【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

家族 質問

「家族間のコミュニケーションがうまくいってないな・・・」と思ったときに試して欲しい質問法。

投稿日:2018/07/19 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

先日、クライアントさんから「家族関係を改善するためのいい方法はありますか?」と聞かれました。

そこで、私が意識して使っているコミュケーションの方法(質問)をお伝えしたので、そのこことを記事にしてみます。

 

スポンサーリンク

 

家族の会話で活用したい質問とは?

家族で会話をしていると、

・今日は仕事どうだった?

・今日は学校どうだった?

と聞くことがあると思います。

そのようなとき、

・いつもと同じだったよ

・特に変わったことはないかな

などという答えが帰ってくることがないでしょうか?

私が子どもの頃は、よくそのような答えをしていたことを思い出します。(^_^;)

もう少し気の利いた人ならば、

・こんなことがあったよ

・こういうできごとがあったよ

くらいは答えてくれるかもしれません。

ただ、これだけだと単なる「事実の報告」であり、できごとの共有なのですよね。

もちろん、事実の共有だけでもしないよりはいいのです。

ただ、そこから会話を広げ、相手のことを知るために、もっと良い質問があります。

それは、

・どんな気持だったの?

・どんなことを感じたの?

という質問です。

 

できごとから相手の感情や気持を尋ねてみる

できごとというのは、その人のことがわかるようでわからないもの。

ニュース番組はできごとを報道していますが、当事者たちの内面はなかなかわかりませんよね。

それと同じです。

しかし、気持や感情というものはその人固有のものですから、相手のことが理解しやすくなりますし、それを感じることで距離が縮まります。

さらに良いのは、聞かれた相手も気持を話すことですっきり感を味わえるし、共感してもらえば満足感を味わえるものなのです。

そこから会話を深めていくと、ようやく会話の目的である「共有」につながるわけです。

そのできごとから何を感じたのか。

その事実から何を思ったのか。

そのようにして、

・感情をヒアリングして共有する

ことを意識してみましょう。

感情や気持を聞くと、その人が行動する動機がわかったり、モチベーションの源泉を知ることができます。

相手はどのようなことを不安に感じ、どのようなことに幸福感を味わうのか。

その人らしさや本質が見えてくるのですね。

 

相手の感情に焦点をあてると行動が変わる

私のコーチングスタイルに変化が出たのも、「感情をヒアリングして共有する」ことが有効だと思ったときからです。

クライアントさんの感情に焦点をあてることで、クライアントさんたちの行動力にあきらかに変化が起きました。

セッションでアクションプランを立てたとき、クライアントさんの声に不安の声を感じることがあります。

そのようなときに、

・いま、どんな気持ですか?

ときいてみるのです。

すると、

・不安があります

・あせりがあります

・心にひっかかりがあります

という感情があることがわかることがあります。

そうなれば、ハードルを取り除くのか、アクションを変えるのか、選択肢を増やせます。

そのようにしてお互いの状態を相互に理解しておくことが重要なのですね。

こうして自分だけでなく、相手のことも見えるようになることが、コーチとクライントのチームとして重要なものだと思っています。

 

家族の「感情をヒアリングして共有する」習慣を持とう

人間関係がうまくいないときというのは、

・相手が何を考えているのか、いまいちわからない状態

ではないでしょうか?

人間の脳は「わからない」状態を嫌いますから、相手のことを理解したいと思うわけです。

ですから、できごとの共有だけでなく、相手の感情を共有できると、コミュニケーションの距離がグッと縮まるのですね。

私たちは、気持や感情をきいてもらい、共感されると、自分自身を認めてもらった感じがするもの。

そのためにも、まずあなたに試していただきたいのが、家族(相手)の「感情をヒアリングして共有する」なのです。

家族は一緒にいる時間が長いので、つい感情をないがしろにしがちなのですが、そのようなときこそ、

・どんな気持だったの?

・どんなことを感じたの?

ときいてみてあげましょう。

あらためてきくことで、

・そんな風に感じてたんだ

・今まで知らなった意外な1面が見えたな

と気づくこともありますよ。

言葉としてはとてもシンプルですが、相手のことを知るためにはおすすめの質問です。

この質問をくり返していくうちに、家族関係がよくなっていくことを体感していただけると思います。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりでコーチングセッションが2件。

それと、ブログの習慣化についてメールサポートをしていたクライアントさんから、3ヶ月で100記事を達成といううれしい報告もありました!(^_^)

帰宅後は、翌日のセミナー準備をしていました。

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-家族, 質問

執筆者:

関連記事

遮断厳禁。あなたは相手の会話をインターセプトしていませんか?

まっすぐに歩いているときに、横道から急に人が出てきたりして進行をさまたげられるのは嫌ですよね。 しかし、このようなさまたげを、会話の中でおこなっている人は意外に多いものです。   スポンサー …

視点を変えて問題解決!問題をリフレーミングするための9つのユニークな質問

「問題」は、問題をトラブルと捉えるから問題になるのですよね。 問題ととらえなければ「課題」や「タスク」です。 問題を問題にしないためには、視点をとらえ直す質問が有効です。     …

目の前のハードルを越えるために。自分に「どうしたら」と投げかけてみよう。

言葉ひとつの使い方によって、ものごとの見え方が変わります。 どうせなら、前進するための言葉だけを使うようにしたいものですよね。 そのために、私が愛用しているのは「どうしたら」という問いかけです。 &n …

「夫婦円満の秘訣を教えてください」と言われたらどう答えるか?私が後輩に伝えた「聴く」という良習慣。

「みなさんの夫婦円満の秘訣を教えていただけますか?」 先日、会社の後輩が、めでたく結婚をしました。 先週、その後輩を祝うために、営業部で食事会を開催。 そのときに、後輩から出た質問が冒頭の言葉でした。 …

自分と家族をWin-Winにする3つの工夫。「やりたいこと」と家族とのバランスをとるために。

会社の仕事が詰まっていると、平日に自由な時間をとることができないものですよね。 たまに平日に時間がとれたとしても、友人たちとのつきあいや飲み会があります。 休日であっても、妻(夫)や子ども(たち)がい …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031