【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

ダイエットの習慣

「どうしても食べたい!」に負けない!エグゼクティブ専門のパーソナルトレーナーに学ぶ3つの方法

投稿日:2015/06/16 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

あなたは、ダイエット中に「食べたい!」という気持が出てきたらどうしますか?
私もダイエットしていたとき、この食欲を抑えるために、けっこう苦労しました。

でも、シンプルで実践しやすい方法があるのです。
その方法を、エグゼクティブ専門のパーソナルトレーナーに学びましょう。

51qqL2k4VTL

 

 

エグゼクティブ専門のパーソナルトレーナーの角谷リョウさんとは?

実は、私は著者の角谷リョウさんと面識があります。

初めてお逢いしたのは、習慣化コンサルタントの古川武士さんのセミナー会場でした。
とてもエンルギッシュで、インパクトがある方という印象でした(笑)。

その後、古川さんのセミナーでたまにご一緒させていただいたり、懇親会でお話を伺ったこともあります。
リョウさんは、私がお逢いするたびに成長されていて、ビジネスに邁進している姿を拝見していました。

トレーニングジムを経営しながらスタッフを増やし、ご自身もエグゼクティブ専門のパーソナルトレーナーとしてご活躍。
そして、さらにご自身のステージをあげるために出版を目指すということで、木暮太一さんと古川さんが共同開催した出版を目指すプログラムを受講されたと伺っていました。

そうして、またたく間に出版が決定
それが本書です。

しかも、ダイヤモンド社さんです。
有言実行で素晴らしいですよね。

リョウさんは、日本唯一の習慣化コンサルタント認定の「習慣化の達人」です。
日本に3人しか存在していません。

そのようなエグゼクティブ専門のパーソナルトレーナーのリョウさんが行き着いたのは、「習慣」というキーワード。
どれほど素晴らしいトレーニングメニューであっても、続けることなしには成果は出ないからです。

「習慣化の達人」が教えるトレーニング方法の詳細については、ぜひ本書で読んでみてくださいね。

 

「どうしても食べたい!」を抑制する3つの方法

本書からお伝えしたいポイントはいろいろとあって悩んだのですが、1項目だけ選びました。

それは身体を絞っている時期、もっとも葛藤がでてくる気持に、専門家はクライアントへどのような対処をしているのか。
そこが私の知りたいポイントでもあったからです。

その気持とは、「どうしても食べたい!」というもの。
この気持を抑えられれば、成功は近いのではないでしょうか?

そのようなとき、リョウさんはクライアントさんにどのようなアドバイスをしているのか、本書に紹介されていました。

すぐに実践できる「3つの秘策」をご紹介いたしますね。

 

(1)深呼吸をする

現代社会では、たいていの人が交感神経優位になっているので、必要以上にカロリーを求めてしまうのだそうです。
それが過食の1つの原因なのですね。

その食欲を抑えるために有効なのが「深呼吸」なのです。
これなら、どこでもできますよね。

やり方としては、「息を長く吐くだけでいい」のだそうです。
目安としては、1分間に6回するだけで効果があることが科学的に証明されています。

 

(2)食べたいときは食べ、3日単位で取り戻す

人の身体は、食べてもすぐに脂肪になるわけではありません。
脂肪にはステージがあり、徐々に脂肪となっていくのです。

その性質を利用して、しっかりと食べる日が分かっていれば、その前後を軽くすること。
また、たくさん食べるときが分かっている日の前後も軽めの食事を心がける。

こうすれば、その日にたくさん食べても大きな影響はなくなります

 

(3)ナッツ類、ドライフルーツを常備しておく

人間は、空腹の時間が長すぎると暴飲暴食しがちです。
それを防ぐために有効なのが、「少量の間食はOKにする」こと。

ただし、何を食べても良いわけではなく、ナッツ類やドライフルーツがお勧めです。

ナッツ類やドライフルーツをとるポイントは3つあります。

・加工していないオーガニックのものにする。
・食べ過ぎには注意する。適切な分量は、1日に手のひらにのるくらいの分量。
・ナッツ等が体質に合わなければやめる。

リョウさんのクライアントさんは、半数以上の方が常にナッツやドライフルーツを持ち歩いているそうです。

 

以上が3つの秘策です。
どれもすぐに使えますね。

私も、本書を読んでさっそくドライフルーツを購入しました(笑)。

 

シンプルで本質をついた方法でトレーニングをしよう

本書は、シンプルだけれど、短い時間で確実に成果の上がるトレーニングの方法を教えてくれています。

ただ、類書と一線を画しているのは、上に記したような「誰もが陥りがちな失敗」についての予防策や立て直しの方法論がきちんと書かれていることです。
さらに、習慣化理論も具体的ですし、実例も豊富。

「今まで何度もリバウンドを繰り返してきた。。。」という人は、ぜひご一読されることをお勧めいたします。

私も、来月の習慣化ウェイティングリストに、本書の「見せトレ」を追加しました。
私の腹筋が6つに割れたら、ブログでご報告いたします(笑)。

ちなみに、明日、リョウさんの出版記念セミナーがダイヤモンド社さんで開催されます。
私も参加予定なので、参加される方は会場でお会いしましょうね!

ダイヤモンド社書籍オンライン 愛読者向けセミナー|ダイヤモンド・オンライン(Diamond Online)|ダイヤモンド社の総合ビジネス情報サイト

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

昨日は、5時起きして珍しく自宅で朝ブログを書きました。
ブログを書き終えて、朝ラン。

その後、家族への朝食もつくることができて、充実した朝を過ごしました。

・・・と思ったのも、つかの間。

納豆ごはんにそえるはずの玉子焼きが、たまごそぼろになりました。。。
しかも、味付けはバターと牛乳を入れた洋風のたまごそぼろという失敗をおかしました・・・(笑)。

妻の料理のうまさを改めて思い知った朝でした。(^_^;)

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-ダイエットの習慣

執筆者:

関連記事

レポーティングダイエットをスタートして2週間。ダイエットの習慣、再び・・・。

新たな方法でダイエットの習慣をスタートしました。 今のところ2週間、うまくいっているのでご紹介します。   スポンサーリンク   目次1 複業への活動時間が増えているよろこび2 ク …

習慣化は平常心でスタートしよう。でこぼこのモチベーションでは続かない理由。

習慣化が続くか、続かないのか、そのポイントは「平常心」にあるのではないか、という仮説にたどり着きました。 そこに至ったプロセスを記事にします。   スポンサーリンク   目次1 学 …

ダイエットの専門家に学ぶ!なぜ、ダイエットすることを忘れたほうがうまくいくのか?

  こんにちは、伊藤です。 ぼくがセミナーを受講したダイエットセラピストでありベストセラー作家である小林一行さんのブログに共感しました。   photo credit: Raisa …

ダイエット中に訪れた食べ飲み放題の食事会。それでも体重増加がなかった理由。

ダイエット中の飲み会や食事会は、対応に困りますよね。(^_^;) 昨日の私は、まさにその状況に陥ったのですが、今朝体重を測ってみたら、体重の増減がありませんでした! そこで、昨日の飲み会で心がけたこと …

ダイエットしたのにリバウンドしそう。。。現状でできうる工夫を考えてつねに最適化する習慣。

最近、ありがたいことに、コーチングセッションや初対面の方に面会依頼をいただくことが多いです。 そうなると失われていくのは、私の場合、運動の時間です。 そして、増える体重。(^_^;) どうにかして、こ …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30