【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づき

先人の行動に引き上げていただくイメージを持つ

投稿日:2013/12/07 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

■道場生が新しい道を選び、海外へ

 

先日、鮒谷周史さんの人気メルマガ「平成進化論」3日間セミナー道場生の壮行会に参加しました。

今回、道場生の中からお2人が海外(インドとミャンマー)に転勤するためです。

 

a1380_000087

 

お二方ともに、ビジネスパーソンなら誰もが知っている有名企業にご勤務されています。

もちろん、実績も出されています。

 

お一人は半年以上、慰留されたそうです。

それぐらい、成果を出されているということですよね。

 

その中で、あえて新しい道に進もうと思う。

個人的には、素晴らしいご決断だと言わざるを得ません。

 

お二人とも、本当にカッコよかった!

ご武運を祈念しております!

 

■自分の甘さを痛感する

 

今回の壮行会で感じたことはたくさんあります。

その中で、強く感じたひとつ。

 

それは、

 

自分の努力はまだまだ。

 

もっと努力している人たちがこんなにたくさん身近にいる。

 

という当たり前の事実です。

 

自身初のオープンセミナーを告知し、すぐに残席1名になり、自分の中で浮かれていました。

調子に乗っていた部分がありましたね。

 

そんな時に、海外に自分の力ひとつで海外に打ってでる仲間を見る。

わたしよりずっと高い視点、視座にたって大きなチャレンジをしようとしているのです。

 

そのような意味で、自分の行動力不足を痛感するのでした。

 

■世界は非連続になっている

 

一次会の後半に、鮒谷周史さんも顔を出してくださいました。

そこでおっしゃっていたこと。

それは、優秀な人材こそ、最近海外に行かれているそうです。

 

閉塞感のある日本で、停滞感の中で行動していくのか?

それとも、多少のリスクを負ってでも、いまできるチャレンジをするのか?

 

優秀な方こそ、前者を選んでいるのです。

それは、個々の状況もあるのでしょうし、海外で働くことが絶対に良いとは、さすがにわたしも言い切れません。

 

ただ、間違いなく言えること。

それは、海外に行くことは、自分のこれまでの人生とは非連続の日常が存在しているということです。

 

日本でも非連続の社会が到来しつつありますが、海外ではたらくことは、その比ではありませんよね。

 

■見たものはイメージしやすい

 

日本から海外に生活拠点を移すことは、明治維新の頃に、坂本龍馬が行ったような脱藩に似ていますね。

 

土佐から脱藩した龍馬は、その後社会を変えていきました。

その姿は、土佐の人たちをも変えたことでしょう。

 

つまり、龍馬は外に出たからこそ大きなことを成し遂げたのだし、外に出たからこそ郷土に刺激を与えたのです。

郷土の人は、龍馬がいたからこそ、「自分も龍馬さんのようになりたい!」と思えたんですよね。

 

身近に自分の理想を達成した人がいるというのは、何よりも達成イメージを高めてくれます。

 

わたしも、将来海外に生活拠点を移す計画があります。

それは、今のところ先のことです。

 

ただ、今回送り出したお2人が、わたしのイメージを広げてくれました。

今回の走行会があったことで、わたしも自分が海外に行くイメージだけは持てました。

 

平成進化論の3日間セミナーに参加していなかったら、今回の壮行会に参加していません。

ということは、この時点で海外に打ってでる人たちを見ることもありません。

 

そして、浮かれて自分のセミナー前に気を引き締めることもなかったでしょう。

 

起こっていることはすべて正しい。

 

外に出ていくことで自分の位置を再確認しつつ、腰を落としてコツコツとできることをやっていくしかないのです。

セミナーのコンテンツ拡充に力を入れます!

 

132187_photo1

 

【もう二度寝しない!
来年こそ早起きを実現する「早起き」セミナー】

 

お申し込みはこちらから!

 

 


 

-気づき

執筆者:

関連記事

複業が「家族に理解されず、応援してもらえない」のは、自分の説明不足かもしれません。

複業家が自分の活動を家族に理解してもらうためにはどうすればいいでしょうか? その答えの1つは、家族に説明したり、仕事内容を体験してもらうことを、さぼらないことです。   スポンサーリンク & …

収入やステータスに「どこでもドア」はない。次元上昇に必要なのは、結局は地道なプロセス。

以前、週末に家族で出かけた際に、マクドナルドに入りました。 普段は積極的にマクドナルドに入ることはないのですが、、、その期間はハッピーセットについてくるおもちゃが「ドラえもん」だったこともあり、久しぶ …

異質感を積極的に取りにいく。ときには自分の立場が「最下位」になる場所へ。

自分がすごしている日常の世界。 意識して余白をつくり、「異質感」を味わっていかないと、自分の伸びしろが足りなくなってしまい世界は広がらないと感じています。   スポンサーリンク   …

TIスイムのコーチの助言から気づく。あなたが求める「本当の成果がある場所」とは?

「クライアントが求める成果は、セッションとセッションの間の【行動】に存在しています。」 普段、私がクライアントさんにお伝えしていることです。 その言葉を、TIスイムのコーチにそのまま言われ、自分にショ …

盆踊りを覚えるプロセスで納得!アンソニー・ロビンズ氏の3つの成長原則。

週末に、2日連続で地元の盆踊りに遊びにいきました。 遊びに、、、いや「踊りにいった」のですね。 盆踊りを踊りながら、世界ナンバーワンコーチの学びを思い出していました。   スポンサーリンク …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031