【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣 良習慣を身につける習慣

過去の悪い原因を問い詰める「なぜ?」より、未来の改善を求めて「何を」と考える習慣を身につけよう!

投稿日:

Pocket

 

こんにちは、伊藤です。

あなたは、部下や後輩、子どもがあなたの望む行動をとらなかったとき、

「なぜ、〜しなかったのか?」

と聞いていませんか?

ぼくは、「なぜ?」よりも、

「何があなたの行動にブレーキをかけたのですか?」

とか、

「何があったら〜できますか?」

というように「何」を使って確認することを好んでいます。

 

comics-151341_640

 

「なぜ?」よりも「何を」で質問する

確かに、何かトラブルや懸案していたことが実際に発生すると、

「なぜ?」

と聞きたくなりますよね?

たとえば、クライアントさんが約束の行動をとれなかったときは、

「なぜ、できなかったのですか?」

とか、

「どうして、やらなかったのですか?」

などと質問したくなるのが普通です。

ただ、これでは、クライアントさんは

「悪かった理由探し」

をやってしまうのですよね。

悪い原因やマイナス要素を見つけるために、脳が一生懸命「悪い部分」を探してしまっているイメージです。

しかし、ここで「なぜ」を使わずに

「何があったらできると思いますか?」

とか、

「何をすれば状況が改善しますか?」

という質問をするようにして欲しいのです。

「何か」があれば状況が良くなる、という方向で話をしたほうがずっと生産的です。

そのように質問すれば、解決策や未来に向けた話し合いへ進展するわけです。

 

WhyアプローチでなはなくWhatアプローチ

「なぜ?」は、英語で「Why」です。

「Why」は、ときに非常に優れた問いかけになる疑問詞です。

でも、できなかったことを「なぜ?」と問う場合、詰問のようになってしまいます。

コーチは、クライアントさんの成功を心から信じ、味方になってサポートする立場ですから、クライアントさんを追い詰めてはいけません。(^_^;)

それよりは、未来に向けて何をしていくのか。

その答えを一緒に探すのです。

「何があればできるのか?」

答えは常にクライアントさんの中にあります。

コーチはクライアントさんが答えを持っていることを信じて、セッションを行っていくわけです。

だから、クライアントさんが思うような行動がとれなかったときには、

【「何を」という「What」を探していく】

ことが大切なのです。

 

過去ではなく未来に向けて話をする

実は、コーチングでは、

「なぜ?」というアプローチを「過去質問」と言います。

一方で、「何を」を見つけていく手法は「未来質問」と呼ばれます。

ぼくはコーチとしてクライアントさんと未来に向かいたい。

だからこそ、ぼくは「何を」というアプローチを大切にしていきたいと考えているのです!

 

・・・実は今朝、息子が妻に、

「なんで、僕が食べたくて買ってきたドーナツを食べちゃったの?」

と聞いていたので、本日のエントリを思いつきました。(笑)

 

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の良習慣】
「なぜ?」という問い詰めよりも、「何を」というアプローチで改善策を考える。

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

お問い合わせ

 

【良習慣】の力! 〜習慣道への挑戦!〜 登録・解除
選択して下さい 登録 解除
メールアドレス
お名前
メモ






 

銀座コーチングスクール GCS認定コーチ

【無料メールセミナーのお知らせ】
==================================================
一週間で、あなたもコーチの仲間入り!
全6回の無料メールセミナーを配信中!
http://www.ginza-coach.com/coaching/m_seminar.html
==================================================

 


The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣, 良習慣を身につける習慣

執筆者:

関連記事

大切な人に貢献するために自分ができることは何でしょうか?

目次1 ■「嫌われる勇気」出版記念セミナーに参加2 ■日常生活への応用3 ■3点の明快な回答4 ■大切な人に役に立つために自分ができることは? ■「嫌われる勇気」出版記念セミナーに参加 昨日のエントリ …

ブームにする習慣と定番にする習慣。長期視点の習慣は「定番」にしていこう。

「定番」という言葉に、どんな印象を持っていますか? 「代表的」という感覚ならまだしも、「平凡」とか、「ありきたり」とか、「決まりきったもの」といった否定的なニュアンスを持っている方も多いのではないでし …

ベビーステップと友人の協力というパワー!日時だけ告知する簡単な案内文が100%の告知文になるプロセス。

イベントや勉強会を開催する。 けっこう重たいタスクですよね。 そのような重たいタスクであっても、「ベビーステップ」と「友人の協力」があれば達成できる。 そのような出来事がありましたので記事にしました。 …

自分の軸や自分の大切な価値観を知るための方法とは?

自分が大切にしている価値観、あなたは即答できるでしょうか・・・? 私もまだまだ探求のプロセスにいますが、いくつかの価値観には気づいてきたました。 その経験から、どのような方法で発見してきたのかというこ …

充電リストと放電リスト。あなたの充電になる行動を「良習慣の種」として設定しよう。

あなたはどのような行動ができるとエネルギーが高まるでしょうか? 一方で、どのような行動をしてしまうとエネルギーが放出されてしまうでしょうか。 リストとして言語化して、毎日を充実させるツールとして活用し …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら

■パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/

■「皇居ラン&コーチング」サービス
http://www.ryoushuukan.com/the-imperial-palace-run-and-coaching/

■メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内
http://www.ryoushuukan.com/e-mail-magazine-multiple-work/

■伊藤 良のプロフィール
http://www.ryoushuukan.com/profile/