行は私にとって長年の目標だったのでうれしいものであり、100号を突破したことも感慨深いです。 さて、そ …

自己成長に必要なのは「貯めておく時間」。将来の飛躍のために時間を積み重ねる。

自己投資や複業をスタートしても、すぐには成果が出ないものなのですよね。 そのようなときこそ、「貯めておく時間」だととらえてみましょう。   スポンサーリンク   目次1 挫折したブ …

自分の価値観にフィットした成果をどうつくるか?時間管理の3つのポイント。

自分が望む成果を出したければ、成果につながる行動がどのようなものか、ということを知る必要があります。 ただし、それだけでも不十分で、時間と行動を管理することが不可欠なのです。   スポンサー …

カフェで集中して仕事をするために。おすすめの3つのアイテムと動画・BGM。

カフェで仕事をすることは一般的になりましたよね。 ただ、意外と集できていない人を見ることもありますし、中には参考書を開いたまま寝ている人も・・・。 そうならないためにも、集中できる環境を整えましょう。 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら