【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング・NLP 気づき

「目標」の正しい活用方法。目標の意義は達成することだけではなく、追求するプロセスにある。

投稿日:2018/09/28 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

たいていの人は、目標を立てたら、その目標を達成することが重要だと思うでしょう。

しかし、より重要なのは、目標を追求するプロセスで成長すことだと考えています。

 

スポンサーリンク

 

「目標達成ができない人=だめな人」なのか?

「目標を達成できない人は、だめな人間である」

以前の私は、そう考えていました。

・営業の数字が達成できない自分は、営業の能力がない

・継続ができない自分は、続ける力を持っていない

・スイムも、バイクも、ランも遅い自分は、トライアスロンの才能がない

そういう自分を発見すると、自己否定をしてしまうのが私たちではないでしょうか?

ただ、そうすると余計に自分を信じられなくなり、ますます自分の能力を疑うようになっていくのですよね。

 

大事なのはキープできる自分でいること

学生時代のテストを思い出すと、点数というわかりやすい形で結果が返ってきました。

目標に対する自分の実力が、数字になってわかるのですね。

ですから、テストの直前に一夜漬けをして、なんとか乗り切ろうとする気持となります。

普段さぼっていたとしても、一夜漬けに成功すれば、それなりの点数をとれたときがありました。

でも、一夜漬けの知識なんて、テストが終わった瞬間に消えていきます。

そのような評価方法に意味はあるのでしょうか?

結果だけにとらわれると、結果さえ出せれば何でもいい、という考えになりがちです。

しかし、どれほどすばらしい成果でも、中身がともなっていなければ、それをキープしていくのは難しいでしょう。

人生という長丁場で見れば、一瞬だけ成果を出しても仕方がありません。

成果を出せる自分をキープでいることが大事なのですよね。

1回だけ100kmマラソンを完走すればいいのではなく、毎年100km走り続けられる実力が欲しいということです。

 

目標を追う中で成長ができたかどうか

私が生きていく中で大事にしている価値観は「自分を磨く」ということです。

そのような価値観に気づき、それを大事にするようになってから、1つの呪縛のようなものから解放されることができました。

それが、「目標を達成できな人は、だめな人である」という思い込みです。

目標達成できれば、もちろんそれはそれでよろこばしいこと。

しかし、本当に大事なのは、

・目標を達成できたかどうか?

ではなく、

・目標を追うプロセスで、どれだけ自分を磨くことができたか?

だと思うのです。

そこに意識を向けるようになってから、以前にくらべて本当に楽になりました。

 

目標達成の好循環が成長を加速する

「目標」というのは、「ありたい姿」を明らかにするための手段です。

「トライアスロンを完走する」という目標をたてたら、それはトライアスロンを完走できる気力・体力を持っている自分の「ありたい姿」に成長するということ。

「3ヶ月で5kgやせる」という目標なら、5kgやせたあとの自分をキープすることが「ありたい姿」なのですね。

目標達成をくり返しているできる人は、どのような思考になっているのかというと、「これを達成した自分は、どれくらい成長しているんだろう」ということをイメージします。

さらに、実現した状態を想像して、感情を高めています。

そうして、

・この目標を達成したときに見えているのはどんな映像なんだろう?

・この目標をクリアしたときに聴こえているのはどんな音なんだろう?

・この目標を実現したときに感じているのはどんな感覚なんだろう?

ということを感じて、心踊らせている状態をつくっているのですね。

そのようにして成長しているからこそ、また次の目標を達成しやすくなるわけですね。

このような循環が回りだすと、成長が加速していくのです。

目標を立てる目的は「自分を成長させる」ことであり、目標を達成することそれ自体はその手段にすぎないのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、早起きをして朝スイムから1日をスタート。

前回のゴミ出し忘れの失敗を取り戻すべく、忘れずにゴミ出しのタスクを完了。

しかし、、、駅まで行ってからなんとスイム道具一式を忘れてことに気づきました。(笑)

自宅に取りに戻り、30分ロス。

スイムも30分遅刻してしまいました。。。

それでも、居残り自主トレーニングをして、なんとか1,500m泳ぎました。

また、日中にとてもうれしい連絡があり、妻や師匠に報告。

夜はセミナー参加と、充実の1日でした。(^_^)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コーチング・NLP, 気づき

執筆者:

関連記事

中国古典の学ぶ!「変化に柔軟に対応する」ために必要な思考とは?

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 日曜日の「ダイエットの習慣」セミナーのあとに、懇親会に参加しました。 ぼくの習慣化のお師匠習慣化コンサルタ …

自分のやる気を高めたいと思うなら。「恥ずかしい」を手放して、相手のやる気を高めよう。

アクションを起こせなくて困っているときは、どのような感情があるのか? いろいろとある中で、「恥ずかしさを味わいたくない」というのがブレーキになるのではないか、というのが、最近の私の仮説です。 &nbs …

自分を変える勇気を持つことは「今までと少しだけ違う自分」になること。

自分の可能性を最大化させるためには、常に変化していくことが大切です。 人は変化を恐れる生き物ですが、変化を楽しむ心がけを持てば新しい自分を発見することにもつながるのです。   スポンサーリン …

ほかの人を笑顔にする。自分もうれしくなる。「1日・1人・1ほめ」の習慣にトライしてみませんか?

自分ががんばっている行動に対してほめられるのはうれしいものですよね。 「ほめる」のがいいのは、相手をよろこばせることはもちろん、自分も元気になるのです。 ただ、「ほめる」際に注意したいポイントがありま …

「義足の鉄人」から学んだこと:レースは「晴れ舞台」

■「義足の鉄人」古畑さんを初めて知りました。   昨日、撮りためていたハードディスクレコーダーの整理をしていたら、たまたまNHKのドキュメンタリー番組が録画されていたことが分かりました。 ロ …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728