【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動習慣

続けるためのポイントは習慣の「閾値」を超えること。がっかりタイムを乗り越えるまで行動を積み重ねる。

投稿日:2018/04/19 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

いろいろな方をサポートさせていただいて感じるのは、多くの人は習慣化の成果をあせりすぎることです。

習慣化と反対側の価値観にある「あせり」。

あせりを感じことなく、ただただ行動を積み重ねることに集中することが継続のポイントです。

 

スポンサーリンク

 

続けられないのは能力がないからなのか

習慣化がうまくいかないとき、私たちは自分を信じられなくなりがちですよね。

自信を失いはじめると、「自分はやはり続けられないのではないか?」と疑ってしまうのです。

こうなると私たちは、

・自分に能力があるか?

・自分に適性があるのか?

・自分に才能があるのか?

といった方向に焦点があたってしまいませんか?

でも、当然のことながら、

・能力がないからといって悩む

・適性がないからといって嘆く

・才能がないからといって苦しむ

ということをしていても、ものごとは解決しませんよね。

とにかく、

・与えられた環境の中で、自分ができるところからやっていくしかない

のです。

待っていても、環境が整うことはありません。

 

「閾値」を超えるまで行動を積み重ねる

習慣化をやりはじめて3日間で終わってしまえば、3日坊主です。

これでは、思うような成果は出ないでしょう。

続けることがなぜ大事かというと、習慣化には一定量の「閾値(いきち、または、しきいち)」があって、それを超えないと本当に習慣化したとはいえないのです。

習慣化するまでの量と成果は、一定のラインまでは比例しません。

やってもやっても、しばらくは目に見える成果が出ない時期があるのですよね。

この時期は、期待以下のリターンしかないため、「がっかりタイム」と呼ばれます。

でも、がっかりタイムをのり越えて「閾値」を超えると、曲線が急激に上昇するように成果が生まれてくるものなのです。

ですから、最初は地道な行動が大事ということです。

職人さんの世界でいえば、がっかりタイムは下積み時代のようなもの。

表舞台に出る前に、一人前になるためのトレーニングを積み重ねるわけです。

その行動が積み重なって「閾値」を超えたときに、ようやく一人前として認められ、プロとしての道をスタートするようになれるのですね。

そう考えると、がっかりタイムは「閾値」を超えるために必要な時間ともとらえられます。

 

習慣化の「閾値」まで行動を積み重ねる

でも、できれば、がっかりタイムがないほうがうれしいですよね。(笑)

そのためには、できるだけ無駄をなくすことが効率的で望ましいこと。

工場などの生産の現場や日中のデスクワークでも、この無駄を無くすことが効率化への最短ルートだからです。

ただ、やはり習慣化のプロセスも、ある程度の無駄な体験は必要だと思っています。

無駄な行動を実験してみて、それがなぜ無駄になったのかを理解できなければ、何が無駄かもわからないからです。

特に、習慣化のビギナーで習慣化に取り組みはじめた人こそ、一見無駄とも思える多くの体験が大事。

その無駄を通して、習慣化に必要な勘所を抑えていくのだと思います。

実際、習慣化は頭脳やテクニックだけではなく、身体動作をともなって覚えていくものでもあるものです。

これは、仕事や人生も同じ。

実際に経験してみなければ、「けいけんち」がたまらず、成長できないのです。

それなのに、最初から無駄だと決めつけると行動量が減ります。

行動してみて、学習と成長の機会ととらえるのか、それとも無駄を恐れすぎずに無駄から学ぶのか。

それは、私たちが決められます。

何より、習慣化をやりとげるのに必要な能力は、実践するプロセスから学べるものです。

能力があるから行動するのではなく、行動するからこそ、それに必要な能力が開発されていくものなのだと思うのです。

習慣化の「閾値」を超えるための行動を増やしていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、忌引で2日休みだったあとの出社だったので、日中は追いつくための業務に必死でした。。。

ブログやメルマガのほか、レポーティングダイエットや運動など、ルーティンが崩れてきているので立て直していきます。(^_^;)

【今月のランニング走行距離】
29.75km/目標100km

【募集中】
・4月24日 19:30〜21:30
これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー
〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

・5月2日 19:30〜21:45
「やりたいことリスト100」をつくるセミナー
〜やりたいことで満たされる毎日をつくろう!〜

・5月10日 19:30〜21:30
もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」
〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

・5月17日 19:30〜21:30
毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー
〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-行動習慣

執筆者:

関連記事

「ささやかな習慣」の積み重ねであっても、「人生が変わった!」という感覚を味わえる。

地味なアクションに見える「ささやかな習慣」。 誰にでもできるような小さな行動であっても、継続することで「人生が変わる」という感覚を得られるものだと考えています。   スポンサーリンク &nb …

仕事の「質」を上げる方法。スキルを分解して1つずつレベルアップしてから統合する。

仕事や習慣化など、全体のクオリティーをあげたい場合はどうしていますか? 私は、多少遠回りになっても、スキルを分解して、1つひとつの行動レベルを磨くことをおすすめしています。   スポンサーリ …

不安を減らしたいなら自分を磨く。行動こそが「不安→安定」への変化のポイント。

「安定」や「不安」とはどのようなことなのでしょうか? 「不安」はやっかいなものではありますが、行動し続けることで「安定感」を高めていくことは可能なはずです。   スポンサーリンク &nbsp …

タスクの忘れものを防止するための2つの工夫。15秒以内の着手でタスクをリマインドしておく。

タスクが増えてくると、漏れが心配ですよね。 コツは忘れないようにすることですが、どのように工夫すればいいでしょうか? 私のポイントは「15秒以内に行動すること」です。   スポンサーリンク …

瞑想の習慣化を1ヶ月実践。体験した効果はどのようなものか?

8月24日から始めた瞑想の習慣化チャレンジ。 行動習慣が定着する1ヶ月が無事に終了したので、現時点での感想をレポートします。   スポンサーリンク   目次1 初心者が感じる瞑想の …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031