【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

「ちょっとした習慣を決めておく習慣」が時間効率を上げる

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

■妻の体調不良、ふたたび

 

年末年始に妻の体調を崩した要因である喉の菌がふたたび妻に猛威をふるっています。。。

そんなわけで今週は毎朝わたしが娘を保育園に送っています。

 

朝、息子と小学校まで一緒に通勤するときも感じるのですが、会社に行く前に会社以外の人たちと「おはようございます!」って言い合える習慣は良いですね。

保育園の先生方、保育園に送り迎えするお父さんやお母さん、そして駅の駐輪場のスタッフの方など。

 

すがすがしい気持ちになります!

 

■小銭が必要、そんなときどうする?

 

駐輪場といえば、わたしの最寄りの駅の駐輪場は1日の駐輪代として100円がかかります。

(娘の保育園まではちょっと距離があるので自転車で登園し、駐輪場に自転車を置いてから電車に乗るんです。)

 

今日はたまたま財布に100円玉が無かったので、コンビニで小銭をつくる必要がありました。

 

さて。

ここで考えたのです。

 

「コンビニで小銭をつくる」

この行為は一生のうちに何回あるでしょうか?

 

個人によって変数があるので一概には分かりませんよね。

人によっては1年に一回もないかもしれませんし、毎月のようにして遭遇する方というのもあるかもしれません。

 

それでも、こんなときのために

【小銭をつくるときに何を買うかあらかじめ決めておく】

という習慣は意外と大切なんじゃないかと考えているんです。

 

今回のように「特別欲しいものはないけれど、何かを買う必要がある」という場合、お店で品物を物色する時間ってとてももったいないですよね。

 

■わたしが小銭をつくる場面で「決めた」こと

 

わたしは、これまでにも「コンビニで小銭をつくる」という状況を何度も経験しました。

そして数年前に「決める」ことにしました。

 

その習慣とは

【英字新聞を買う】

です。

 

英字新聞ってなかなか買わないんですよね。

買っても隅から隅まで読むのは時間がかかりますし。

 

読み方は日本の新聞と同じように興味のある部分をピックアップして拾い読みします。

それでも1日分を読み終えるだけでもそれなりの時間がかかります。

 

読み終えたあとはカバンに入れっぱなしにしておきます。

そして何かあればカバンから英字新聞を取り出して読みふけるのです。

 

たとえば、カバンに入れてきた本を思いがけず早く読み終えたときとか。

同じ記事を繰り返し読むこともあります。

 

そして興味のある記事をある程度読み終えたところで新しい英字新聞を買うのです。

 

新聞は持っていると何かと便利なんですよね、意外に。

外出時の急な雨とか、思わぬ場面に遭遇したときなど。

 

ただ、個人的な気持ちなのですが日本の新聞だと、なぜだが気分がノリません。

 

そんな距離感で英字新聞とつきあっていると、わたしがちょうど記事を読み終わった頃ぐらいに不思議とコンビニで小銭をつくるタイミングがやってきます。

ですから、わたしはコンビニで小銭をつくる必要が出てきたときに迷わず新しい英字新聞を購入するのです。

 

eijisinnbunn

 

■小さなマイルールをたくさん持つ

 

これだけだとエントリになりませんので追記(笑)。

 

本日お伝えしたいこと。

 

それは、今回のわたしの小銭づくりのように

「○○のときには△△すると決めておく」という習慣をたくさんつくっておくこと

をおススメしたい、ということです。

 

たとえば、わたしの場合

・三階まではエレベーターを使わずに階段を使う

・歯ブラシは洗面台スタンドの1番右におく

・切符を買ったらズホンの右ポケットに入れる(最近切符を買うことはあまりないですけど)

・初めて入ったお店ではおススメメニューを選ぶ

といったような「ちょっとした決まりごと」をけっこうたくさん持っています。

 

わたしは家族内でも、25日の夕食は煮込みハンバーグとか、毎年7月のアクアスロン大会には全員で参加する、といったように小さなものから大きな決まりごとがあります。

 

なぜならば、迷うのが面倒くさいからですね。

判断になるべく感情を挟まないようにできないものか、いつも考えています。

 

このように「マイルール」をたくさん待っていればいるほど、行動が早くなるのではないかと思うからです。

 

仕事が早い人・行動が早い人と、仕事が遅い人・行動が遅い人との差は、実はこのようなちょっとした「微差の判断スピード」の積み重ねによって変わってくるのではないでしょうか?

みなさんが毎回迷っているちょっとした判断はありませんか?

 

決まりごとをつくればチリツモ効果で時間がつくり出せるものがあるはずです。

ぜひ考えてみましょう!

 

【今日の良習慣】
毎回判断に迷っている物事にマイルールをつくる

 

【「早起き」セミナー:大阪にて開催です!】

 

132187_photo1

 

【もう二度寝しない!
今年こそ早起きを実現する「早起き」セミナー】

 

お申し込みはこちらから!

 

 


 

-良習慣

執筆者:

関連記事

「ひとり時間」確保のすすめ。「ふり返り・現在把握・未来」で自分軸をキープ。

「1日24時間」をコントロールできなければ、「人生」というもっと大きなプロジェクトをコントロールできるはずがない。 早起き習慣化セミナーで毎回お伝えしています。 その時間の中に不可欠なのは「ひとりの時 …

世界の名著から「人生成功」の統計を一気に学ぼう。自己啓発の名著250冊に共通する成功の原則とは?

・願望達成をイメージする。言葉にする。 ・ポジティブになる、楽観的になる。 ・自分の直感や内なる声に従う。 ・他人に奉仕する、与える。 ・人生の目標や目的をはっきりさせる。 ・他人に思いやりを持つ。許 …

新しい革靴が自分の足にフィットするまでのプロセスは、制約の中で自分のやりたいことに挑戦するプロセスと似ている

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 先日、仕事ではいている革靴を新調しました。 今まで長い間ぼくの足を支えてくれた靴に感謝してお別れをしました …

「日記が続かない・・・。」という悩みを解決するための3つの工夫

目次1 日記が続かない2 スタートは順調だった3 ハードルが重いと挫折する4 3つのポイントを提案4.0.1 【今日の良習慣】 日記を書き続けるために以下の3つにフォーカスする。 ▼書いていて楽しくな …

人生を変えるためにもっとも効果的な方法とは、意識の高い仲間の活躍に感化されることだと思う。

友人たちがステージを上げる活躍を目にしています。 ふと考えると、私自身、師匠たちや友人たちのそのような活躍に感化されて今があることに気づくのです。 「どこに自分の身をおくのか?」は、やはり重要な要素で …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031