【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣を身につける習慣

Suica(スイカ)1万円チャージからの学び

投稿日:2013/11/29

Pocket

Suica

きっかけは間違いからはじまる

 

先日、急きょ千円札が必要になりました。

用事を思い出したときにちょうど駅にいたので、財布に千円札がなかったことと、Suicaの残額が少なくなっていたこともあり、一万円札を千円札にするためにチャージすることにしました。

ちょっと話はそれますが、一万円札や五千円札を細かくするとき、あなたはどうされていますか?

わたしは、なるべく自動機で細かくするようにしています。

 

コンビニなどは人の手を煩わせてしまうし、不必要なものを購入してしまう傾向があるからです。

Suicaは電子マネーですから、お金をデジタル化するような感覚で無駄な労力がかかりません。

 

そのような意味で、Suicaの登場は画期的でしたよね。

 

スポンサーリンク

 

Suicaを入れたら。。。

 

話を戻して、チャージするためにSuicaと一万円札を券売機に入れました。

このとき、何か考えごとをしていたのでしょう。

 

少しボーッとしながら、

一万円札を入れる

という脳内の指示が、頭の中で勝手に変換されて、

一万円をチャージする

という指示に変わってしまったようです。

 

何のためらいもなく、吸い込まれるように画面上に光った「10000」というボタンを押してしまったのです。

おかげで、一万円札を細かくするはずが、千円札をつくれませんでした(笑)。

 

失敗からの思わぬ学び

 

しかし、今回の失態によって、思わぬ学びを得ました。

というより、メリットの方が多かったのです。

 

例をあげてみると、、、

 

(1)2000円、3000円単位でチャージしていた頃に比べて、チャージする回数が減少した

 

そのため、「もう少しで残額がなくなるから、チャージしなければいけない」と思うことが激減しました。

 

2000円だったら5回も「チャージをする」という行為をする必要があります。

それが一万円だったら1度でよいのですのね。

 

これはメリットです。

まさに「時間をお金で買う」感覚といえます。

 

(2)Suicaを使える場所が意外と多いことに気づいた

 

これまで自販機くらいしかSuicaを活用していませんでした(汗)。

 

しかし、主要なコンビニはもちろん、先日はファミレスでも使うことができました。

また、三省堂書店などの大型の書店でも使えるし、ヨドバシカメラなどの家電量販店でも使えました。

他にもタクシーで使えるそうです。

 

それで、検索したところ、このようなページも見つけました。

「Suica電子マネー」でお買い物する魅力とは!?

 

私がうとかっただけで、すっかり電子マネーとしての立ち位置を形成しているんですね。

 

すべての出来事は、序章にすぎない!

 

そのようなわけで、今回間違って1万円をチャージしたところ、Suicaの電子マネーとしての多大なメリットを感じる結果となりました。

今回の1万円チャージを経験して思いましたが、もう小銭を持ち歩かなくても良くなる日も近いのではないでしょうか?

 

欲をいえば、スタバをはじめとしたカフェ系の店舗にも普及が望まれます。

 

それにしても、やはり

「すべての出来事は、序章にすぎない!」

ですね。

 

たまには、このような間違いもOKとしましょう!

 

【今日の良習慣】

今まで電子マネーにチャージしたことがない金額を、試しにチャージしてみる

 


 

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-良習慣を身につける習慣

執筆者:

関連記事

「少なくとも、最後まで歩かなかった」と言えれば、それは自己ベストなのではないでしょうか?

「早起き」メルマガ(有料)始めました! 登録はこちらから! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ メルマガ登録・解除 幸せな成功をつかむ!「朝4時」起きの技術!~「早起き」は人生変革への最短ルー …

コンプレックスは宝。嫉妬も宝。ネガティブな感情を強みの種になる。

「コンプレックスは宝」という言葉があります。 最初に聞いたときは受け入れられませんでした。 しかし、自分のコンプレックスや嫉妬を感じる部分が、自分の強みに変わることは、確かにあります。   …

「未来の理想の自分をイメージする」ときに最適な設定期間は「何年後」でしょうか?

目次1 ■講師役、無事(!?)終了2 ■「拡散」と「収縮」3 ■未来の自分をイメージするために最適な期間は?4 ■おススメは3年後 ■講師役、無事(!?)終了 仲間内の勉強会にて、「良習慣」をテーマに …

オリジナル個人名刺が3ヶ月で100枚無くなり、名刺改変について考えたこと

目次1 ■オリジナル個人名刺が無くなる2 ■人に会えば柔軟性を保てる3 ■人生の転機は人との出逢いによって起きる4 ■名刺を肩書きや実績を増やすツールにする ■オリジナル個人名刺が無くなる 11月に大 …

タイムマネジメントを上達させる!「秒単位」の時間感覚を持つ人はどんな工夫をしているのか?

  こんにちは、伊藤です。 本日は、齋藤孝さんの本から学んだ、 「時間密度を高める良習慣」 についてお伝えいたします。     目次1 タイムマネジメントの要諦は何か?2 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら